フェレット

2019年2月22日 (金)

Depression Rites : normal condition

午後休暇とって、黒鼬神様チェロの腫瘍について相談しに動物病院へ。
開始直後は待ち時間長いが、偶然シュナウザーに挟まれてずうっとモフモフしてた(w

21時半就寝、1時半覚醒、3時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、6時間半程度。

朝。
昨夜はアレコレしようと思っていたが、眠気に勝てず21時半ベッドへ。
眠る直前にチェロが排泄したのでお世話し、安心してグッスリ眠る。
1時半の中途覚醒は水分補給、3時半がトイレで、チェロの物音は気が付かなかった。
3時半以降は眠りが浅く、ウトウトしたまま5時を迎える。

通常起床通常行動。
今朝も冷え込み無くて大分楽。
外套をハーフコートに替えたので、もう冬用は使わなくてイイかも?
まぁ3月の合格発表時期には一旦寒くなるだろうから、油断せずハンガー掛けておく。

仕事。
昨日にようやく点検作業のメドが付いたので、修理作業へ移行。
2月始めから手付かずだったからコンテナ6個分も積み上がって、チトヤバい。
…たぶん今日入ってきた修理物品は、順番通りなら4月になるかもしれんなぁ(;´Д`)
ヤベぇヤベぇと歌うように口ずさみつつ作業開始するも、
途中で在庫品の整備した物を6件欲しいと言う要求が飛び込む。
何かもう、優先順位の入れ替わりが激しくて胃がキリキリする事態orz
この件、来週には無理かもシレンわ、物理的に。

帰宅。
チェロの腫瘍について相談するため、忙しいけれど午後休み。
昼でも少し風が冷たかったのでマフラーして帰宅したが、
周囲から見れば大袈裟だったかも(苦笑

午後。
16時過ぎに到着出来るようおおはし動物病院へ向かう。
まぁ大丈夫だろうと油断していたら、16時半着で待合室は結構な混みよう(;^_^A
受付直後は座るところ無くて立って待っていたほどだが、
しばらくして長椅子真ん中に落ち着くことができた。
その後、入れ替わりあったりで右にシュナウザーを連れた方が来られる。
このシュナウザー君と目が合ったのでモフらせてもらい、飼い主さんとお話ししていた。
更にしばらくすると診察を終えたシュナウザー連れの方が左に座り、挟まれる(w
コレまた奇遇とばかりに、こちらのシュナウザー君もモフらせて頂き、ふわ毛を堪能。
ちなみに両方共に雄で、同じく13歳とか。
2頭とも落ち着いていて、吠えること無く静か。
一番うるさかったのは人間のσ(゚∀゚ )オレだったと言う感じに(w
…そうやって楽しんでいたが金曜午後開始直後は時間がかかり、
待合時間も1時間を越す状況になる。
さすがにチェロも飽きて眠そうにしていたが、まぁこれはイツもと変わらなかったかも。
  …で、診察室へ。
前回の診察結果から大きな手術は不可能と判断したが、
現状で危惧しているのは陰茎付近にある腫瘍が大きくなってきており、
このままだと尿道を押し潰して排尿不能になるのが確実になってきた。
ゆえに、この部分だけでも取り除けないかと先生に相談する。
触診ではお腹の中に大きな腫瘍もあり、足などにも多く腫瘍がある。
とりあえず何がドコにあるかを確認するためエコー診断を受けたが、
お腹は無理としても、皮下で癒着していない陰茎付近の腫瘍は取れると判断された。
それと足の方も大丈夫そうだと言うコトで、こちらも切除予定に。
……で、スケジュール調整にて手術日が25日に決定。
そして経過観察の為にそのまま入院することにした。
  診察後、待合室は患畜が少なくなり、ようやく落ち着く。
しかし窓際にいたパピヨンと目が合ってしまい、急襲し、モフる!(≧∀≦)
フワフワのパピヨンちゃんもチョット興奮気味で、一緒にワチャワチャしていた。
相手は犬、σ(゚∀゚ )オレもまるで犬、飼い主苦笑…と言った有様。
まぁ患畜が少なかったときだから、これぐらいの楽しみは勘弁願いたい(苦笑

帰宅2。
身体は楽だが、色々考えること多目でウチに到着してから悩む。
…来週は予定が急に差し込まれて過密スケジュール。
昨日までが繁忙のピークだと信じていただけに、精神的な凹み感がハンパ無い…
まだまだメンタルシンドイのは続くのか…_(´ཀ`」 ∠)_
とりあえず土日だけは泥のように休みたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

Depression Rites : normal condition

夜に動物病院へ行ったけれど、黒鼬神様チェロの6回目の手術は無し。
お腹の中にも腫瘍が出来てて採りきれる状態じゃない。 つまりそう言うこと。

21時半就寝、0時半覚醒、寝付けず、2時覚醒、寝付けず、4時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間程度。

朝。
昨夜は疲労感強くて早めに寝たが、0時半以降は寝付き悪くてグダグダ。
今週はずうっとコンな感じで、ドウにもナラないが、朝までには疲れは取れた。

通常起床通常行動。
朝から風が冷たく、体感がシンドイ。
気温3℃程度あったけれど、首をすくめて家を出た。
まぁ5分ほどタイミングが早かったので、今日も早めの電車に乗る。

仕事。
点検作業メインだが、午前には点検済み物品を仕上げる。
今回も部品交換等の不具合修正が合ったけれど、数的には以前より少なくなった。
この不具合が出る割合をもう少し安定出来れば楽なんだが、なかなか上手くいかない。
経年劣化もそうだし、使う頻度や負荷にもよるから、まぁ仕方が無いコトだわなぁ(w
午後、トラブル起こしたとのコトで点検の依頼有り。
トリガー効かなかったりパワー不足だったりと、
ちょっとメンドウな不具合もあって各部の分解回数が多くなった。
そんで正常に戻したつもりだったが、不意の回転拘束が起こるもんで、再び全分解。
トラブルの内容が「落下」で、コレを当初甘く見ていたのだが、
見た目では解らないけれども本体が歪んで、動力部取付が凹んでいるっぽい…
各部がユルユルに取り付けられていたときはガタ分のおかげで回転したようだが、
パワー不足解消のために各部品をタイトに取り付けたら、軸に無理が生じる模様。
…で、残念ながら今日はここまででドウにも出来ず。
普通ならここで修理不能判断でも良いのだが、
たまたま部品取りで残った本体だけが在庫予備にあるモンで、
コレを試してから良否判定しようかと考えた。
でもまぁ、既に退勤時間過ぎていたので、あとは来週考える事に(´ω`)

帰宅。
遅めに帰ってきたが、すぐに黒鼬神様チェロを連れて動物病院へ。
リュープリンの注射と水薬のタイミングだが、実質は癌腫瘍の手術相談。
現状では体重回復できずにいるし、足腰の弱り方や排泄物の状態から、
個人的にはダメかなぁ、と覚悟はしていた。
おおはし動物病院に到着したときには、この時間にしては少し患畜は多目。
金曜夜だから? と言う感じもあるが、膝上にチェロを乗せて待つ。
しばらくして診察室に入り、状況の報告と先生の診断が始まった。
腫瘍のある範囲と大きさで驚かれていたが、切除するかどうかで悩まれた模様。
更に触診にて今まで皮膚の下だけだった腫瘍が、お腹の中にもできている事が解り、
1回の排泄量が少ないと言うコトの裏付けにもなった。
ゆえに、腫瘍切除はもう採りきれないと判断。
最後の手段となる腹部の皮下組織を全部切除しても、
内臓から次々と癌が転移してしまうから、手術するだけ命を縮めてしまうと判断出来た。
よって6回目の手術は無し。
今後は延命治療となるが、次の通院あるかどうかは運次第だろうと私は思った。
…でもまぁ、乳癌だと解った頃から覚悟していただけに、
「とうとうこの時が来たか…」と気分的な落ち込みは無し。
むしろ手術してダメだったらどうしよう…の不安が無くなった分だけ楽かも。
願わくば、おだやかに過ぎていくことを心より想う。
帰宅2。
玄関先でペットバックから出てきてもらったが、
やっぱり開放感からか少し元気が出るようで、チェロはアチコチ歩き回る。
そこを白鼬神様のベルが出迎えて、2頭で部屋の散策始めた。
チェロはトイレ行くのか? と身構えていたが、そう言うことでも無かったので、
車移動と病院でのストレス発散と言った感じに見受ける。
…さて、コレが今後どうなるかなぁ。
とりあえず今夜は、静かに過ごして落ち着きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

Depression Rites : normal condition

あけてビックリ玉手箱! …では無いが、手術したらお腹には腫瘍が4つ有ったらしい。
通院前は1個だと思っていたが、早めに手術して頂いてホントに良かった( ;∀;)

22時半就寝、0時起床、就寝、2時覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間半。

朝。
昨夜は疲れから0時もたずに寝る。
黒鼬神様チェロの手術の関係で0時にアラームで起き出し、フード水を取り上げた。
白鼬神様のベルがとばっちり受けることになるが、我慢してもらう。
その後、すみやかに就寝するも眠りは浅め。
4時以降はほぼ目が覚めていた。

通常起床通常行動。
白鼬神様のベルは普段通りにヨーグルト催促。
そのまま監視しながら水とフードも与えた。
それ以外はトイレ関連のお世話して、平日と変わらぬ行動を取る。
  6時過ぎてからチェロが起き出したが、水とフードが無くて設置場所で行ったり来たり。
ナンかモウ、お腹空いているし水飲みたいけれど何もねぇ! と抗議している気もする。
ホント気の毒に思うのだが、ダメなものはダメなので我慢してもらう。
ベルはまだ遊んでいたからチェロもそちらに加わり、しばらく行動を共にしていた。

  7時頃になってもチェロは落ち着かず、空腹を紛らわすかのようにウロウロ。
通信機器を設置しているカラーボックスの最下段はペット毛布が敷いてあり、
最終的にはリビングを見渡せるソコに収まった。
  眠るのかと様子を窺えば、目は開いたままで丸くなっている。
私がトイレなどに行くと必ず付いてきて、こちらの行動に期待している模様…
きっとご飯と水をもらえる時が来る! と思っているんだろうなぁ……ごめんなぁ(´;ω;`)
  …結局、通院時間になっても眠ること無くチェロは起きていた。
たぶん、お腹空いて眠れない…と言った感じだったのかも。

  それはそうと私の方がお腹壊してしまい、通院までトイレに入ること5回…
朝食べた分まで全部出しきってしまい、チェロと同じくフラフラだったorz
ストレスと言うより、昨日の残り物がダメだったっぽい。
ナンとも運が悪くて、タイミングも悪くて、超絶ガッカリする。

午前。
9時過ぎにおおはし動物病院へ着くように車移動。
自分が来たときには待合室は少なめで、診察まで時間がかからなかった。
まぁ、月曜日の時はレアケースだったんだと思う(苦笑
診察にて現状報告して手術預かりをお願いする。
その後、すみやかに帰宅。
  ウチに戻ったら軽めの食事を取り、出勤準備。
昼前に到着するようにウチを出て、会社に向かった。

仕事。
通常業務と点検作業の取り纏めを行う。
1月前半は数が少ないから少し余裕有るが、実際は半分ほど職場に入ってきていない。
残りの分は明日以降になるのは仕方が無いとして、今出来ることを目一杯ヤル(w

帰宅2。
すみやかにウチに戻り、病院へ電話連絡。
無事に手術が終わったことを確認して、安心して引き取りに向かった。
  暗い道はドウにも慣れないが、慎重に車を運転する。
方向としては「上り」になるため対向車線は帰宅の車で渋滞状態。
スイスイ走れる状況に、この点だけは運が良かったと有り難みを感じた。

  思っていたより5分ほど早くに到着。
待合室も少なめで、診察室入るまで時間はかからなかった。
先生からお腹と足の手術痕を見せられて、手術内容の説明を受ける。
足よりもお腹の方が大きく切られて、開けてみたら腫瘍が4つもあったと言われた。
触った時、1個しか自分には解らなかったのだが、実際はもっと悪い状態だった模様。
…コレは早めに手術して本当に良かった( ;∀;) と思うばかり。
チェロの方は、さすがにシンドかったようで診察台では力無い様子に見えた。
  待合室戻って会計に呼ばれるまでチェロを膝に乗せていた。
周りの様子を窺うが、頭だけ動かしてグッタリしていた感じに。
腫瘍の数としては、今回が一番多かったから体力的に大変だったのかもしれない。
幸い、会計までの待ち時間少なく、速やかかつ慎重に帰路についた。

帰宅3。
  帰りの道は、来たときとは別。
特に意味は無いけれど道路内回りの様な感じで、上手いこと渋滞無しで戻ってくる。
  玄関開けてペットバッグのジッパー開けたら直ぐさま顔出し、脱出!
タタタッと走り出したモンだから、先ほどまでの姿と違い、結構元気に見える。
そんでキッチンへ入っていき、遅れて私が見に行けばキッチンマットで排泄していた(w
ちょっとのウンチとオシッコだったけれど、きっと我慢していたんだろうと思わせる。
更に布地なので爪が引っかかり、気張るのが楽だったのかもしれない(w
あらあらまぁまぁ、と自分の着替えより先に清掃開始。
  チェロはそのまま足取り軽くリビングへ行き、何時もの場所でフードを食べ始めた。
待合室と車移動中の様子から、ふやかしフードかダックスープが必要か?と悩んだが、
ウチに戻ればチェロは普段と変わらぬ足取りだし、食欲も旺盛。
それを見てようやく安心し、ソレまでの緊張が解けて気が楽になった。
  しばらくチェロの食事を見守っていたが、
食事後はソファー横に放置していた寝袋に入り込み、そのまま眠りについた。
…排泄して、お腹いっぱい食べて、素直に寝る。
手術直後の行動してコレは満点じゃ無かろうか! とちょっと嬉しくなる。
何よりウチに着いてから迷わず行動しているところにもホッとする。
やっぱり慣れた生活空間が一番だよなぁ(´Д⊂ヽ
  コレで自分の方も一区切り着いたので、今夜は同じく速やかに休みたい(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

Depression Rites : normal condition

連休が終わって平日に戻るが、だいぶ身体が鈍っていて体力ガタガタ。
通勤途中の陸橋を登ったら息切れしてやんの…12月一度たりとも無かったのにorz

21時就寝、23時覚醒、未明覚醒、4時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、7時間弱。

朝。
昨夜は月曜の準備を終えて、連休最後をゆっくり過ごすかと思っていたが、
20時半には気が抜けてしまったらしく、眠気に負けて21時にベッドへ(苦笑
眠りの方は浅めで、23時に水分補給し、2時頃(?)にもトイレ水分補給で目が覚める。
微睡み状態で横たわっていた時間が長くて、気が付けば4時半だった。

通常起床通常行動。
基本的に平日と同じ行動パターン。
さて外着に着替えるか、といったタイミングで一旦一息入れた。
午前中に黒鼬神様のチェロを病院連れて行く予定に変更したので、
始業時間前に会社へ連絡を入れ午前休とする。
あとは通院時間までユルく過ごしていた。

午前。
9時過ぎにおおはし動物病院に到着。
空いているだろうと想像して居たが、第一駐車場は満車。
あれっ、まじかいな!  …チト驚きながら第二駐車場へ車を止めた。
  病院に入ってみれば、待合室は長椅子埋まりつつあって、立っている人も居る。
受付を済ませて空いている長椅子真ん中に座らせて頂いたが、
自分と似たような考えで混む日をずらした方々多かったのかも…
コレは想定外だったから、帰宅は11時過ぎてしまうかもしれないと覚悟を決める。
ただ、チェロが8時にフード食べていたから、排泄時間がヤバいかも(;´Д`)
…まぁ、そん時はその時で対処する他無い。
  そう思いながらチェロを膝に乗せて撫でながら診察を待ったが、
以外と診察のテンポが速くてドンドン流れていく。
見ていた限りでは、手術予定で預ける方、入院預かり、ワクチン接種などが多め。
ウチのような病気や怪我で診察に時間がかかる患畜は少なかったみたい。
あれよあれよと少なくなって、到着30分後には診察に入った。
  先生には2箇所の腫瘍位置と大きさを報告。
それとリュープリン注射と水薬の処方をお願いした。
触診では右足の瘤よりもお腹(中央乳頭の内側)の方が気になった様子。
まだこちらは小さいが「すぐ取った方が良い」との判断を頂く。
…で、どうにかお願いして今週水曜日に手術と決まった。
  戻ってくると先ほどより大幅に少なくなって、自分以外に診察待ちが2組。
いずれもお犬チャンだったので、折角だからとチェロを紹介しつつお近づきに(w
ご老体のチワワさんがおられたが触らせて頂くことができた。
逆にシェットランドシープドッグのお方は気むずかしいようで、近寄れなかった。
…犬種というよりは各々の性格だろうなぁ。 ウチのフェレットみたいに(苦笑
更に黒柴の幼犬をだっこしたお爺さんが病院に入ってきたで、早速ご挨拶。
コレがもう、めちゃくちゃ愛くるしかった。
ころころもこもこ鞠みたいな丸っこさで、撫でたら手を舐めてくれたね(∩´∀`)∩ワーイ
そんなコトしていたらすぐに会計になり、ニコニコしながら終了。
振り返ると黒柴チャンとお爺さんだけが待合室に残ってて、ちょっと寂しく見えたわ。
  帰宅、チェロはペットバッグの中で静かにしていた。
疲れたのかなぁ? と思ったが目は開いているからそうじゃ無いみたい。
あー、コレはトイレ我慢だ、と判断して寄り道せずにウチへ向かった。
  帰着して玄関先で開放したら、すぐにペットシーツを探して排泄。
よく我慢した良く頑張った、と撫で回したかったけれど、それより先に手を洗った(苦笑

その後、一休みしてから出勤。
12時前に職場到着する。

仕事。
連休明けなので職場の回復、および月初めの点検から。
それから通常業務に戻り、もう入ってきている仕事は多め。
ウチの建屋は静かなんだけれど、自分の所は少々バタバタする。
後半には点検作業を開始したが人の出入りがあったりと、進捗はイマイチ。
退勤間際に手を付けた物はパワー不足判明で、シンドイ作業が明日に残った( ´Д`)=3

帰宅2。
荷物の受け取りがあったので、真っ直ぐ帰宅してまた出かける。
もしかしたら明日使うかもしれないしなぁ…
そうで無くとも今週は少しばかり忙しいので、休めるときにしっかり休んでおきたいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

Depression Rites : normal condition

今日は出勤から退勤まで、挨拶以外の会話無し。 終始一人のまま。
対象が居ないコトによる作業達成感は無く、1日無会話も心的ストレス大きいわ_| ̄|○

23時就寝、3時半覚醒、4時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間半。

朝。
昨晩は何となく寝るタイミングがつかめず、就寝時間が23時頃になる。
そして3時半まで中途覚醒が無かったから、大分疲れていたらしい。
二度寝後の4時半に覚醒したが、寝足らず。
昨晩もっと早めに寝ておけば…と後悔するが、睡眠自体には満足して気分良く起床。

通常起床通常行動。
今朝のお世話で、抗生物質の水薬が無くなる。
黒鼬神様チェロの傷跡を見て、このタイミングで抜糸しようと判断した。

仕事。
昨日少しだけ手を付けた修理物件の続きから。
しかしながら午前イッパイかかってもドウにも出来ず。
…以前から調子悪かったんだけれどなぁ、ここに来て力尽きた感じか( ´Д`)=3
仕方が無いので不良部品の要求手続きを行い、入手までコノ件は中断とする。
午後は物品移動などの業務を経てから、次の修理作業を開始する。
今度は回転軸のブレなどで細かい調整が多め。
ドウにもギアの噛み合わせが浅かったりで、シムを入れては再確認し、
これが良い条件になるまで右や左に入れたり抜いたり…
…しかもこれが┌┘となってベベルギアにより2度曲がっている。
この真ん中の軸位置が調子悪くてよぅ(;´д`)トホホ…
ヒィヒィ言いながらドウにかして、退勤時間までにはドウにかなった(苦笑

帰宅。
少し風が出てきたが、コノ時間も気温32℃と暑い。
ウチに到着してスグに車の窓を開けてから、また部屋に戻り動物病院へ行く準備。
バタバタしていたら良いタイミングでチェロが起きだして、トイレへ行ってくれた。
さらには白鼬神様のベルも気が付いて「どこ行くねん?」と、玄関待機。
いやぁ、ベルはお留守番だからまだ寝ていなさい(w
しばらくしてチェロを連れて玄関出ようとしたら、ドア前に抗議ウンチされていた(苦笑

18時過ぎに出発し、30分頃におおはし動物病院到着。
火曜夕方でたぶん空いているだろうと予測したら、大中りで1組だけが居る程度。
外まだ暑いから人間も少しキツかったかもシレン。
とりあえず自分は車をエアコンで冷やしまくってドウにかシタので大丈夫だったが、
やっぱり夏場の通院はリスクあると感じる次第。
…それはさておき、抜糸。
空いていてホッとしたのは、傷跡が2ヶ所なので抜糸に時間かかりそうだと思ったため。
フェレット程度で長々と診察室使うのはチト心苦しく感じてしまうし(苦笑
…で、
待合室椅子に座ったら、スグに診察室へ呼ばれる。
問診と少しの触診後に、抜糸開始。
看護師が上半身押さえて、先生が静かにしているタイミングを見計らい抜糸する。
空いていた自分は、とりあえずチェロの頭を撫でて暴れぬよう宥める。
…が、今日のチェロはスンゴク大人しかった!
頭の方は好奇心でアレコレ動くが、足の方は「…もう、好きにして」状態(w
お腹の違和は感じていたと思うが、
それよりも看護師(♀)さんを見ていた模様で、そっちへの興味が大きかったかと(w
おかげで予想外に処置が早く終わり、
カサブタ取って糸取ってと痛かったハズなんだけれど、先生の方へ遊びに行く始末。
…普通ならビビったり、嫌がったりして逃げ出そうとするハズなんだけれどなぁ。
先生の手に近寄って匂い嗅ぎ、カルテ読むのを邪魔する。
チェロの人好きは驚くばかりである(w

帰宅。
出発時間からちょうど1時間経ったところでウチに到着。
思ったより早く帰れたので、チェロへの負担も少なくて済んだかと。
玄関先でバッグから出てもらったら、スグにアチコチ歩き回り我が家を確認。
しばらく各部屋の探索をしてからリビングに向かったので、
このタイミングで副腎の水薬を与えた。
これで落ち着いたのか寝室の方へ向かい、ベルの近くに潜り込んで休んだ。
…これで自分も緊張が解けて、脱力。
一気に疲労がのしかかってくるので、今夜こそ早めに休むとしよう( ´Д`)=3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

Depression Rites : yellow condition

未明から頭痛で体調不調、会社休む。 しかし黒鼬神様チェロの水薬が無いので病院へ。
昨日まで腫瘍と思ったモノがただの血の塊で、周囲の漿液を抜いたら元気に(≧∀≦)

23時就寝、3時覚醒、4時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間半。

朝。
昨晩は疲労少なかったから23時に眠った。
しかし3時の覚醒は酷い頭痛で、慌てて薬と水を飲む。
4時半に目が覚めたが、下腹部にも鈍い痛みアリ。
アチコチの痛みで5時のアラームまで起き上がらなかった。

通常起床低行動。
まずは鼬神様方々のお世話だが、行動力無くてトイレは手を付けず。
運良くベルもチェロも出てきていたので、探すこと無くチェロの投薬が出来た。
それから自分の方も…と思ったが下腹部痛くて、とりあえずゼリー飲料だけ手にし、
トイレに入ってから摂取しつつ、20分強出られずに絞り出す(汚くてスマン
…で、食欲はあって胃の方は問題無し。
頭痛とお腹が下り気味なままで、体力と脳のエネルギーが切れた。
5時40分に寝込んだ後、動けず。
出勤を諦めた。

日中。
昼過ぎに昼食取ったが、その後も怠さと眠気強し。
薬のおかげか14時までには頭痛は治まったが、栄養不足っぽさは残る。
…それはそれとして、
黒鼬神様チェロの副腎用水薬が無くなったので動物病院へ行く必要が有る。
本来ならば仕事後に…と予定していたけれども、16時過ぎに予定を変更した。
手術痕の下にある塊と周りのプヨプヨが気になるので、これも相談する必要あるし。

夕。
食べた物が回ってきたおかげか、体調は少しラクに。
暗くなって道路が帰宅ラッシュ等で混まないウチにおおはし動物病院へ向かう。
まぁ16時頃だったから患畜も少なめで、暫し待ったのち診察室へ。
…で、癌再発かと不安視していたが、血の塊と漿液との診断頂いたε-(´∀`*)ホッ
通常ならば体内吸収されるモノだけれど、中で血が固まってきて増えたのだろうと。
ゆえにこの場で注射器により吸引して頂き、プヨプヨは無くなった。
痛かったはずと思ったが、足付け根の違和感無くなったおかげで、むしろ元気に。
診察台を歩き回って、先生の持つカルテに興味を出すほど!
まぁ、残念ながらこのままニュープリンの注射も頂く(w

診察後、白内障の小型犬をだっこしたお二方とチェロの目が合い、ワチャワチャ。
人見知り無くチェロが興味を示して、撫でられ続けていた。
その間アレコレとお喋りしつつ診察を待ち、私は会計を待ったので体感時間短め(w
次の来院は、抗生物質の水薬が切れた頃に抜糸と言うコトで帰宅した。

帰宅後にチェロをウチに戻してから、駅前まで出かける。
買い物等の用事で出たが、その途中の街路樹で蝉の鳴き声を聞く。
まぁ暑い日が続いてはいたが、6月中には蝉いなかったなぁ…
7月入って急に夏本番と言ったトコロかと(w
…いずれにしろ今夜は無理なく食べて、夏バテに備えねば( ´Д`)=3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

Depression Rites : normal condition

「ぬか喜び」とは、まさに昨日のコト。
今朝見たら、ポッコリお腹の傷の下、硬い肉が戻ってた。 …まぁ、癌だしな。

23時寝落ち、0時半覚醒、就寝、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間半。

朝。
昨晩はオタ趣味を楽しんでから少し休むつもりで、ストンと眠りに落ちる。
あ、寝てた…と気が付いたのはソファーの上で、0時半頃だった。
水分補給とパジャマに着替えて寝室に行き、今度は枕使ってちゃんと寝る(w

通常起床通常行動。
白鼬神様のベルが先に起きだしてヨーグルトをねだるので、コレが一番目。
それから水とフードを新しくして水薬を用意し、黒鼬神様のチェロを探す。
部屋角のコンセント近くで寝ていたところを引っ張り出して、投薬した。
…ところが、どうもお腹の膨らみが昨晩よりも妙な感じになっている。
昨日のブログ作成時には脂肪か筋肉が戻ってきつつあるのか? と思っていたが、
この急速に膨らんでくる感じは望まれるような快復とは全く違う…
撫でても痛がらなかったので、その膨らみを指で触って確認してみた。
……腫瘍だ。
食欲の回復と共に、癌も戻ってきた。
現状、ウズラの卵よりもやや大きめ。
3日前までゲッソリと凹んだお腹だったのに、急増殖しやがった…

1週間前に取り除いた腫瘍が、前より大きくなった。

Xz1p6300411

衝撃的な写真だが、傷跡の下に腫瘍が両方ある。

あ、うん、なんだそれ。
これはもう、駄目か。
間違いであって欲しいと思ったが、
この肉の塊はこの1ヶ月で触り慣れた硬さで…

絶望よりも、ガッカリが強め。
これ、手術出来るのだろうか? と。
24日に病院から引き取るときに、次は無いかもと言っていたしなぁ…

まぁ、ドウにもナランことは、慌てない。
月曜日夜にでも、また相談しにいくことにする。

午前。
ソレはソレとして、買い物巡回へユルユル。
曇り空だったが気温高め。
ホムセンでボンヤリ見回っていたら卓上サーキュレーターが目に留まる。
DCモーターのヤツで乾燥にも良いとかあって、心揺れる(w
まぁ、ホントに必要か? と思えばその場で決められるはずも無いし、
この手の悩んでいるときには買わない方が良いモンでな。
午後。
ユルユルとBDを見ながらオタ趣味を満喫。
書店で衝動買いした大判のムックにも満足スル。
…この手の本とかは、悩むなら購入するべきなのだよ(↑お?

夜。
チェロに投薬。
お腹の色が少しマシだから、この機会に写真に撮る。
真ん中にうっすらと黒い毛が生えてきているのを見て昨日は喜んだが、
マサかぷよっとした物がこんなにぼてっとした塊になるとは思いもしなかった。
行動や仕草、目の光が戻ってきたところなので、このショックは大きい。
…でもまぁ、癌だし。 仕方ないか( ´Д`)=3

(2018/06/30 20:45追記)
リビングでPC弄っていたら、黒鼬神様のチェロが起きてきたのでチョット撮影。

20dimg_8765

20dimg_8767

20dimg_8769

ペロッと舌を出して、フンス鼻息と言ったトコロ。
ちょうどトイレから出てきた後なのでチョット気張ってきたよ、的な報告かと(w
お腹がアレだが、可愛らしさは相変わらずネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

Depression Rites : normal condition

昨晩寝るときは確かに雨が降っていたんだよ。
…しかし、その待望の雨は今日は降らず、蒸し暑さだけでカナリしんどい(;´Д`A

23時就寝、1時半覚醒、3時半覚醒、4時半起床。
睡眠時間、4時間半。

朝。
昨晩は少し睡魔弱くて、23時に布団に入った。
天候のせいとかでメンタルが面倒になっていたのかもシレン。
中途覚醒アリで3時半に目が覚めたら二度寝出来ず。
…結局、白鼬神様ベルが気にし始めたので4時半起床。

早め起床通常行動。
鼬神様方々のお世話でワタワタしていたら、
黒鼬神様チェロが定位置でリビングの様子を見ていた。

20dimg_8762

コレが今朝5時頃のコト。
ぐて~っとして、未だ調子出ない様子。
それでも内臓側からの出血でお腹の皮膚が斑状になっていたのだが、
コレが今朝には綺麗さっぱり無くなっていてホワイトピンクの肌に戻っていた。
おおっ、スゲー!
5日程度でここまで綺麗になるとはチョット感動した。
1回の排泄量は少ないが、悪い物を積極的に排出している様に見える。
ウンチの色が黒っぽかったのもソノせいかも。
しかし未だ体重に変化が少ないのと、後ろ足の力強さは戻っていない。
コレばかりはまだまだ時間がかかるんだろうなぁ…

仕事。
出勤直後から蒸し暑くて息が荒い。
26.5℃だったが湿度が75%有るから、汗がそのままシャツに残る。
おかげで体温が下がらず、不快指数が上がるばかり。
…期待していた雨も降らないから、ただただ辛かった(;´д`)
ソレはソレとして、仕事は普段と変わらず。
修理作業をメインに勤しんだが、物と人の動きが多くてバタバタする。
午後後半に行った修理物件では、ねじ込みのプラグがナットに斜めに付いていた。
ネジ山の種類確認せずに強引にネジ込んだ物か? と疑う。
取り外してみれば、ネジ山の種類は間違っていなかったが、
ナット側にあきらかに間違った物を付けた痕跡がアリ、ネジ山が斜めに潰れていた。
何をやっているんだ、と憤りながらタップにてネジ山修正する。
…で、プラグをネジ込んだら、
やっぱり斜めに取り付きやがった! (ノ`Д´)ノ彡┻━┻
うおい、まじかよ…
慌てて再確認すれば、孔そのものが微妙に斜めになっている状態…
加工ミスの物がそのまま流れて、ここまで来ちゃったか( ´Д`)=3
何処のメーカー製か解らないが、再び取り外して廃棄にした。
タップや取付工夫したりしたのだけれども、二度手間三度手間を繰り返した状況に。
暑かったせいもあって、不機嫌な気分のまま退勤へ。

帰宅。
結局、雨降らず。
ひたすら一日中蒸し暑かっただけで終わる。
おかげで体力消耗がスゴくて疲弊感大きい。
雨降らなくとも、北風吹いてくれれば有難いのだが、
ネットの天気予報見たら、今日明日明後日と南風オンリーorz
…コレヤバいなぁ、今夜ちゃんと食べないと週末バテてしまいそうでチョット怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

Depression Rites : normal condition

黒鼬神様のチェロ、手術等で血を流しすぎたのかガリガリになる。
たかが2日程度で3割減とは驚き大きいが、意識運動食欲は確かだから希望も大。

22時就寝、0時半覚醒、3時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間半。

朝。
昨晩はメンタル側の疲労で早めの就寝。
0時半では大して感じなかったが、
3時半の覚醒時には寒くてタオルケットを手繰り寄せる。
…天気予報で暑くなると言っていたがホントか?

通常起床通常行動。
白鼬神様ベルが少し不安定なのか、トイレの外し多め。
今朝もバスマットへの粗相があったので、黒鼬神様チェロの不在が影響しているかと。
食欲と遊びは普段通りだが、眠る場所について迷っている感じあるなぁ…

20dimg_8755


…ちょっと眠そうなベル。
見方によっては寂しそうにも見える。

午前。
まずはおおはし動物病院連絡を入れ、容態の確認をする。
血も止まり、流動食も食べているとのことで退院の運びに。
先に買い物を済ませて、11時頃に動物病院到着。
…で、スンゲク混んでいた(;´Д`A
日曜日は混む、とHPにもあったが、駐車場の空きが全く無い。
自分は運良く空いたところに入ったが、空き待ちの路駐もあったほど。
えー、どんだけ信頼されているの? この病院。
普段は平日夜ばかりだったから、この混み様は驚愕に値する。
…さらに待合室は立って待っているのが当然で、
中型犬などは外待ち必至になっている様子。
…それでもなぁ、我が子可愛いから、
この病院じゃ無きゃ駄目って有るからなぁσ(゚∀゚ )オレも。

さすがに多かったので患畜とのふれあいは無し。
それでも近くに居たミニチュアシュナウザーを撫で回させて頂けた(w
恐がりで飼い主さんにしがみ付いたままだけれども、ちょっとは緊張ほぐせたかなぁ。

しばらく待って、診察室へ。
先生が入院室から連れてきたときに、ちょうどオシッコしちゃった。
ちょっとビックリしたかもしれないと先生は仰ったが、
オシッコを見て排泄に問題無いと安心する。
一応引き取るだけなので簡単に説明受けて、短時間で戻った。

戻ってきた待合室はさらに混みようが増して賑やか。
フと見れば椅子の角にフェレット連れの方が居たので、そこへ移動。
飼い主さんとお喋りして、5ヶ月のベビフェレと6歳の姉フェレを抱かせてもらった。
どちらもフワフワの毛皮で触り心地最高だったが、雄と雌の差があるのかと思いもする。

11時50分頃に病院を出て帰宅。
検査料、薬、手術台、入院費用とICU使用と大きな出費に。
金額は前回よりも多くなったが、状況を考えれば納得する。
帰宅中の車の中では放し飼いにしたけれど、好奇心旺盛なのは変化無し。
すこし動き回って状況を確認したらシートしたのペットシーツで丸くなった。

昼過ぎ帰宅。
玄関入ってキャリーバッグ開けたら、
スグに玄関角のトイレ位置を確認して排泄。
ウンチとオシッコ、血の気配無し、コレを確認出来て胸を撫で下ろす。
少しばかり廊下とリビングを歩き回って寝室に行き、
ベルの寝ているベッド下毛布のところに潜っていった。
…ちゃんと我が家の認識があって嬉しく思う。゚(゚´Д`゚)゚。

午後。
遅い昼食後に、買い物記事作製。
正直、感情の起伏が大きくて疲労感アリ。

…なおチェロについては写真無し。
養生優先なので刺激のあることはヤら無い。
とりあえず、チェロ用にふやかしフードを用意する。

夜。
水薬2種の投薬でチェロを起こす。
目は覚めていたようだが、動きたくないと言った感じに。
シリンジ2本分を飲ませた後にふやかしフードへ誘導したら食べてくれた。
量としては少ないから様子を見てダックスープも用意するべきか…
後々に普段のドライフードも食べてくれればイイが、今は少し無理かもしれない。
食べた後はリビング床に敷いていた寝袋(人用)に潜り込み、お休みに。
お腹の毛は剃られているから、もしかすると冷えを感じるのかもしれないなぁ…
ナンにせよ、今はガリガリなので体力が回復して欲しいと願うばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

Depression Rites : normal condition


…まぁ、癌だしなぁ。

23時半就寝、2時覚醒、3時半覚醒、4時半起床。
睡眠時間、4時間程度。

朝。
昨晩は黒鼬神様チェロの手術前と言うコトでアレコレ行おうとしたが、
結局のトコロ隔離せずに絶食を白鼬神様のベルにも付き合ってもら状況に。
よって23時半にフードと水を片付け、眠りについた。

3時半前から少し騒がしかったが、
覚醒してみればチェロが餌場に行ったり来たりで、餌皿をガサガサ掻いていた(;´д`)
むしろ食いしん坊なベルの方が落ち着いているからチョット意外に感じたりする。
ちょうど2頭とも起きてアレコレ行動していたが、
どうにも気になるモンで自分も4時半に起床した。

早め起床特殊行動。
チェロをなだめつつ、ペットトイレ等のお世話。 フードは出さない。
何時もと違うこと行っているから少し不審に思われている感じがして、
キッチンに向かうと必ず2頭ともやって来て様子を窺う状況。
…ああ、すまんなぁ、君らの分は無いのだよ(´Д⊂ヽ
そう言ったわけで自分の食欲も不振になり、スープ飲んで誤魔化す。
あまり匂いが強いと鼬神様方々が興味持つからなぁ。

午前。
8時にチェロをPC部屋に隔離し、ベルのためにフードと水を用意。
そして動物病院へ持っていく物など揃えてからPC部屋からチェロを連れ出した。
9時過ぎ、おおはし動物病院に到着。
少しの説明を受けて、チェロを預けた。
…ここまで面倒ゴトは無し。

帰宅して少し食べてから、出勤。
ベルはもう熟睡していたからこの時間は出てこない。
しかしフードはしっかり食べた痕跡があったので安心する。

午後。
仕事。
メンドウな修理作業があったり来場者のアレコレがあったが、コレら省略。
こんなモンは瑣末ゴトで、仕事よりも鼬神様方々が大事。
…出勤移動中に電話があったらしく、留守電アリ。
確認したら、動物病院で「切除できたが出血アリ。 入院必要」とのこと。
帰宅前に電話して再確認したが、やっぱりそうか…と言った状況で納得する。
…リンパ節腫瘍が他に根付いていた模様。

帰宅2。
汗かいていたのでシャツ交換してから動物病院へ向かう。
乳癌からの移転だったし、この程度のコトは想定していた。
…そう思うのだが自覚無くともメンタルダメージがあるようで、
ドウにも胃の調子が悪くてムカムカする。
覚悟はしているんだけれども、コレばかりは仕方がいないと諦めるしか(苦笑
おおはし動物病院着、今日2回目。
この時間も患畜多めで、暫し待つ。
隣に居られた猫連れのご婦人とお喋りしたりして、緊張感は無し(w
お腹の調子が悪いと言う白黒猫様。
真ん丸お目々が可愛くて、キャリーバッグで大人しくしていた。
…チョットぐらい鳴き声聞きたかったのが本音(w
で、診察室へ。
小動物用ブランケット袋に入ったチェロと対面する。
両足に縫合された傷が生々しいが、この時点では出血は無し。
夕方になってから出血が治まりつつあるとのコト。
さらにこの時点でチェロの好奇心は強くて、先生と私が来たことで動き回りたい様子。
意識もしっかりして振る舞いにも力強さがあると説明頂いた。
このまましばらくチェロを見舞い、先生は他の患畜の診察に向かわれた。
……で、
ブランケットから顔を出していると周囲が気になるようで、キョロキョロ落ち着かない。
しかし下半身には力が入らない様子なので胸から上だけで動こうとする。
しばらくすると縫合部から血がにじみ出して両足付け根が血でベットリになる。
看護師に報告してガーゼを当てたが、中で滲んだ分が溢れてくるとのこと。
まぁ暫くは落ち着いて安静にする必要が有るなぁ…
そこで何となく脱いだ帽子をチェロに被せたところ、気に入った模様。
後頭部サイズ調整用の切り欠き部分から、外を覗くようにして私をみる。
たまに帽子縁の返しをガリガリ引っ掻いたりもしたが、しばらくして目を細めた。
帽子による遮光と遮音、隠れて向こうを覗き見る状況に安心したのかも。
まぁ古びた帽子だし、私の匂いも関係したのかもしれない(w
下半身をブランケットの中に、上半身を帽子の中にして落ち着くように眠った。
コレを眺めながら私も安心し、帽子を預けて2日間の入院をお願いして帰路についた。

帰宅、3回目。
リビングの電気付けたら、チェロの指定席で白鼬神様のベルが寝ていた。
ネット通信機器などを入れているカラーボックスの一番下。
ここにペットシーツが敷いてあり、私を監視するためチェロがたまにココで寝ている。
2頭の気が合えば、この狭いところで重なり合って寝ているときもある(w
…で、今夜はベルが私らの帰宅待ちで、残念ながらチェロは帰宅出来ず。
この様子がどうにも寂しげに見える。
たぶん偶然が重なった結果かかも知れないが、
今の自分にはベルの仕草で感傷的にならざるを得ないわなぁ(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧