書籍・雑誌

2017年11月19日 (日)

今日までの買い物 コミック、雑誌

11月3週目はオタ的購入物控え目。 コミケ予約始まっているがまだ様子見。
…寒くなると物欲より、食欲のほうが増すもんでなぁ(苦笑

Xz1pb190280

コミック。

嵐ノ花 叢ノ歌 7巻 (東冬)
嵐ノ花 叢ノ歌 8巻 最終巻 (東冬)
ふしぎの国のバード 4巻 (佐々大河)
けんえん。 5巻 (風越洞X壱村仁)
サンタクロースの候補生 2巻 最終巻 (染谷みのる)

一言。
「嵐ノ花 叢ノ歌」
完結までの2巻を同時に発売。
7巻ではベルリン陥落、8巻には太平洋戦争終結の流れは変化無し。
それとは別に神から見れば人間のこの在り方は失敗で有り、
その事は7巻での自動演算処理機を乗せた無人戦車の暴走で気が付く。
…この前まではドイツの錬金術と神の末裔、そこに巻き込まれた少年、
奪われた太歳を追うと言った感じで、そこに人造人間が絡んだ話の進みだった。
しかし、ここで戦争末期となりドイツ自体が立ちゆかなくなり話が急転。
暴走戦車の件で新世界も新人類も未来には無く、人類は自滅する結果が見え始める。
8巻ではそれぞれの仕掛けをもって神と言うシステムに対峙する、と言った流れ。
この変化は小競り合い程度から、争い規模が急拡大して慌ててる感じも有るが、
コレくらいのテンポのほうが読んでいる時の爽快感があったかも。
7巻終盤からの満州編はコメディもあったりで起伏も多く、かなり楽しめた。
この作品は1巻から一気読みするべきなんだろうなぁ…

「ふしぎの国のバード」
やっぱり絵の力ってスゲーなぁ、と毎回感心するこの作品。
登場人物目線で明治時代を見ると現代日本には残っていない日本を感じる。
これは文章でも想像できる範囲なのかもしれないが、
作者の表現力により清潔や綺麗、これに対する汚れや貧相との差がハッキリ分かる。
おかげでバードさんが何を見て驚き、感動したかを追体験した気分になるンだよね…
たぶん今後も似たようなこと呟くかと思うが、くどくとも何度も言いたくなるし(w
…さて山形に入ってから文明レベルがグッと上がるが、
急激な西洋化に些か不満があるバードさん。
様々な物を見て回るが、やはりもっと奥地への好奇心イッパイと言ったトコロ。
しかし表紙の通りに伊藤については問題ゴトがジワジワ大きくなっていき、
今巻で明らかになったバードさん身体に関わる問題まで悩むことに。
当時の風俗文化に人々の姿、旅の展開等々多くのことが次巻も楽しみでならない(w

「けんえん。」
見付村での玃猿騒動は一段落。
昔話ならここまでなんだろうけれども、
それじゃぁ霊犬疾風サマもお帰りか? となるが、まだまだ犬猿の仲は続く(w
派遣元の光前寺へ戻ろうと弁存さんに言われるが、
この事件の発端となった猨の母、幸を疾風は知っており、
その行き先を追うべく猨を光前寺まで連れて行くと言うコトに。
更に3巻で争った物の怪退治の一行も加わると言う塩梅で、
その道中は一筋縄でおさまるワケも無し(w
今巻もシリアス一辺倒だったら凄くドロドロした感じになるのだろうけれども、
このヘンは陽気さを前面出しているからリラックスして読める。
個人的に印象深かったのは見付村での猨と村娘の梅とのやり取り。
色々あったけれど、この村に戻ってくる理由ができてチョット感動する。
とは言え作中では猨が恋愛に疎すぎるところが不安だが、
コレは昔話なのでとっぴんぱらりのぷぅを期待して待つか(w

「サンタクロースの候補生」
公認サンタクロースを紹介する漫画、と言うのがメインだろうけれど、
主人公すずこさんの成長物語も凄く前向きで話が明るい。
とは言え、ネタ的にも2巻までがちょうどだったのかもしれないと理解するが、
やっぱり少しばかり勿体ない感じもする。
1巻では衝撃的な展開等の起伏もあっただけに、
もう少しネガティブ要素を取り入れて、引き締めを図っても良かったのではと思ったり。
まぁ、サンタクロース像が違う物に変化して人間臭くなるのもアレだから仕方ないか(w
私としては自分の知らないサンタクロースへの想像がさらに広がり、
コレからの季節に街角で見る姿にも今まで以上に意識すると思う。
宗教よりも概念的な存在だろうけれど、純粋に楽しく子供の味方であるコトを願い、
この季節をよろこんで迎えることにする(w

Xz1pb190281

雑誌。

BIRDER 12 2017 Vol.31 No.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

Kindle Oasisについて コミックには向いていない?

Xz1pb120269

さて物欲が湧いて購入したKindle Oasisだが、
この数日使ってみた感想。

Xz1pb120272

手に持った時や、その使い心地は高級感があって凄く良い。
背面のアルミ素材はまるでチタン肌を思わせて、
指先に感じるしっとりとした冷たさは笑みが漏れるホドの気持ちイイ。
カバー無しだと実際の本よりも軽くて腕肩への負担も少なく、
電子ペーパーの優しいコントラストは目への負担も楽に感じられる。
たぶん小説等の活字を読むならスマホやタブレット端末より楽だと思う。

…しかしながら、コミックは別。
以下にその問題を挙げる。
もしかしたらウチの個体だけなのかもしれないが…

まずウチのAndroidタブレット、ASUS ZenPad 3 8.0

Xz1pb120264

コミック表紙。

Xz1pb120265

ゴミとケラレ、色補正失敗があるが、次のページは白ページ。

…で、
Kindle Oasisだと以下のようになる。

Xz1pb120266

まずは表紙。

Xz1pb120267

…残念なコトに次の白ページに残像ができてしまう。
明るさを24(最大)、設定で「ページの更新」をONにしてあるのだが、
この手の残像がページ捲るごとに付いて回る。
白い部分には灰色で残るし、黒の線とかにも白く浮き上がる。
ゆえにドウにも「絵が綺麗!」と言う感想が出ない。
むしろこの違和感になれなくてイラッとするコトも…

他にも線がぼやけていてメリハリが弱い、
白はもっと白く黒はもっと濃くしたくてもこれ以上は望めない、
タブレットに比べてモッサリ感が強く反応が鈍い、などコミック読みには不満が多い。

ゆえに32Gの容量を当てにしてコミック用途を想定している人には、
ストレス溜まるから手を出すなと口添えしたい。
むしろラノベ読むならば持ち運び便利なコチラの方が楽だと言える。
…まぁ使い方次第なのだと感じるが、
上のAndroidタブレットと実売ほぼ同じ値段なのを考えると、個人的にはオススメしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日までの買い物 コミック、書籍、ガジェット

今回の大物購入物は「Kindle Oasis」
所持欲を刺激されて手にいてみたモノの、何か違うなぁ…と言う思い強め。

Xz1pb120258

コミック。

わたしと先生の幻獣診療録 2巻 (火事屋)
ニヴァウァと斎藤 3巻 最終巻 (ながべ)
大家さんは思春期! 8巻 (水瀬るるう)
敗者復活戦! 3巻 最終巻 (辻灯子)

一言。
「わたしと先生の幻獣診療録」
今巻も医療知識と幻獣蘊蓄多めで実に面白い。
内容としては大まかに3つ分。
前巻からの続きのケルピーと、カーバンクル、ライ麦狼。
今回、自分にとっては「ライ麦狼」については初めて知った。
とりあえずネットで検索しても少ししか出てこない。
引っかかるのは「コルンムーメ」と「狼と香辛料」とか、とか(w
マイナーな話なんだろうと想像するも、
こう言うコトを取り上げているのが実に素晴らしく感じる。
無論お話しとしても、進歩する医療技術と少数となる魔術に悩んだり、
それら両方を工夫して用いることで謎が解け、治癒が進むのは嬉しく楽しい。
漫画表現でもここぞと言う時に見開きや1ページ絵を効果的に使い、
不安や希望を強く印象づけているのも好ましく思えた。
…個人的には真っ黒で不気味なライ麦狼の登場と、
その後の見開きで白を強くした穏やかなライ麦狼への変化が凄く好き。
お話しの最後に不穏な輩も出てきて、次巻も楽しみでならない。

「ニヴァウァと斎藤」
チト寂しいが、最終巻。
しかしオマケ漫画も含めてこれ以上ないって位の大団円。
途中にニヴァウァとの出会う話が出てくるんだけれども、
文化を学ぶのが子供であって良かった、というエピソードがあり、
なぜ大人が人間と一緒に暮らさなかったのが偶然とは言え、良く分かった(w
…作者、ここまで深く考えていたのか!
きっと人外っ子カワイイだけじゃないんだろうと!
でも後書きに3巻締めのコトを「ネタ切れ」と言っているから、
ドコまでを伏線だったり設定だったり、後付けだったりなのかは想像の範囲に(w
あとラストの「人外いいよね。」
…嗚呼、断言できる、人外はいいものだ! (返答

「大家さんは思春期!」
アニメ2期マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
…さて心の声は置いておき、8巻。
家庭菜園とか釣りとかピクニックとか野外活動多め。
でもチエちゃんだから思考が料理直結というのが微笑ましい。
特に釣りへ行く話は提案、移動、実行、帰路の全てにネタが詰まってて凄く好き。
大人数だから車2台になるとして、その振り分けで悲喜交々。
大人組は先に現地到着してしまうが、子供組はSAによったりで移動も満喫。
じっさいに分かれて移動するとこう言うコトあるよね…と言った感じか(w
他の話でもキャラクターの個性が存分に出てとても楽しい。
防犯の話じゃサブキャラが皆スンゲク重要だったりするのがニヤッときた。
しかし前田さん=平凡というのが眼鏡外せば「平凡さに磨きがかかった」程度とは(w
自分も眼鏡だから少しばかりドキッとする(苦笑

「敗者復活戦!」
コチラも最終巻。
人間関係の複雑な小説を読み終えた気分で、読書後もジワッと考える。
各話ごとにチョットした揉め事、小競り合いがあって想像働かすのだが、
いずれにしたって「ドウにもならねぇなぁ」と人間性で押し通すしか無いかも、と(w
自分も月穂様のように一部尖っている性格の人は見ていて面白いから好きなので、
ニーナちゃんへの感情移入の方が多かった気がする。
…結局のトコロは月穂さまに振り回されただけなのかもしれないけれど、それもヨシ。
まぁ欲を言えば色恋の話も少しはあっても良かったかと感じる次第。

Xz1pb120259

ムック。

HELI WORLD 2018

Xz1pb090257

電子書籍端末、等。

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB
Amazon Kindle Oasis (Newモデル)用レザーカバー ミッドナイト
Digio2 液晶保護フィルム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

今日までの買い物 コミック、雑誌

カレンダーとか飾り物とか、そろそろ年末とかのコトを考えるようになる。
…まぁ毎度のこと年末年始の予定は無いが、散財の気配は十分あるんだよねぇ(w

Xz1pa220244

コミック。

ちひろさん 7巻 (安田弘之)
秘密のレプタイルズ 4巻 (鯨川リョウ)
つぎ☆はぎナイトメア 2巻 最終巻 (ホリ)
もののけ◇しぇありんぐ 4巻 最終巻 (クール教信者)

一言。
「ちひろさん」
あー、今巻も染みる。
凄く身に覚えのある話だったり、自分には出来んなぁと言う話だったり。
正直、中学生位の年齢では共感出来んとは思う。
リアルと言えばそうだが、現実離れしたところがあるのもそう…
漫画よりも私小説に近いのかなぁ、それとも詩集っぽい?
たぶん大人の日常系コミックと言うコトで(w

「秘密のレプタイルズ」
他のコミックに比べると非常に異常に、生態や飼育知識多いのですが、
今巻は前巻よりも少なめで「あれ? マトモに漫画書いてるわ。 大丈夫か?」
と変な方向で不安になる次第(w  …いや、悪いことでは無いんだよ?
分量としてはレプタイルズ知識とキャラクター達のエピソードで半々と言ったトコロ。
主人公の入鹿くんチのレオパが成体となりオスだと判明。
そんじゃぁ繁殖もしてみようかといった流れに。
…で、それと並行して人間達の恋愛話もガッツリきているので、
ここから先への展開として上手に絡めたなぁ、と感心する。
まぁ、先のレプタイルズ雑誌「VIVARIUM GUIDE No.78 2017年秋号」での、
作者インタビューにもあった「重い話」もアリますが、
どちらかと言うと「ペットショップあるある」ネタのネガティブ版と捉えた。
個人的には、あー、やっぱり有るんだそう言うの…、と感想。
製品だったら返品で新しいのを、となるが生体は命が進むからソウはいかない。
単に愛玩動物が好きで行える仕事では無いトコロに、その難しさを考えてしまう。
こういった物語を経て、ペット買う前の人やペット初心者には通じて欲しいと願う。
…しかし、もっと「重い話」も控えているんじゃ無かろうかと妄想するが、サテハテ(w

「つぎ☆はぎナイトメア」
キュピーン! で有るが最終巻。
だからと言うワケでは無いだろうがお色気とキャッキャッウフフ多め。
話は進まんだろうが、コレはコレで凄く得した気分なんだよなぁ…
これが最終巻とはマジで残念無念_(´ཀ`」 ∠)_
…ヴィクターの無表情でユルいボケとツッコミ、
なんでも許せそうなダラダラ感が妙に心地よくて癖になっていたんだが…
個人的には大好きだっただけに、今後の作者の活躍に期待したい。

「もののけ◇しぇありんぐ」
これも最終巻。
まぁクール教信者らしいと言えば、そういう感じに(w
3巻では1本筋が通っていたように見受けたが、
今巻は少しばかりフラフラしているように思いもする。
とは言え、主人公のヤタが将来どうすれば良いのかを探っている暗示なんかも。
しかしながら、さすがに伏線は張っていたけれども、
物語のオチとしては少しばかりデウスエクスマキナ感があって、
「この作者だから…」といった気分だが、ファン的に良いのか悪いのかヨクワカラン(w
コレも1つの人と妖怪も交じり合うコトができるユートピアなのだろうと思うけれど、
「人は見た目」が現実問題としてあるから、我々の世界には存在しないんだろうね…
肌の色でギャーギャー騒ぐこの社会を恥ずかしく思う。

Xz1pa220246

雑誌。

BIRDER 11 2017 Vol.31 No.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

今日までの買い物 コミック、BD、雑誌

今週分の「メイドインアビス」11話にドハマり、繰り返し視聴している。
ナナチ可愛いと言うよりも、ここから自分の常識が通じなくなる違和感が凄く好き(エ?

Xz1p9170233

コミック。

映像研には手を出すな! 2巻 (大童澄瞳)
恐竜の飼いかた 2巻 (いしがきのぼる)

一言。
「映像研には手を出すな!」
…スゲーなぁ、その情熱に圧倒だわ。
今回は依頼によりロボットのアニメを作る話なのだが、
コレまた設定とか考察とか深くて、
メカオタでは無いからこそロボットが活躍する場を考えているのが面白い。
それと読んでて思ったのは、作るお話と言うよりも「アニメの教科書」なんだと感じる。
前巻はチームを作ったと言う話だったが、今巻はどの様に作っているのか見せ場。
3人の役割ハッキリしているし、それぞれが天才肌。
こうしたいという内容を明確な言葉で表しているのも凄く胸に来る。
だからこそ自己矛盾とかで悩んだりするモノで、
「ロボアニメは、やめよう!!」の件には思わず唸ってしまった。
こういう時ほど役割が重要なんだと思ってしまう。
同じコト考えている人が集まっているだけだと、ウンウンそうだね、で解散になるし(w
作らせる人、考える人、描く人に分かれた仲間だったからこその解決だったかと。
…しかし、今巻はナンにせよ面白かった。
考察とか意図を読み解くような読み方で無くとも、
レトロフューチャーな建物やメカ、楽しそうな部活動って言うだけでも十分面白い。
「うる星やつら」「パトレーパー」が好きだと尚更ドつぼにハマるかと。
…あ、どっちも押井守だわ(苦笑

「恐竜の飼いかた」
恐竜がペットになる世界。
このおおらかな三姉妹だからこそ違和感が無いのか?(w
彼女たちのアレコレも笑ってしまッたのだが、
今巻はペット恐竜の現実的な問題についてのアイディアが面白かった。
室内トイレ、恐竜ペットロボット、恐竜獣医のお仕事など、あっなるホド! が多め。
家族の食中毒とトイレ躾を組み合わせた話は、凄く笑ったが、逆にうなされる感じも。
トイレ争奪戦でドウしようも無くなったら、…まぁ仕方が無いよね(w
ペットロボットは王道テンプレだが、
AIBOデザインの恐竜だとその社会的背景とかを考えて少しドキッとする。
獣医の話になると恐竜の形態などあってペットより家畜的な感じになるのかも。
ましてや牛、馬よりも大きい身体だから様々な問題も出るだろうし、
掘り下げて物語を作れば、コレはコレで面白くなるかもしれない。
「恐竜のお医者さん」みたいな感じの(w
…それはそうとトイレ等で出てきた排泄だが、
恐竜って総排出腔になるわけだからトリ糞みたいなイメージになるのか。
コレはコレで片付けが面倒そうで、やっぱりペットにするには難しいか?(苦笑

Xz1p9170234

BD。

この世界の片隅に 特装限定版

Xz1p9170235

雑誌。

BIRDER 10 2017 Vol.31 No.10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

今日までの買い物 コミック、BD、雑誌等

前回が多かっただけに連休期間中の購入物は少なめ。
…とりあえず同人系が今夜届く予定なのだが、ソレは次回でもいいか。

Xz1p8200155

コミック。

Pumpkin Scssers 21巻 (岩永亮太郎)
おさらばめる子 (縁山)
サクライプレジャーストリート (櫻井エネルギー)

一言。
前巻戦闘シーン多めだったのに対し、今巻は説教(w
…と言うかコメントしにくいんだよなぁ。
テロとか差別とか現代社会問題についてもアレコレ含んじゃっているから。
むしろどうしてこうなった( ´Д`)=3 と言う気分がある。
この物語は軍事か政治、どちらに向かわせたいのだろう?
チトばかり漫画という「娯楽」から遠ざかった感じがある。

「める子」
コレもコメントしにくい(w
1話読み切り日常系変な話でトリオ漫才。
かなり突拍子の無いコト多かったはずだが、スルスル読んでいる。
内容はごちゃぁ…とした闇鍋みたいな印象だが、何処も引っかかるところ無かった。
平均して面白いけれど、手を止めて笑う要素も無かったンだよなぁ…
文章を読む為に漫画があると言う感じで(;^ω^)
…何となくだが、1ページ分を4コマに縮めても内容伝わる気しますワ。

「サクライプレジャーストリート」
内輪ウケのバカバカしさでなら、
編集部コメディの「プレジャーストリート」シリーズが個人的に好き。
これ1つで突き進んで欲しかったが、まぁ難しいか。
あと表紙の左は犬娘であるが、ここで毛皮感無いトコロにガッカリ。
作中の犬面犬毛はしっかりしているんだけれど…と人外スキーσ(゚∀゚ )オレの愚痴(w

Xz1p8200156

BD。

小林さんちのメイドラゴン 6巻

Xz1p8200157

雑誌。

BIRDER 09 2017 Vol.31 No.09

ムック。

にっぽん全国たのしい船旅 2017-2018

一言。
「船旅」
チョット驚いたのは最新の大型フェリーだと、
ペットルームやドッグラン(さんふらわあ)とかあって、
家族旅行は絶対コッチ! と言う魅力があるところ。
…しかしなぁ、船内でスマホ等のインターネット利用は制限大きいからなぁ。
なにせ船体が鋼鉄だからソレだけでも電波遮蔽しているワケだし。
プライベート環境でネット利用は不可能に近い…
それでも船旅は魅力的だよねぇ、またいつか利用したい。
以前のようなシーズンオフに贅沢したいけれど、そんな休みもうとれねぇ(苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

今日までの買い物 コミック、雑誌

書店にハンドスピナーがあったので購入し、帰宅後開けてみたらベアリングが酷かった。
ウチの職場なら即ゴミ箱レベルだが、オモチャとしてはコレで売っちゃうんだ…と驚き。

Xz1p8060136

コミック。

悪魔のメムメムちゃん 3巻 (四谷啓太郎)
少女ゴーレムと理科室の変人たち (榎本ナリコ)

一言。
「メムメムちゃん」
ドウしようも無くダメな感じが、何度も読みたくなる中毒性があってツラい(w
何と言うか、オレ的には似ている食材がありまして、
それが「メムメムちゃん」=「海鞘」なんですわ。
見た目にもソックリでしょ? 頭の入水口、出水口なんかはメムメム角だし。
特に癖が強すぎて好き嫌いがハッキリ分かれるところも、まるで同じ。
おっぱいの大きい方々は脂ののった高級魚、貧乳は身に引き締まった白身の高級魚。
しかしやっぱり酒の肴につまんでいるのは海鞘なメムメムちゃんと言った塩梅。
…でも海鞘食ったコトある人にしかワカランだろうなぁ、この例え(w
海鞘の刺身なんて地域限られているだろうし(苦笑
と言うコトでオッパイでは無く、メムメムちゃんを好きになって欲しいトコロ。
あと、ウチにも魔猫ください(オイ!

「少女ゴーレムと理科室の変人たち」
1巻完結だけど設定テンコ盛りなモンで、もったいねー! の声が出る。
大まかにはオカルトと鉱物うんちく。
誰からにも好かれる(好かれたい)沙美のクラスに、もっと美人の転校生がやって来る。
名は岩下レイム、無口な美少女なのでクラスの注目がレイムに移る。
それに危機感を持った沙美は率先してレイムに近付こうとするが、
その傍から変人コミュ障の2人組男子にレイムを持って行かれてしまった…
なんじゃそりゃ? 納得いかねぇ! とばかりに彼らをこっそり追いかけてみる。
行き着いた先は旧校舎の1室、そこには「生物部」の張り紙有り。
そうっと聞き耳を立てると、中からは「人じゃ無い」「人造人間」などの不穏な言葉…
そしてレイムはゴーレムだと聞き、びっくりし、漫画的お約束の如く物音を立て見つかり、
秘密を共有する運営共同体の「生物部」へご案内♪ と言った感じの導入(w
鉱物マニアが小麦を用意し、魔術オタクが麺と出汁をつくり、一般人が配膳する。
うどんなレイムと、様々なトッピングが加わって一品出来上がる様な内容。
鉱物を用いた仕掛けがスゴく説得力があって、
不思議現象を投げっ放しにせず化学と結びつけるところに好感が持てた。
…しかし、この5人(+先生)で生物部を回していくぞ!
と言うトコロで物語が〆られるから、コレはチョット勿体なすぎるだろう…唸るばかり。
続刊が出るならば是非読んでみたいのだけれども、こればかりはなんともなぁ( ´Д`)=3

Xz1p8060137

雑誌。

VIVARIUM GUIDE No.78 2017年秋号

一言。
く、くじらぁ? ああ?
くじぃ、ぐじらぁ、あ? え? あーーーっ?
…と愛玩動物の雑誌棚で立ち止まって困惑する。
普段はサッと目を通す程度だったが、
その目力が心臓に悪いので思わず購入した次第(w
オタ的にインタビュー記事は一読の価値あり。
「秘密のレプタイルズ」作者の秘密がぼろんぼろん出ていました(w
特集はハコガメとヒヨケムシ(奇虫)。 虫苦手な人注意。
個人的には「砂漠の小型ヤモリ」に興味が出る。
あとの文章で飼育について記されていたが、
飼育環境やケージなどの絵、写真が有れば嬉しかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

今日までの買い物 コミック、BD

アニメ「メイドインアビス」で緻密な美術に見入るばかり…
切り株の年輪とか手抜き出来るとことでも容赦なく描き込まれていて、感嘆の溜息。

Xz1p7300132

コミック。

猫娘症候群 1巻 (ネコ太郎)
芋虫少女とコミュ障男子 (三三)

一言。
「猫娘症候群」
人間→ケモ、のパターン。 一応病気扱いらしい(w
古くは猫又とも言われたが、女児にだけ発症して猫化するという病。
作中では学校に数人ほど居るあったので、ソレほど珍しくも無いのかも。
だからと言って物珍しさの方が勝るのでクラスにあっても奇異の目で見られてしまう。
…中には視線を怖がる娘(猫)も居るように、主人公の白椛 雪もその1人(w
しかしクラスにはもっと奇特(?)な人も居るわけで、
ソレがもう1人の主人公、超絶猫寄せ体質の彩野 りこ。
この2人が出会ってしまったならば、後はお察しの通り…と言った塩梅(w
大まかな流れとしては、ペット猫の行動を猫初心者向けに解説し、
種別による体格の違いや性格などを擬人化(ケモ化)を用いて紹介する感じかと。
猫娘の形態については人型と猫型の二通り(例外あり)
強いストレスを感じるとネコ耳娘から、ホントの猫に変身してしまう。
この変身設定の使い方を今後どう生かしてくるのかも気になるが、
猫娘→猫→猫娘(全裸?)との部分を面白い方法で回避したことに感心。
…と言うか作中に出てくる服装が可愛くて、
この手の被服デザインを描くの好きなんだろうなぁ、と思ったがどうなんだろう?(w

「芋虫少女とコミュ障男子」
前作の「T-REXな彼女」は恐竜系人外の実に陽気なコミックであったが、
今作は真逆の、スンゲい陰気な内容なので深呼吸してから読む必要あり。
男子:自分を惨めな生き物と思っていて、
    人からの好意を受けるだけに相応しく無いと考え、他人との接触を避けたがる。
女子:幼なじみの男子に好かれようと努めて振る舞い、
    社会一般から評価される「優等生」となるが、どう努力しても男子に避けられる。
それでも少女は好きであると告白するが、
2人は釣り合わず男子が惨めな思いするだけだ、と男子に壁を作られ、
彼女の思いは伝わらなかった。
…結果、彼女は毛虫になった…
内容としてはコレまたネガティブな物で、
毛虫になった少女を見て、これはドウにかしないと! と男子は奔走する。、
そこから少しずつ毛虫の不憫さを見て相手を思う気持ちが大きくなるが、
しかし少女の側は毛虫になったコトで人であったコトを次第に手放していく…
ハッピーエンドは無く、どちらも気付いた時には手遅れと言った純愛モノ。
気持の在り方が逆転していく様は心苦しいが、何故だかこれが綺麗な物に見えてくる。
毛虫になってようやく見えた愛情、そして破滅が約束された悲恋だからかも知れない。
…読後思うところ多く、暫く長い溜息しか出なかった。
個人的には好きな作品、他人に勧めるのは難しい(苦笑

Xz1p7300135

三者三葉 13巻 (荒井チェリー)
ふたりでひとりぐらし。 2巻 (ざら)
広がる地図とホウキ星 1巻 (描く調子)
メイドインアビス 6巻 (つくしあきひと)

一言。
「三者三葉」
進級し、クラスが変わって連むメンバーも入れ替わり?
むしろ、新登場の里美先生が某菓子店の園部さんにソックリで、衝撃的事態!
…主に山路が(w
いやまぁ、ソレだけでも必見なんですが、
実のトコロ購入前にBD「三者三葉」を見返してまして、
そこからの続きとして読んでも、やっぱり安定して面白い(w
適度に変化が有ってマンネリになら無い様工夫されているところに好感が持てる。
クラス替えによるコトで個性と個性のぶつかり合いはより激しく、面白く、
こんな組み合わせも有りだなぁ~、と新学期への不安を紛らわすこと間違いなし!
…まぁ大人になると、むしろソレを望む機会が多くなるんですけれどねぇ(遠い目
個人的には時間の進み方が少し早まった気がするので、
もそっとユルくても良いのでは無いかと思う次第。 むしろもっと夏でいてください(w

「ふたりでひとりぐらし」
まさか下ネタが来るとは思っていなかったの、緑茶吹きそうになった。
風邪引きモードで思考がおかしくなっているのは解るが、
なぜビジュアル的にダメな方へ突っ走るところに、笑いの神の存在を確信する(w
…ただしなぁ、コミックラストでドウしてコウなった? 感が強くてドウにも。
「最終回じゃ無い」とあったが、綺麗に最終回でしょコレわ…
次巻からドウ話を繋げるのか? むしろ飛んだ1年間を期間を描くのか?
日常系になるのか、恋愛系になるのか等の気になるとこと多めで(苦笑

「広がる地図とホウキ星」
魔女家系の子、田舎から出て都会の魔法学校へ。
しかしそこまでの距離遠くてトラブルあったり、遠回りしたり、友達出来たり…
色々経験してようやく到着した学校でも小さなトラブル引き寄せてしまうが、
機転とポジティブ思考、そして魔法で友達を増やし皆の笑顔を作る! と言ったトコロ。
前半の学園までの道のりを全話数の1/3程度使っているのだが、
話のテンポが良すぎるもんで、あっと言う間に大活躍が流れていくのが惜しい気分。
導入部としては世界観とキャラの特徴が良く出ていて解りやすいのだが、
コレらのエピソードが今後に繋がるのかが気になってしまう。
学校到着、入学後についても学校生活が楽しそうなのはよろしいのだが、
学校に入ってどうなるのかを明示していないから微妙にモヤモヤするところ多い。
進級との言葉出たが、何学年あるのか? 進路やコース分けはあるのか?
社会に出たらどの様な魔女がいるのか? その活躍はあるのか?
その手の学校設立の意義、社会における魔女の立場が見えてこない。
作中でも彼女たち以外の社会人魔女が出てきていないのが気になる。
コミカルな絵、テンポの良い話、3人魔女の楽しげなコメディと良い点多いのだが、
彼女たちが目指そうとしている物の一端でもあれば良かったかなぁ、と思ったり。

「メイドインアビス」
ここに来て超絶難解に(;´Д`A
単に降りていくダケの話では無くなり、
まさか異形の者達の街があって、社会性を保っているとは思わなかった。
…ここに来て異種間交流とか異文化交流とかが、
他コミックのようなお気楽極楽なんぞは皆無の「理解不能」を叩きつける事態に。
でもなぁ、黎明卿の件で「成れの果て」の大群からその可能性はあったからなぁ。
少なからずとも伏線はあったわけだけど、しかし、まさか…と。
さらには地上のオースでも異変があったりで、一気に謎が吹き出してきた感じに。
ヤバいヤバい、こういう恐怖はジワジワくるから心が落ち着かない。
本当に次巻が待ち遠しい。
…その下、さらに下、下なのか上なのか?

Xz1p7280131

ラノベ、BD付き。

この素晴らしい世界に祝福を!12 オリジナルアニメブルーレイ付き同梱版

ムック、BD付き。

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5)

BD。

この素晴らしい世界に祝福を2 5巻 限定版
亜人ちゃんは語りたい 5巻 完全生産限定版 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

今日までの買い物 コミック、雑誌

前回休んだので7月2週3週分のコミック8冊。 たぶん今月のピークか。
…コミケの同人誌予約等も始まっているが今回も少なめだなぁ。 まぁユルく行こう。

Xz1p7160114

コミック。

甘々と稲妻 9巻 (雨隠ギド)
ドラゴン家を買う。 1巻 (原作:多賀カヲ 作画:絢薔子)
ゆるキャンΔ 4巻 (あfろ)
小林さんちのメイドラゴン 6巻 (クール教信者)
セントールの悩み 15巻 (村山慶)

一言。
「甘々と稲妻」
久々に「ごはん会」の文字見たな(w
年齢が上がれば、ごはん会の内容も意味も違ってくるんだろうな、と思ったり。
始めのころは食べる為の試行錯誤だったけれど、今巻は1つ上への成長だし。
…それにしても、つむぎちゃんを中心にした人間関係への影響がデカくてチトビビる。
でも子供から大人が影響されてワタワタするのってイイことなだろうね( ^ω^ )ニコニコ
大人の都合を子供に押しつけるような情景が無いコトで凄く安心する。
そう意味で「再婚」の話でセンセイが凹むお話はチト気分が引き締まった。
でも、上手く美味しく話が落ち着いたことに読んでいる私もホロリ目が潤んだ(;∀;)イイ!!
他の話も含めて、本当にこの安定感は素晴らしいわぁ。
「ドラゴン家を買う。」
異世界モノでは無く、転生モノでも無くて、
現代基準でファンタジー世界の生活風俗を楽しむ物語は、何ジャンルなんだろう?(w
「魔王の秘書」「魔王城でおやすみ」とか、「ダンジョン飯」もそうか?
で、今作も主人公が人外だが、その様な雰囲気と思って頂ければ良いかと(w
なにせこのドラゴン、狩られる側になるホド弱くて、図体だけ立派なポンコツ君。
戦わない、空飛べない、魔法使えない、ブレスも無い…と無いコト探す方が楽なほど(w
ゆえに親が愛想尽かし、ドラゴンらしく強くなれ! とばかりに巣を追い出されてしまう。
しかしながら根はニート(w
家で籠もっていたいという欲求強く、安全な家が欲しいと右往左往。
…そして無理だと諦めた先に、拾う神…と言うかエルフ有り(w
無論これも一筋縄でいかない話で、安住の地をさがす物件探しの旅が始まった。
と言ったトコロか(w
女性向けコミックのような綺麗なキャラ、コミカルなドラゴン、モンスター達。
ドラゴン目線での家探しというトコロで面白いアイディアだし、コメディとしても十分楽しい。
全く擬人化のないドラゴンの人外モノと言うのも個人的に嬉しいので、今後も期待大(w
「ゆるキャン△」
くっそ~! おやつタイムに読むんじゃ無かった!
飯テロだ! 飯テロ!
キャンプテロとも言うかもシレンが! 食欲がマッハでヤバくなる!(w
特にね、ようやく顧問になった鳥羽先生のぐうたら具合。
キャッキャウフフのJK成分に酒豪オッサン成分(女教師)が加わったも飲んで、
ワタシ的にはビールと肉な方に胃がキューキュー鳴る始末(w
オシャレ成分よりオッサン成分への共感デカいわσ(゚∀゚ )オレ
…それはさておき今巻でようやく部活動として全員集合なキャンプに。
いいなぁ、すごく良いなぁ…
でもやっぱり私はインドア派なのでキャンプのマネ事だけで満足しておく(苦笑
「小林さんちのメイドラゴン」
…絵柄はコンなんだっけ?
と混乱がアレコレして過去現在未来と異世界が相撲を取っているような(オチツケ
ココが本家なんだが、ドウにもアンソロみたいな感じで落ち着かない。 何故だろう?
でも内容の重さは作者ならなんだよなぁ。
キャラクター達のそれぞれの持つ理由もそうだが、
メイド服談義でのオタクになった理由というのが個人的には激重だった(;´Д`)
…それにしても今回はソノ手の話が多め、軽い気持ちじゃチョット読めんね(w
「セントールの悩み」
見えてこない設定部分が多くて、これはどう考えれば良いんだ? とナル。
カワイイは素直にドキドキ出来るんだが、不安感のドキドキも今巻多め。
なんだかオッパイに誤魔化されてる感がある(w
しかし政治やSFなどのチリチリした部分こそが面白く感じているんだよなぁ。
…トコロで宇宙キノコは今巻でドウにかなったのか?
敵対勢力とか蛇人などの関係とかもいまだにヨクワカランし、
このヘン相関図が欲しいトコロだわ…

Xz1p7160115

きゅーは吸血鬼のきゅー 1巻 (G3井田)
おじょじょじょ 4巻 最終巻 (クール教信者)
花色プロセス 2巻 (安西真理)

一言。
「きゅーは吸血鬼のきゅー」
女子高生の血は美味かろうと思っていたが、それは幻想だった(吸血鬼談)
ゆえにぐうたら女子高生のウチに住み着いて生活改善を働きかければ、
いつかは美味い血になるだろうと奮闘するお話。
特に健康ネタで引っ張るのでは無いから不摂生な人が読んでも安心。
意識高いような健康至高なネタを押しつけるわけじゃ無いので、敷居は低めっす(w
ゆえに内容的には日常系4コマと捉えるトコロ。
途中から出てくる男子組との掛け合い漫才もあってワチャワチャ楽しいが、
せっかく男女いるンだから…という部分でのラブコメ成分はまだ薄い。
…とりあえず今巻は吸血鬼コメディで進行しているから、
今後の展開でどう転ぶのかがチト気になるわぁ(w
「おじょじょじょ」
1巻ぶんを全部使って話を〆に来ている。
展開はクール教信者っぽさ全開と言ったトコロでも、
それを丁寧に書いてきたなぁ、と思った次第。
正直「メイドラゴン」よりも軸が真っ直ぐなもんで、コッチの方が好印象だったりする。
それにしても世界観がアチコチ繋がっているんで時系列がヨクワカラン(w
「花色プロセス」
…ここも4コマとしては色々と重いんだよなぁ(苦笑
とは言えダメダメお嬢様が少しずつ変化しようとしていくところに好感はある。
まぁ貧乏サイドの彩花がアッケラカンとポジティブなので湿っぽさは薄れるが、
悪い方向で癖の強い人達ばかりゆえにネガティブ部分でのチリチリ感はドウしてもある。
このヘンを上手くバランスとっているなぁ、と感心する。
とは言え1巻に比べればだいぶマイルドになっているので気構える必要は無いかも(w

Xz1p7160116

雑誌。

BIRDER 08 2017 Vol.31 No.08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

今日までの買い物 コミック、雑誌

6月3週目終わってようやくコミック5冊。 今月マジ低調(;´Д`)
電子書籍のセールで幾つも購入しているが、やっぱり紙じゃ無いと絵は駄目だワ…

Xz1p6180107

コミック。

ゆるゆり 15巻 (なもり)
フラウ・ファウスト 4巻 (ヤマザキコレ)
ボッチ博士とロボット少女の絶望的ユートピア 1巻 (山田鐘人)
邪神ちゃんドロップキック 8巻 (ユキヲ)
鬼が出るか蛇が出るか 5巻 最終巻 (あどべんちゃら)

一言。
「ゆるゆり」
コミックの流れで妙な変化(特にメタ)があると、
そろそろネタ尽きかけているのか…? と心配になる(w
まぁコメディの合間に百合やっているような作品だからユルされるのかと。
…しかし過去があっても、未来がいっこうにやって来ないのは少し思うトコロもある。
最近、サザエさん時空はシンドクなってきてなぁ…
「フラウ・ファウスト」
イイねぇ。 グツグツしていて、まるで鍋だ。
登場人物の思惑も悩みもそれぞれあるし、皆が重いキャラで旨味もある。
作中にある調理シーンでは無いが、まるでこの巻は出汁を取っているところか(w
出汁の名はファウスト、聖都が鍋、そしてぶち込まれる寸前の登場人物達。
巻末にある通り次巻で最終とあるが、どの様な鍋物になるやら楽しみ(w
…さて、こんな身勝手な妄想だが調理人の名は誰になるのだろう?
「ぼロユ」
ボッチだし、インドア趣味だし、
そもそも人付き合い苦手で無口だから、週末世界でもかまわなくね?
…と言ったトコロで、博士とロボ子のボケツッコみ(w
ほのぼのギャグと、背後から滲み出る不安…
何より、こんなバカやっていても死からは逃れられないと言う焦燥感を、
シンプルな絵柄とクスッとクる笑いとで、上手くバランスとっている。
絶滅要因から逃げ惑う訳でも無く、退廃した世界を彷徨うわけでも無く、
むしろ相手する人類がいないからこそ自分で造ったロボット少女とノビノビしている。
…ソレデイイノカ? と違和を感じる人もいるだろうが、
作中過去にも「やべぇ奴」と思われてるから、何か壊れた部分が有るンだろう。
ほのぼのコメディと、絶望に備える怖さ。
「けもフレ」で不安を感じる人ならばスンナリ楽しめるかも、と根拠無く思ったり(w
「邪神ちゃんドロップキック」
前巻最後に「敵かっ!」と言った風体(ガスマスクマント)の不審者が出たが、
ソレはひ弱系可憐妹キャラの追加であり、その可愛さにσ(゚∀゚ )オレが落ち着かない(w
既存のたくましい姉様方と違い、チョコンとして華のように笑う姿が眩しくて、
邪神ちゃんファミリーには無かったような庇護欲がジャックと豆の木(オチツケ
…ソレはソウと今巻の我らがぺこら様。
マジ不憫すぎて胃がキリキリ。
不幸の星の下…とは天使に対する言葉じゃ無いが、もはや試練と思うしか(;´Д`)
「鬼が出るか蛇が出るか」
最終巻。
残念と言えば残念なのだが、妖怪モノであって派手さが弱かったと感じた。
ちゃんと恋愛を考えるならば真面目な説明口調になるのは仕方が無いが、
それが随分と長かったり、絵柄的な驚きも少なかったから地味になった印象が強い。
…もしかするとノベルゲーム寄りの作り方だったのか? と。
ハーレムエンドは無くとも、各キャラゴトの婚姻エンドは考えられるし、
今作で言えば「蛇女、鈴ルート」的な雰囲気に思えてならない。
そして会話劇中心でアクション少なめだから読むテンポも今一つ…
題材は良かったのだけれども妖怪、人外の絵的な活躍がもっと欲しかった。
テキストベースの作品ならば違った感想になったのかもしれないが、
個人的には惜しい感じになっちゃたかなぁ、と。

Xz1p6180108

雑誌。

BIRDER 07 2017 Vol.31 No.07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧