健康

2011年7月 4日 (月)

Depression Rites : yellow condition

気力充分だったが、思わぬ痛みで午前休となる。
…なんにせよ情け無いかな、2週連続の午前休だ(;´Д`)

1時半就寝、5時覚醒、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

昨晩は何事もなく眠るつもりだったが、眠気がサッパリで1時半まで起きる。
その間に色々と考え事をしていたけれども、結論が出ぬままに終了した。

布団に入っても素直には寝付けずに、やや苦しむ。

いつもの時間に起床するが、腰に違和感有り。
右側の筋肉が背中にかけて引っ張られるように痛い。

初めのウチは我慢しつつチィーナさんのお世話などを行ったのだが、
自分の朝食後には痛みでどうにもならず、立っているのがシンドかった。
腰の痛みは他に波及し、膝等まで痛む始末で、歩くのも辛い。

とりあえずソファーまでは移動できたが、そこから立ち上がるのも不可能だった。

ただただ、身動き取れず腰の痛みで悶絶する。

これはイカン、と思い、痛みをこらえながら痛み止めの薬と湿布を他の部屋から持ち出し、
ロキソニンを飲み、湿布を貼って、ふたたびソファーに伸びてしまう。

気がつけば出勤する時刻だったので、「アカン、もうダメだぁ~」と諦め、
早々に会社へメールにて午前休の連絡を入れた。

…何をするにも腰に振動が響いてキュウキュウ痛い。
日曜日に何をやったのかと思い出すが、原因が思い付かずどうにも不可解に。

思い出すのは土曜日買い出しの時、重量物を持ち上げた事ぐらいしか思い付かず、
まさかその事が1日置いてから痛み出したのかと頭を傾げるばかり。

なんにせよ、痛いもの痛いので、午前中は動けずに終わった。

昼前になんとか復帰する。
腰にはやや違和感があるが動き回るには問題なし。

早めに昼食を摂ってから午後へ間に合うように出勤する。

チィーナさんは魔窟に放牧したままだったが、まぁイイか、とそのままでウチを出た。

午後からの仕事は溜まり気味。
午前中に出したかった物品も午後となってしまい、ホトホト情け無い。

とりあえず大事の依頼物件は無かった分比較的マシだったが、
修理作業等がありそれなりに忙しく、来場者等も多かった。

そのうちに湿布を貼った右とは逆に、左側の背筋から腰にかけて痛みだし、
作業は出来るものの、引っ張られるような違和感で多少調子が良くない。

仕事自体には差し障りがないのだが、喉につっかえた魚の骨如く、気になる。
まぁ、負担をかけぬように注意しながら午後の作業をこなしていった。

終業後、帰宅。
最寄りの駅には路線内で人身事故による遅延有りと張り出しがしてある。
一応は自分が乗った電車では多少の影響があった程度で済んだ。
なんにせよ大きな事故でなかった事を祈りたい。

ウチに到着するまでには雨は降っていなかったが、
しばらくしてから夕立となり、風雨強くてかなりの量が降る。

運良く時間帯がずれて帰ってこれたなぁ、と暫し玄関の外を見ていた。
幸いに雷は鳴らずに停電等の心配はなかったが、
まるで嵐のような夕立に、この先も同様な降り方をするのだろうかと心配する。

強い降り方は短時間で収まったが、雨は止まない。
まだまだ梅雨は続くのだろうなぁ、と何と無しに思った。

先週に引き続き、月曜日の午前休。
情け無くも腰痛で、と言う有様で穴があったら入りたい気分だ。

ただしメンタルでは強い落ち込みなどは無かったので、不幸中の幸いかもしれない。

とりあえず今考えられるのは土曜日の無理な姿勢だったかと思う他無いが、
いずれにしろ自分自身の不注意から起きた事であり、今一度反省したい。

チトおかしな今週の出だしになったが、コレを挽回できるよう努力したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

Depression Rites : yellow condition

…ここ数日のウチで、帰宅後の疲労感が最も強い。
身体は重く思考は鈍く、関節がミシミシ言っているが、体調を崩すのではあるまいな?

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

体調は悪くはないのだが、体中が痛くて疲労感が強い。
日中は会社で過ごしている分には何も感じはしないのだが、
帰宅後に少し休憩した後から急激に疲労感が増して、変な例えだが、重力が倍になる(笑

一度ソファーなどに座ると、そこから立ち上がるのが大変シンドイ。
首、肩から足腰に至るまで、フリクションがかかったように動きが遅くなる。

それと共に、思考力まで落ちてしまい、
テレビを見ている、もしくは音楽を聴いていても、内容が頭に残らずに記憶力が弱い。
何か忘れてならないことがあったときは、メモでもしないと、全て抜け落ちる。
特に一瞬の思い付きなどは、その場限りになってしまい、メモの前に忘れる(;´Д`)

日常的に習慣付いた行動は大丈夫なのだが、
それ以外に思考に基づいた行動を取る事が困難で、困ったもんだ(苦笑

単に疲れているだけの症状ならばよいが、
なんだかバーンアウトのような、精神的に力抜けしてるような気がしてならない。

今日は帰宅後に余裕があったはずなのだが、
この疲労感のおかげで何もする事ができずに、時間を無駄にした。

21時半頃からようやくPCにて文章を書きまとめる状態まで回復したので、
何とか現状について記事にしてみたが、時々思考停止してキーボードを打つ手が止まる。
…おかげで、一瞬で書きたい内容が吹き飛んでしまい、
再起するには、もう一度最初から文章を読み直すトコロから始めなければならない。

よって、現在記載されている文章は、当初の内容とは全く違う。
今日一日のてんやわんやな作業報告記事にするつもりでいたのだが、
どうにも思考力が弱くなってしまい、記事にするほどの文章にならなかった。

…で、
仕方がないので現状を記してみたが、
コレれさえも、ヤマもなければオチもない駄文であり、当然面白みもない(;´Д`)

読んで頂ける方には申し訳ないが、
どうも、ここ数日の日中は過度に能力を発揮しようとして、
帰宅後の心身的な余裕さえも残さないほどに、力を出し切ってしまうようだ。

…原因は、なんだかよく分からない(汗
たぶん薬が効きすぎて、日中躁転しているような気がしてならず、
緊張状態から解放される帰宅後の心身状態は活力欠乏となって、
鬱とまで行かなくとも、それに近い疲労感となっている気がする。

単なる季節性の気温変化と、
一時的に多忙気が重なっているだけなのかもしれないが、
1ヶ月前から薬の処方を変えているので、それの効果が出てきたとも考えられる。

まぁ、体力が少ないだけと、自分は思いたいが、
あまり生活に問題が出るようならば、一度クリニックに行かねばならないかもシレンなぁ。
できればそうならない事を祈りたいのだが…(;´Д`)

とりあえず、今週は明日頑張ればナントカなるし、
来週には一山越えそうだと思うので、ここはどうにか踏ん張っていきたいと思う。

…とは言え、今週末の休日も忙しそうだなぁ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

Depression Rites : yellow condition

急に寒くなったせいなのか分からないが、目が覚めたら身体が軋む。
はたして風邪なのか疲れなのか判断つかなかったが、午前休んで、午後から出勤で…

1時就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間。

昨晩の状況では、天気予報を見て「明日、寒くなるなぁー」程度だった。

深夜になってから冷え込んでくるなどという事は体感せずに、
いつものようにネット徘徊して、寝る前に音楽聴いて、普通に寝た。
(深夜のKAV-300i+マイクロユートピアは失敗、音量小でも強烈で近所迷惑(滝汗 )

…ただ、チット眠りが浅かっただけは憶えている。

6時、起床。
起きあがろうとするも、体中が痛い。
何かに拘束されているような感じで、背骨を中心とした筋肉が萎縮している。
それに伴い関節の動きも悪く、潤滑不足で錆び付いたベアリングのよう。

ともかくは出勤準備まで一通り行うも、体調に引き摺られて気分も滅入ってくる。
…ああ、ダメだ、もうダメだ。
きっと風邪だ、調子が悪くて動けない。
もう無理だ、何をやっても上手いかない。
行けない、仕事行っても醜態晒すだけで不要ブツだ…

…と、まぁ、
結果的には身体的不調よりも精神的の方が大きくて頭痛まで感じる始末。
ともかく体調が良くなる事を願って会社へ連絡し、午前休として頂いた。

一応は熱はなく、身体の感じとしては風邪のひき始めのような症状だったので、
メンタルなお薬に風邪薬と栄養ドリンクを飲み、安静にする。

…とりあえず思い付いたのはそこまでで、
チィーナさんを隔離する事までは思い至らなかった。

昼前になり、なんとか身体が動くようになる。
筋肉を伸ばしても、やや痛みを感じるくらいで関節の方は良くった。

もしかしたら単に新陳代謝が悪くて疲労回復が出来ていなかったのかもしれない。
…考えてみれば、昨日の仕事では力作業を行ったコトもあったなぁ、と思い出す。

何れにしろ、午後からは仕事に出られそうな感じもあり、ようやく復帰する。
精神的な気分の落ち込みも薬のおかげで悲観的ならずに済む。
…と言うか物事を深く考えないように、フタをするような感じに。
ノリトレン、アモキサンも効いているから、気分的には前向きな感じになる。

昼食後に冬仕様の服装で出勤した。

出社後、午前中の仕事分は早い段階で終わらせようと頑張ってみる。

バタバタと慌ただしく動き回るが初めのウチは問題なかった。

しかしながら、外での作業の時にヘンになってくる。

今日は風が強くて冷たい。
ジャンパーを着込んでいてもソレなりに寒いはずなのだが、
ソレとは関わりなく背中から汗がドッと出てくる。

自分は寒いと思っているのだが、体温が上がり汗をかく。
…何となくだが頭もユルユルとだが痛いかもシレン…(;´Д`)

アレ? ホントのトコロはカゼだッタのカシラ?

一通り作業が片付き、職場に戻る。
今日は寒いからか建屋内の暖房は午後になっても切れる事はなかった。
おかげで帰宅までの時間は暖かいところで過ごす事が出来る。

仕事は小物が幾つか有り、大物が1つ。

小物の方を先に済ませて、後から大物をジックリとヤル方向で始めた。

大物は1つの物品に対して3つの要求がある。
作動不良、部品ゴム部破れ、部品劣化による交換依頼。

で、
ゴム部の破れについては、その部品の交換をして欲しいのだと、意図をくみ取るが、
残念ながらソレに該当するモノを補用品には無しで、部品取りも出来ず。
この程度なら自前で何とかして欲しいなぁ、と思いつつ、接着修理にて対応する。
…ただし今日中に使用可能状態まで至らないので、接着完了まで来週に持ち越しとなる。

部品劣化の交換、と言うかホースの交換。
この辺は使用状況にもよるが経年劣化は有るコトなので、普通に交換する。
…でも見た目は、問題無く思うのだが(;^ω^)

そして作動不良。
動力供給して作動確認するが、鈍い音を立てて負荷抵抗を受けたような状態にある。
一応の作動はするから何かの部品が破損して動力伝達が遮られた、と言う訳でもない。

いっそ金属的な異音でもすれば、ベアリングか? と予想できるのだが、
この場合は幾つもの可能性があるので、どれか1つと見当をつけた修理は出来ない。

とりあえずは分解し、段階を追って大部品から小部品まで調べるコトにした。
…コレで何か問題が有れば、簡単なんだが…

…しかしながら大きな問題も無く、各部で汚れが目立つ程度。
分解時に取り外しが困難な物もあったりするが、
清掃潤滑を経て、再組立ではスムーズに取り付ける事が出来たので、不具合と思えず。
ギアの歯部摩耗も問題なく、組み付ける際の噛み合わせ具合なども調整無しで終わる。

最終的に全体の清掃と、再組立の際には各部品のアライメントを見つつ組み上げた。

基本的に問題のある部品は見つからず、ただ分解清掃再組立を行ったにとどまる。

が、
ソレだけなのだが、作動点検してみれば、見違えるように良く動き、
異音等もなくスムーズに作動する。

試しに作動部に負荷を掛けるも、正常な動きを見せるので、修理終了となった。

…で、不具合の原因はナンだったの? となる(;^ω^)
こう言う時は大きな理由がないので逆に報告の文章で悩むハメになる(苦笑
…いやまぁ、ここでは書いてないけど、
不具合の見当はつくのだが、文章にするコトでもなく…

そうして、作業を終えて職場の4Sを行い、終業となる。
半日しか仕事をしていなかったが、時間以上の成果はあった。

気がつけば、体調の悪さも忘れてしまったように…

オチ。

帰宅して、緊張が解ける。
ソレと共に、それまで気にならなかった頭痛が来た。

…たぶん仕事中も有ったのかもしれないが、
ソレを気にする暇もなかったので、全く気がつかなかった、と言う状況か。

おかげで気持ちに余裕を持った途端に、身体の細部に気が回るようになり、
痛いところを見つけたら、ソレが増幅した痛みになって…

ついでに寒気もするから、ナンだろね?(爆

再び薬を飲み、暖かい状態にして、安静にする。
やっぱり風邪だったのかもシレンと、今更ながら思うが、もう後の祭り(w

とりあえず今夜は早く寝ようかしら、ねぇ(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

Depression Rites : normal condition

通算すると33時間はグダグダと何かしらやっていたのだが、
そのツケはモノの見事に日曜日は燃え尽きホームラン!(;´Д`)

1時半就寝、6時起床。その後、日中はほぼ寝ていた。
睡眠時間、4時間半+10時間程度。

昨夜は脳が麻痺して、殆ど眠気が訪れなかった。
そのかわりに過負荷状態から来る頭痛が激しく、感覚的にこりゃヤバイ、と思う。

結局は何かしら手を動かしていたので、薬を飲んで寝たのは1時半頃。
その上、眠りが浅くて熟睡感からは程遠くなった。

6時起床、テレビタイマーのおかげで気が付いたが、目が覚めたと言う感じではない。

ともかくはチィーナさんのお世話があるので起きあがるも、足下がおぼつかない。
何より頭痛の方が昨晩よりも激しくて、何をするにも差し障るため、
まずはキッチンで頭痛薬を飲んでからチィーナさんの食事の用意をする。
…薬が効いたおかげか、20分程度で痛みは薄れた。

ただ、その後の行動が結びつかなかった。

魔窟にいけばヤルべき事は山積して文字通りコミックもゲームも積みっぱなしだ。
趣味で楽しむ時間は欲しいのだが、プレ企画で燃え尽きた感が強く、欲求が湧かない。
日曜日だから**をしたい、**で遊びたい等、脳裏の片隅にも無い。

朝食と薬だけは飲んだが、そのままソファーに突っ伏して動かなくなる。
疲労からか、今さっき起きたばかりだが、そのまま意識を手放した。

不思議に昼近くなると、自然に目が覚める。
依然、調子の悪さだけが頭蓋を支配するが、チィーナさんのお世話と朝食だけは摂る。
…休日等、在宅の時は、チィーナさんの食事と投薬は6時間おきの4回にしており、
そちらの方が本来あるべき投薬方法なので、平日の3回よりは症状緩和になる為だ。
…この時間感覚が身体で覚えてるような感じに思える。

とりあえずは自分も餅を2つとスープを飲み、昼食とした。
後はそのままリビングのソファーに突っ伏す。
魔窟に向かうべきとも思ったが、疲労感が抜けなくて何もする気になれなかった。
…音楽もなく、ただ無音の中で再び眠りにつく。

5時半頃に目が覚める。
ここでようやく、やる事があったような? と脳が動き始める。
それまでは解っていても強制的に上書き消去で、忘れる事にしていたが、
いい加減に1日寝ていれば脳髄の歪みも修正されて、通常の思考状態に戻る。

そうして荷物の件などを思い出し、やっと日常へ復帰する。
結局は、また日曜日の日中を無駄に過ごしてしまい、10時間以上のロスとなった。

一晩眠れば、簡単に復帰できるモノと思っていたが、
その一晩分の眠りが普通の状態じゃなかった様に思える。

自然な睡眠欲求による眠りではなかったせいもあるのだろうが、
起き続けている事により「眠たくなる」という状態が霧散するとは思わなかった。

もしかすると薬を飲まなければ、いつまで起きていたか解らない。
ただ不眠の過負荷で激しくなる頭痛に対して逃げ出したかった事は確かだが、
それが睡眠欲求と結びつかなくなる程に麻痺した状態に陥った。

考えてみれば恐い事である。
頭痛がなかったら、眠ろうとする気にもならなかっただろう。
そうした後でどれほどのダメージを受けるのか考えると、ぞっとする。

まぁ、とりあえずは通常状態に戻れて、
明日の月曜日には疲労を残すことの無いように出来ただけでも幸いであり、
月末までに趣味的な懸案が一区切り付いた事には喜んでおいて、今夜は静かに休もうか。



でも、アザーコーム、プレイしたいなぁ(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

Depression Rites : normal condition

昨晩はウダウダやりながら考え、プレ企画の2本目を決めた
…コレで寝れるぞ!と思い、時刻を見たら2時半前だった(;´Д`)

2時半就寝、6時15分起床。
睡眠時間、3時間45分。

昨日アチコチと歩き回った結果などより、コレはまあ面白かろうと、
とある組み合わせで音楽を鳴らしてみる。

聞いた感じでは高音が伸びずに中低音が膨らみ、ややナローだ。
しかしながらコストパフォーマンスを考えれば充分にイケル音だと思った。
何より、見た目のインパクトと多機能性で結構面白い事が出来ると判断し、
プレ企画2号機として出す事を決める。

対象はPCからのオーディオ入門者、超低コストで難しいコト無しを目指した。
…と言うか、もし応募無ければ自分用に保持したい(w

それからもう一つくらいはと悩みだし、
スピーカーをスタンドに立てるも、その後が続かず頭を抱える。

ああー、もうどうでもいいや! と自暴自棄気味にシステムを構築して、
少し音楽を聴いたところで疲労がピークとなり眠気で集中力が切れた。

いい加減疲れたなぁ、と思って時間を見たら、いつの間にやら2時半だった(;´Д`)

…無論ソコまでやるつもりは全くなかったのだが、
脳味噌が暴走していたようで、肉体的なギブアップでようやく気がついた訳だ。
全く持って、月曜の朝を迎えるというのに、ヤリ過ぎにも程がある(バカダカラ

そうして朝を迎えたが、目覚ましのアラームは時刻通りに鳴る。
その後テレビタイマーが働き、画面ではニュースを流し始めた。

とりあえず、アラームは切った。
それから起きあがってから消そうと思いリモコンを掴む。

しかし眠気が強くてソコから動く事が出来ず、リモコンを掴んだまま枕に突っ伏す。
…暫し硬直し、睡眠状態へ。

次に気がついたのは20分後の6時15分過ぎだった。

ソコから慌てた!
月曜日はやる事が多いのだ。

昨晩のツケとはいえ、
出勤時間に遅れでもしたら、それこそタダのバカでしかない。

不眠により寝れなかった「寝不足」とは違い、
ただ趣味の時間に没頭して眠る時間を削ってしまった「寝不足」である。
同じ言葉でも、内容には雲泥の差が有り、今の自分は自己管理不能のマヌケである(爆

とは言え、ボヤボヤしている暇も無く、
同時進行やら行動の省略などで、一気に時間を詰めた。
…チィーナさんの食事と共に自分も食事、投薬時には自分の薬も飲むと言った状況に(w

それでともかくは、いつもの時間にウチを出るコトには成功する。

…しかしながら通勤の電車内ではドア付近に立っていたのだが、定刻通りで気が緩み、
その場に座り込んで最寄りの駅まで寝てしまうと言う体たらくに(;´Д`)

まぁ、会社では通常状態になるから問題なく、
そもそも今日は忙しかったので、そんな事を感じる暇もなかった。

昼休みの昼寝も正味15分程度で、それ以外の時間はやる事が多くて、ねぇ(w

帰宅。

その後も家事などをしながら、3つめを考え、
夕食後にセッティングし、ほぼ暫定的だがプレ企画3つめを絞り込む。

個人的にはもう少し煮詰めたいので発表はまだだが、
土曜日を目処にして、ドーンといけるように画策したい。

…まぁ、とりあえず無理なく上手くいけばいいのだが、さてハテ(;´∀`)

先週からこの件が頭の中で占める割合が大きく、
おかげで余計な雑念が入らず、そして脳が活性化されているので気力の落ち込みもない。

多少は躁状態になっている気がしないでもないが、
ネガティブな状態や、脳空白が起きるような状態に陥らずに済んでいる。

喜ぶべきコトなのか、どうかは、さておいても、
まずは無理をして睡眠に影響が出るようなコトにならないよう、充分に自重したい。

…まぁ、プレ企画自体が無理だと言われれば、身も蓋も無いが(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

Depression Rites : yellow condition

昨晩は張り切っていたのに、今朝になったらダメだとは、何事かと!(怒
…たぶん昨日までは脳内物質分泌過多で、通常行動可能レベルだったのかも…

1時就寝、6時覚醒、6時半起床。(その後、暫くして布団にはいる)
睡眠時間、5時間半。(起床後も再び眠りについたので、実質的睡眠時間分からず)

昨晩は、帰宅後にアレコレと忙しく、片付けから準備まで行った。
自分の中では明日への使命感があり仕事に対する意欲は充分だった。

まずは謝罪と説明、それから何をしなければならないか、頭の中で組み立てる。
ガタガタと動き回り何かしら手を動かしていたが、気持ちは既に月曜日だった。

おかげで眠気は十分で、床に付いたら速やかに眠ったようだった。

目覚まし時計のアラームで目が覚める。
…しかしながら布団が鉄板のようにズッシリと重い。
身体に力が入らず寝返りを打つのがやっとで、とにかくアラームだけは消した。
そして、そのままの状態で意識が薄れる。

気が付いたのは30分後。
急げばまだ出勤には間に合う状態だった。
幸か不幸か、チィーナさんは預けたままなので、その点は考えなくて済む。
兎にも角にも布団から抜け出し、出勤の為の準備を急ごうと思った。

…しかしながら、身体は動かなかった。
まるで関節に鉛が溶け込んでいるかのように、指先動かすだけでもキツイ。
やっとの思いでキッチンに辿り着くが、行動的にはソレまでだった。

シンク前にある椅子兼踏み台に腰を下ろしたまま動けなくなる。
水を飲むのもやっとで、脳から発せられる筋肉への深層意識は抵抗を呼びかけており、
気分的にもネガティブ、レジストであり、必然的な意識とは逆に行動の否定が出ている。

無論、内臓も働いておらず、空腹も感じず食欲もない。

とにかくどうにかしなければという必死の一心で、薬だけは飲む。

部屋の暖房までは意識がまわらなかったので冷えたままだ。
どうにも精神的な抵抗と肉体的な不作動から、結局は布団に戻る事になった。
…この時点で、出勤する事は諦めてしまった。

7時半頃に連絡を入れるつもりだったのだが、
寝入ってしまった後の意識が戻らず、気が付けば8時前だった。
情け無い事に、結果として始業時間後に会社への連絡となる。

恥ずかしい話しだが、この時の電話も脳味噌は不作動だった。
取り留めもなく説明と弁解を行うも要領を得ず、話した自分が恥ずかしいほどに。
しかし、ありがたい事に上司の方は分散した会話から内容を理解していただいたので、
状況と午前休を取りたいという要望を聞き入れていただいた。

ソレと、木曜日の物品破損の件も伝えることができた。
この件は全面的に自分の責なので、最小限の影響に抑えるように努力するしかない。

ソレで気が緩んだのか、そのまま脱力する。
布団に入った状態だったので、それから眠りについた。

9時頃に目が覚めるが、気分は最底辺だった。
鬱っぽさが強く出てしまい思考がマトモでない。
気力は落ち込んだままで、何もする気が起きず、ただ寝そべったまま過ごした。

11時頃に起きあがろうとするが全身が痛い。
たぶん筋肉痛なのだろうが、特に腰への痛みがビキビキいって悶え苦しむ(;^ω^)

今回の遠出ではそれほど重い荷物を持ち運んだつもりはないのだが、
移動時の姿勢や、背負い慣れていない状態で動き回ったのが原因になったか。

全身の疲労回復の遅さと相まって、腰痛は更に厳しいモノに感じた。

…とりあえず、薬箱から湿布を取りだして貼る。
這ったままの姿勢でキッチンまで移動して、虎の子の栄養ドリンク等各種薬を飲む。

それからリビングのソファーまで移動して、潰れる。

…もう何度目になるか分からないが、情け無い思いを十分にして、
会社へ電話連絡し、午後からも出られそうにないと伝え、1日休みの申請とした。

後は自己嫌悪と腰の痛み、身体のだるさを抱えながら辛さが緩和されるのを待った。
…鬱っぽさは、相も変わらずでレキソタンの効きが悪い事を実感する…

夕方にようやく回復する。
幾つか食べ物を口にするが、食料が尽きてしまう。

ソレと、今日はチィーナさんを引き取りに行かねばならなかったので、
何が何でも出かける必要があり、まずは食料の買い出しと、貯金を下ろす必要がある。

夕方になってからようやく回復して、行動を開始する。

ソレで出かけようとして、玄関を開けたら、
ソコは雪国だった(;´Д`)

30simg_1774

買い出しに出かけたヨーカドーの渡り廊下から成田山方面を望む。

何と言うか、泣き面に蜂、ならぬ雪。
見ているだけで身体の節々がまた痛むような気がして、気分もダウナー(w

…とは言えど、生活必須課題は行わなければならず、
買い物等を済ませてから、一旦帰宅し、
あらためてペットバッグを持参して動物行院に向かった。

連休中は無理をしていたという意識はない。
しかしながら意識の外、生きる為に必要な脳の働きでは過負荷だったのかもしれない。

特に昨日は法事と言う事もあり、無意識にも精神的な影響もあったと考えざる得ない。
自分の思考の中では平静を保ったつもりだったのだが、深層心理はどうだったのか?

何れにしろ、多少の無理でも大丈夫だと思っていた自分が甘いとしか言えない。
昨晩も、もう少し意識して疲労回復を考えて身体を休めるようにしていれば、
きっと今日のように無様な状態になる事はなかったはずだと思う。

不運、不幸が重なったとしても、対処できるだけの余裕は必要で、
ソレを言い訳にする事はできない。

なんだか落ち込みっぱなしだが、
それとは別に心身切り換えて行動できるようにならなければと、深く反省する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日のひろひら ダウン

明日の月曜日はやる事が多いぞー! と思い昨晩眠ったが、
今朝になったら、起きあがれなかったorz

どうにも数日分の疲労が一気に出た模様。
6時には目が覚めたのだが、起きあがれたのは30分過ぎという体たらく。

それで直ぐに準備できれば良かったが、
身体に鈍りでも入っているかのような状態と、気力枯渇。

どうしようもなかったので昼食も食べられず、そのまま布団に戻った。
7時半頃に会社へ連絡するつもりだったのだが、動けずに、8時過ぎとなってしまう。

兎も角、始業時間前に連絡付けなかった事を侘び、状況を報告する。
自分は午後から出るつもりでいたので午前休申請とした。

しかしながら、昼になっても調子は回復せず、むしろ腰痛が厳しくなる。
そして気の落ち込みようから食欲もなく昼食も食べられず終い。

12時前に会社へ連絡して、
重ね重ね申し訳ないと謝り、午後も休む事を告げて、結果的に1日休んだ。

頭の中は仕事の事で一杯なのだが、どうにも動けずに、悔しい。
自分では余裕があったつもりだったのだが、
今回の遠出は思いの外、強行軍だったかもしれない。

色々と不幸が重なり、ただただ申し訳に気持ちでいっぱいであるm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

Depression Rites : normal condition

疲れが溜まっていたとは言え、普段の行動を忘れて就寝前の薬を飲み忘れる。
おかげで、色々と影響が大きくて(;´Д`)

1時就寝、2時覚醒、3時前に寝付く、6時起床。
睡眠時間、4時間程度。

昨晩は日中動いたせいか疲れがあり、0時半を過ぎたら急激に眠気が来た。
ボンヤリと音楽を聴いていた時だったので、そのままソファーで寝落ちしそうになる。
…ちなみに聞いていたのはCONVERGE「axe to fall」、ヘヴィーメタル(ブルータル)。
咆哮と激しいリズム、絶え間なくテクニカルに刻むギター…
果たしてどこに眠りを誘う要因があったのかは、サッパリ解らない(w

まぁ、色々と疲れていた事は確かなので、
そのままズルズルと布団に潜り込み、夢の世界へ旅立った。

…が、目が覚める。
もう起きる頃合いかとも思ったが、部屋はまだ暗い。
幾分眠気もあり、時計を確認する気にもなれずに再び寝る事にした。

しかしながらいつまでたっても一向に眠れそうな気配はなく、
身体の方は疲れからグッタリとしたままで思考も曖昧なのだが、
意識がいつまでも残り悶々とした感じのまま時間が過ぎる。

いい加減に気が立ってきたので、思わず手を伸ばして目覚まし時計を引き寄せた。

…2時半。

眠ったのが1時前、実際に目が覚めたのは2時頃で、
睡眠時間はおそらく1時間か。

あれヘンだ?
1時間寝た程度で目が覚めて、眠れなくなるなど有り得ないはず。
眠剤が効けば、ほぼ間違いなく3時間程度までは眠れるはずなのに…

( ゚Д゚)ハァ?
眠剤?

…飲んだっけか?

そこで思い出せば、寝落ちしそうになりオーディオ機器を止めてCDを片付け、
リビングの灯りを消した後は、そのまま布団に入ったような…(;´∀`)

ウン、つまりはお薬飲んでいなかったのネ。
どおりでヘンな覚醒をしたワケだ。
疲れていたとは言え不覚。
…orz

それで、足下で寝ていたチィーナさんに気を付けながら起き出し、
遅ればせながら深夜の2時半過ぎに、改めて薬を飲み、再び布団に戻る。

寝付いたのはそれから少し経った後で、ストンと途切れるように意識を失う。
…次に気が付いたのは、目覚ましアラームの音が聞こえた時だった。

おかげでヘンな眠り方となってしまい、起床後も眠くてシンドイ。
身体の方は疲れが取れてスッキリとしているのだが、目蓋だけが重く、
行動や思考はハッキリしていても、スウッと睡魔が襲ってくる感じが残る。

一応は普通に出勤したのだけれども、
通勤電車では、前にもあったように、立ちながらに寝落ちするコトもあった。

会社の方はいつものように、やや忙しくワタワタと動き回る。

しかしながら、
何の影響なのか分からないが、腹下り気味になりトイレ行くコト数度(;´Д`)

…まさか、不規則睡眠でお腹が緩くなると言うのは、あるまいな?(w



…で、
…ググったら、あるらしい(滝汗

自律神経の影響により腸の活動に異常をきたすとか。

恐るべし、寝不足の影響。
…少なくとも、一定のリズムを持った睡眠を保たないとダメだろうなぁ。

おかげで、帰りの電車でも急を要する事態になり、
ウチに帰るまで緊張と我慢の汗が流れた(w

そう言う時に限って車窓に貼り付けられた広告は、
「ストッパ 下痢止め」
…なんの因果でジャストインタイムな写真と文章、薬の絵だけとは!
嫌がらせか? 嫌がらせなのか!(笑

教訓。
たかが一粒だが、忘れるべからず(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

Depression Rites : normal condition

朝方冷えて寒いはずだったが、日中は小春日和でヌクヌク。
…そう言う時に限って昼休みに歩き回るから、汗ダクダク(w

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

昨晩は寝付くまではグッタリとして、少々疲れを感じていた。
普段は行わない文章書きを便箋にしたためていたので、結構な集中力を使った。

ここ数年は手紙と言えばPCメールであり、実際に筆をとる事はほぼ無い。
それゆえに慣れない事を数ページ分に渡って行った為に肩に力が入った。
…ただでさえ手書きだと見た目でも悪筆、汚い文字になるので余計に緊張し、
とにかく字が下手でも、丁寧に見えるように心掛けた。

まぁ、何故手書きが必須だったのかは、察して欲しい。

なにせ失敗するのが恐いから、一度PCで書き起こして縦文字印刷し、
それを見本にするほどだったのだから、端から見れば失笑モノだったと思う(;^ω^)

昨晩はそのために幾分寝付きが悪かったが、今朝方はバチッと目が覚める。
熟睡感はあまり無かったが頭の方は目が覚めた直後からスッパリと臨戦態勢になる。
いつものような寒さでグダグダ感が無く、珍しいほどに切り替わりが早かった。

これまた珍しく、自分が布団から抜け出ると同時に、チィーナさんも行動開始。
…いつもは食事まで布団の中でヌクヌクしてるはずだが、どうしたコトかしら? と。

まぁ、とりあえずはそのまま朝の行動を開始した。

今日のトコロは可燃ゴミの日なので、まとめ上げるのに時間がかかる。
…と言うのも、寝室に設置していたペットシーツ各所に粗相があったからだ。
昨晩は疲れてて世話の方まで手が回らずに寝てしまったので、
昨日夕方から今朝までの粗相がアチコチにされてしまう結果となる。

それを1つずつ片付け、畳にシたモノはテッシュや除菌スプレーなどで取り除く。
普段のゴミの日ならば、ゴミ箱だけを片づけて袋詰めすれば良かったのだけれども、
昨晩のツケで、今朝に限っては作業量が多くなり、ゴミも増える事となった。

ようやくゴミ袋1つにまとめ上げて、袋の口を硬く締めてから玄関先へ持って行く。

…持って行ったら、玄関真ん中に粗相を発見し、思わず脱力orz
チィーナさん、朝の一緒に起きた目的はこれだったのかもシレンが、
せめて、せめて、目の届くところで致して欲しいよ、と笑いながら片づけた(w

今日のトコロも会社の方は滞りなく、コトが流れていく。

朝方は寒かったのだが、急激に気温が上がったようで、
昼を待たずして暖房器具の使用停止を呼びかける構内放送があった。

まぁ、無ければ無いで、途端に冷えてくるのだが、
思ったよりは室温の下がり方は緩やかで、朝方の防寒対策だと少し汗ばむ程度になる。
それでも一度着込んでしまったモノはなかなか脱ぐ気になれず、そのままだった。

昼休み。
昼食後に個人的な用事があり、工場内外を歩く事になる。
行き先がチョットと離れた場所だったので、時間内に戻れるかチト心配だった。

ゆえに少々早歩きとなり、軽い運動を行っているようなモノ。
その上に朝方着込んだ状態のままなので、一気に汗が噴き出てくる。

…かつ、インフル対策の為、マスク着用(;´Д`)
目的地に着くまでにゼイゼイと肩で息をして、さながら風邪ひき患者のような…
…たぶん、咳の1つでもすれば、周りの人は一斉に退くだろう(w

とりあえず、それだけは自重して、用件を済ませる。
この時点で昼休み半ばであったから、戻りの時間にはずいぶん余裕があったので、
来た道とは違うルートを通り、息を整えながら職場へ戻った。

…しかし気温10℃と厚着、ソレなりの距離を歩いた運動量で身体が熱い。
職場に着いたら速攻で防寒着や作業着を脱ぎ捨ててクールダウンするが、
かいた汗がいっぺんに冷えてしまい、直ぐにまた着込む事になる(汗

コレは油断してると身体壊すなぁ、と思うコトしきり。
…兎も角、残りの時間で体調を整える事に専念した。

午後からは自分が出向いたり、来場される方が多くて、やや忙しくなる。

その中での会話で「今日は暑くなりましたね~」と言ったら、
「そうやでぇ。ソレで汗かいて、また冷えるから、身体壊すでぇ。気を付けなぁ」
…まんま、ソレ、私のコトだがや(;^ω^)

今日は急激に寒暖の差が大きくなり、結構身体に堪える。
それでいて空気は乾燥しているのでウィルスが飛びやすく、風邪を引きやすい。

先日までは寒さに耐える事だけを考えていれば良かったが、
今日からは寒暖の差により服装を変えるコトも念頭に置かなければならない。
…こちらの方がよっぽど神経を使い、色々と面倒だ。

寒い時期は寒いままであればソチラの方が楽! と思うのは私だけだろうか(w

いずれにせよ、引き続き風邪など引かぬように気を付けたい。

追記)
ネットのニュース記事でインフル集団感染、2人死亡とあった。
…他人事では無いので、今一度、気を引き締めねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

Depression Rites :(under) normal condition

少々、自分自身がガタガタしていて、時間に追われている感じ。
何となく心身のバランスも崩れているかも…

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

私事でやらなければならない事があり、今日のところも記事縮小。
以下箇条書きで。

・昨晩は悩んだワリには、スムーズに眠りにつき、思ったよりは良い状態だった。
・朝方、時間通りに起床するも、どちらかと言うと腹部不調で目が覚めた感じで(;´Д`)
・胃、及び腹部中央から不快感と痛みを感じる。
・とりあえずは出勤の為にも食事だけは取る。
・出勤準備中に下腹部で雷が鳴り、トイレへ。どしゃー(w
・そのまま腹下しは何とかなったが、腹部の調子が何ともならず、チト苦しむ。
・我慢しようかと悩んだが、大事を取り様子を見る為、午前中会社を休む。
 …インフル関連だったら、大ごとにもなりかねないので。
・ソファーで臥せって、回復を待つ。
 幸いにして熱、頭痛、咳などは無く、風邪の可能性は消えた。
 しかし腹部の痛みと胃の不快感は今一つ。
・午前中も半ばで、一気に鬱っぽくなり、思考がダウナー。
 …状況を言えば、「このまま閉じこもって貝になりたい」と言った感じに。
・時間を経て、腹部の調子は回復するも、鬱っぽさから抜け出せない。
・11時過ぎに、ヨタヨタと出勤準備を再開。
 時間をかけながら身体を動かす事で脳神経をリフレッシュさせる。
・出勤前、昼食パン2つと粉末スープをマグカップ一杯。
・チィーナさんは放牧したままだったが、
 そのまま午後の時間程度は大丈夫だろうと考え、ケージに入れず。
 当のチィーナさんは我が万年床でお休み中だった。
・昼にウチを出る。出勤。
・電車がガラガラで、楽に座れて気分も良い。
・昼休み中に職場へ。
・午前中に依頼作業があったようだが、
 上司の配慮により上手く処理して頂けた模様。
 非常に申し訳なく思い、ただただ感謝あるのみ。
・午後から仕事。
 ともかく、午前中の依頼の件で、依頼側へ謝罪。
 それと詳細な状況を聞いて納得する。
・午後からも思いの外に作業量有り。
 昨日の宿題の方を先に済ませるが、優先順位付けの為、各方面に連絡。
 …もし急を要する物があれば、それをプライマリーにしなければならない。
・上記の方法が効果を得て、作業の幾つかを後日に回せる事ができ、
 比較的、余裕を持って作業が出来る環境になる。
・修理物品A。
 何が悪いのか判明するも、無くなっている部品が幾つか有り、加工に時間がかかる。
・再組立時にミス。
 作業終了後に作動確認を行おうと動力供給するも、反応せず。
 今一度、自分のやった事と、図面を照らし合わせて、部品の取付ミスを発見。
 再度分解修理し、正しく部品を取り付けてから、再々組立。
 …今度こそはミス無く作動確認ができ、正常な状態となり、95%終了。
・残り5%は穴を塞ぐ為のパテ盛り。
 確実固まるまで、明日を待たねばならぬので、今日はそこまで。
・点検物品C、B、D。
 コレは後日やっても良かったが、確認の作動点検だけはする。
 そのうちBの状態が悪いので、後日徹底的にヤる算段を立てる。
 他の2つは良好、作業量が少なくて済み、有り難い事で(w
・残作業、職場4Sを行って終業。
 半日の割りには、思いの外に仕事は進んだ。
・帰宅。
 …電車に乗って数刻ののちに、今頃になり下腹部への刺激が(;´Д`)
・最寄り駅到着後、帰宅前に郵便局へ行き現金書留封筒を購入。
・…後は必死で、ウチへの道を、ひたすらに(w
・帰宅。トイレ。ドシャー(笑

その後、宅配便が届いたり、私事の件でバタバタとする。

動いている間は、目の前の事に集中できるので気は楽だった。
しかし唐突に悪いイメージが脳裏をかすめる時があるので、精神的には不調なのかも。
…自分としては意識していないのだが、無意識下で影響はある感じだ。

おそらくは、朝方から午前中の腹痛も精神的なモノによるコトだったと推測する。

…とは言え、何とか1つの山場は超えられそうなので、
今後の事に対する心構えをしなければと感じた。

何れにしろ、もう少し強靱な精神になってくれないかと、思うばかりだが、
所詮は無い物ねだりで、自身の努力で何とかしなければなるまいヨ(;^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧