« 「馬将戦姫 緋閃」のレビュー | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2017年9月10日 (日)

今日までの買い物 コミック、同人誌、フィギア

8月末から9月3日まではオタ的購入物スカスカだったのに、第2週だけでパンパンに。
…まぁ、財布はスカスカになりましたが、部屋がパンパンでフィギア箱収納出来ん(w

Xz1p9100224

コミック。

手品先輩 4巻 (アズ)
ウチの使い魔がすみません 3巻 (櫓刃鉄火)
少女終末旅行 5巻 (つくみず)
白雪姫と黒タイツ 1巻 (御影石材)

一言。
「手品先輩」
正直に言います。
化学先輩が好みです。 以上。
…いや、己の性癖宣言してどうすると言うトコロだが、
面白ネタ提供者が今巻から1人追加(w
とは言え色々少なめの登場だが、手品にも科学にも裏がある共通事項があって、
どうしてそうなるの? の先が舞台に上がるか、壇上に上がるかの違い程度かも。
まぁ、でんじろう先生は欲張ってその両方捕っちゃった感もあるが、
この話はコミック関係無いな(苦笑
さて個人的に酷かった(褒め)のは続・尾行先輩の話。
後輩の妄想が膨らみゴーヤ調理の18禁まで行くのは腹抱えて笑った。
男衆がヤケにイキイキしつつ壊れていく様のテンポが良くて見事。
あと、あんたら高校生のくせにAV内容がヤケに詳しそうだな!
身近にスゴイのいるのに身内とポンコツでは起たんダメか(w
ソレと気になった点は、手の描写がドウにも上手とは言えない。
一見して男性の手、女性の手が分かるようにならんと、読書中も違和感残る。

「ウチの使い魔がすみません」
今巻も想像力をくすぐらせてくれて面白愉快。
多種多様のモンスターが沢山出てくるから設定考えるの大変だなぁと思うけれど、
そこから読み解ける世界観がキッチリしているから、
オリジナルモンスターでも存在が自然でその形態も理解が早い。
特にアーガレト密林で出てきた双頭巨蛇はビジュアル、狩猟方法など素晴らしかったが、
コレが食われる側としてスグに退場させるのは勿体ないと思ったほど。
むろん彼の犠牲があって次の巨大モンスターが生きてくるわけだから仕方が無いが、
でもやっぱり勿体ない! …レプタイル好きとしてはまた出てこないかなぁ(w
それはさておき今巻ではノーマンの正体が紐解かれることに。
おかげであのガタイの良さに納得した(w
そんでもって巻末オマケを見ると、今のデザインで良かったとホッとするンよ。
初期はもっと険しい顔つきだったのにね…
今のデザインだからこそコメディーが上手く行くのだと思った次第。

「少女終末旅行」
お話初っ端から怪我をしてピンチに。
…でもホントに重傷だったらドウするつもりや? と心臓がチリチリする。
やっぱり一時的に留まるのかなぁ、と想像。
それはそれで廃墟生活を見てみたい気がするが、彼女らには似合わないか(w
あと今巻では人の生活跡が多く残っているのが目立つようになる。
人が住んでいる気配というのが少しだけ有るンだよね、絵画とか水とか工場とか。
また生きている人出てくるのかなぁ? と想像するも、
終盤で一気に上へ行っちゃったから益々もって次の風景が予想つかない。

「白雪姫と黒タイツ」
書店によっては女子コミックコーナーにあったりで、どちら向けか難しいか?
まぁ百合コミックってどちらが読んでも間違ってはいないと思うが(w
…それにしても黒髪姫カット黒タイツは昨今の流行なのだろうか?
結構な割合で見かけるがコレもまたソウだし、私の好みです、ありがとうございます(w
内容は、転校生黒川美玲は自己紹介で失敗する。
小中高一貫校ゆえの疎外感はあれど、目つきの悪さと背の高さで浮いた存在に。
まぁ、いわゆるボッチ確定なのだが1人だけコチラを見てくれた人が居る。
白鳥雪菜、「清女の白雪姫」と呼ばれるカリスマ的お嬢様、手の届かぬ存在…
しかし、とある夕暮れに声をかけられ誰もいない空き教室へ。
何これ! 告白?
女の子同士のドキドキ?
そして手渡されるラブレ……じゃなくて、黒タイツ。
( ゚Д゚)ハァ?
聖女だと思った彼女は、変態黒タイツ女! 履かせる為に土下座してまでしやがった!
くそぅ、このときめきを返せ!
…と言った感じかと(w
まぁボッチ過ぎて、イヤなんだけれど構ってもらえるのが嬉しい美玲と、
まさに理想の黒髪スタイル美脚が目の前にいるのので欲望が抑えられない雪菜。
ギャグも挟みつつ仲良くしようとするギクシャク百合コメディで、個人的好み。
なにせ美玲の体つきがやたらとグラマラスで目が釘付けになる。
…まぁ女子でも欲望を抑えられないお相手がいたら、仕方が無いコトなのかも(w

Xz1p9100225

美人上司 滝沢さん (やんBARU)
異種族レビュアーズ (原作:天原 作画:masha)
恋愛ラボ 13巻 (宮原るり)

一言。
「美人上司 滝沢さん」
これまたオッパイ漫画。
1巻表記が無いが、今巻の売り上げ次第で2巻が出るのか? と邪推(w
ややポンコツ気味な姉さん上司と新人君のオフィスコメディ。
仕事は出来るのだが、ドウしてもその大きな乳房に目が行ってしまう。
人柄やコミカルな性格も良くて新人への面倒見も良いのだが、
どうにも会社の皆はそのオッパイに振り回されっぱなし…と言った塩梅。
セクハラへの線引きも難しいが、
これは個性と新人武田君は序盤に割り切っている節があるんで好印象。
また他人からのアレコレに対するフォローとかも出来て良いコンビかと。
おかげで美人上司さんのカワイイを目一杯楽しめるので結構気分が良い。
下手なエロスに走らなかったのが上手く行っている、と感じる。

「異種族レビュアーズ」
コチラも1巻表記が無いが、2巻は出るらしいと巻末にある。
上とは違い、こっちは直球エロスの剛速球(w
ウチ的には同人の「後輩の単眼ちゃん」作者という印象。
でもアイディアとしては「人外風俗マガジン」が先じゃ無いかなぁと言う違和感もある。
…それはさておき、
内容としてはファンタジー世界にも色街は当然ある。
そんで色事が大好きな輩も居るわけで、この主人公グループもそう。
しかし種族の違いでエロの好みも違うわけで、
人間は500歳のエルフが好みでも、エルフには50歳の人間の方が若いと語る。
…ああ? どっちが正しい性癖なんだこれ?
と言うコトで更に複数の種族で点数をつけてもらうことにしたら、驚きの結果に(w
異種族だからこその十人十色千差万別!
これは面白いぞとグループで風俗店巡り、そのレビューで一儲けも。
…と言った具合で、エロの多様性について想像の向こう側がくすぐられる!
途中からレーティングが変わったのか8割進んだ頃に乳首有り表記になる。
裸はあっても実行為は無いので種族ごとのエロスを見るには面白いかも。
しかしながら人型ばかりなので手足オッパイの形状はほぼ変わらない。
途中でハイエナ娘がケモっぽくてカッコ良かったが、複乳じゃ無かったしなぁ…
それと衝撃的だったのは低級淫魔の館!
…たぶん人は快楽の為に自殺する生き物だとシミジミ思う。
でも好奇心には勝てねーよね(w

「恋愛ラボ」
ようやくカップル成立と言ったトコロ。
もう十分に意識は向き合っていたと思うのだけど、
ちゃんと口にしなければダメだよね(w
…そう言った意味でも中盤のクリスマスコントは白眉。
男子組としては、意中の相手が自分のマネをすると思っていたけれど、
そうじゃなく自分モデルの役を褒める立場になっているところが素晴らしい。
まるで意中の子から、自分が褒められているような気分になる。
ソンで劇後のマキとヤンの遣り取りもジワッと感動した。
…でもこっちがこの物語は全行程のトリになるンだろうなぁ( ´Д`)=3
この続きが楽しみで、実に次巻が待ち遠しい。

Xz1p9100227

同人誌。

社会科見学シリーズ7 企業博物館に行こう!7 (TresPslus)
精神疾患擬人化本 x5 (鴨屋)
石灰石レビュー (東SOKEN/東相模原研)

Xz1p9100228

タケヲちゃん物怪録外伝 人魚の涙 (FUNKE LABEL)
おにくのほん (emo/玉置ロコ)
醍醐は餅憑き (emo/玉置ロコ)
ラベンダーフレーバーユニコーン (emo/玉置ロコ)
探偵島 (ジークンドー)
異類恋愛譚 (つみきの帝国)
BOSAKO wiht ANIMALS (臨終サーカス)

Xz1p9100229

MECAZUGI (もちほっぺ堂)
Doorbeetle Reco 2011~2017 (ドアビートル)
(Reco、「スターストリングスより」は無し)

Xz1p9100230

きょうの夜乃さん (魚械類)
せんたく夜乃さん (魚械類)
きょうの夜乃さん ~三杯目~ (魚械類)
(二杯目は以前購入、今回で再版がかかった模様でようやく入手)

Xz1p9100232

世界歴史性風俗漫画 Morals under a pagoda 《古代編・下》 (1000decillion) 18禁
世界歴史性風俗漫画 Morals under a pagoda 《古代編・上》 (1000decillion) 18禁
姉なるもの 5 (ポチ小屋。) 18禁
(写真内の配置間違えた、上下巻逆だ(w )

Xz1p9090181

フィギア

馬将戦姫 緋閃 1/5スケール スタチュー

|

« 「馬将戦姫 緋閃」のレビュー | トップページ | Depression Rites : normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

オタク」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日までの買い物 コミック、同人誌、フィギア:

« 「馬将戦姫 緋閃」のレビュー | トップページ | Depression Rites : normal condition »