« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2020年2月 2日 (日)

今日までの買い物 コミック、同人誌

1月4週5週分だがコミックは3冊と少なめだが、久々に同人誌購入も有り。
異世界モノも次第に飽きているだろうから、そろそろ異種族ブームがキて欲しい(w

Xz1p2020594

コミック。

あやかしこ 7巻 (ヒジキ)
映像研には手を出すな! 5巻 (大童澄瞳)
放課後すとりっぷ 2巻 最終巻 (若鶏にこみ)

一言。
…まぁそのウチに(汗

「映像研には手を出すな!」(2020/03/07)
アニメ化大成功で原作見てもアニメ見ても「すげー!」しか出ない(語彙力
それはさておき、今巻もアイディアの宝庫だがコレまでとはチト違う。
クリエータ目線での想像力が僅かな切っ掛けがイベントまでに発展する展開が描かれる。
前巻までのアニメ制作は様々困難あるけれども面白いを表現していたけれど、
それじゃソコから何をなし得てどの様に広がっていくかが今巻のポイントかも。
 時計台発見からの妄想構造図(秘密基地図)を考える監督に、
時報鐘の音をどうしても録音したかった音響の執念と、再現したくなる鐘の音。
既に実力を発揮しているがさらなる向上を目指すアニメーターと、
この話題を広めて金に変えられんかと画策するプロデューサー。
これらのアイディアがどんどん雪だるまのように大きくなっていき、
様々な人達を巻き込んでいくさまは、まさに作り手のエンターテインメントかと。
終盤からのお盛り上がりには、その成否に関係なくワクワクしてくる。
キャラクターも急に増えたけれどソレゾレの役割がはっきりしている上に、
誰とも被らない個性的な性格なので時々顔が出てきても、パッと人物像が思い出せる。
ある程度パターンに嵌めているけどアクの強いデザインなので記憶に残りやすい。
絵柄や話がゴチャゴチャしているから、シンプルに分かりやすいキャラは人気出そうだわ。
…それにしても後半から出てくるアニ研の没個性っぽさが笑うが、
どいつもこいつもクセの強さだけは滲み出ているの顔つきには見事! と思ったね。
だってどっかで見たような感じでしょ?(w

以下18禁

 

Xz1p2020595

同人誌。

因縁の毒ドラゴンを攻略したのだが (北神トリプル) 18禁
ドラッ娘にぬるくすり (北神トリプル) 18禁
ケモッ娘ラヴァーズ 10 (迷い猫) 18禁

一言。
よし! 続いたっ! (渾身のガッツポーズ)
今更ながら冬コミ通販分だが、人外エロネタ3冊。
なかでも北神トリプルは以前の購入からウロコ娘が続いて歓喜する次第。
キャラクターが5割以上人間から離れている作品は稀有でなぁ(´Д⊂ヽ
そういった意味でもケモッ娘のほうも攻めている作品多くて有難い。
…毎度のコトながらラストのネズミン氏のリザード嬢モノはスゲーわ(w

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »