« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2017年7月23日 (日)

今日までの買い物 コミック、BD

コミケの通販予約もボチボチ。 やっぱり人外モノばかり追っかけている(w
…正直、エロ無しの物が増えてくれると有難いのだが、コレばっかりは(苦笑

Xz1p7220117

コミック。

うたかたダイアログ 1巻 (稲井カオル)
ホクサイと飯さえあれば 5感 (鈴木小波)
ボッチ怪物と盲目少女 (寝路)

一言。
「うたかたダイアログ」
レーベルが「花とゆめ」なので男性陣は見逃しがちと思う。
しかしながら、女子向け“だけ”にするには勿体ないホドの面白さ!
表紙の絵柄からも解るように、ガンガンコミック系よりとっつきやすい!(タブン
ジャンルはレジ打ち系微ラブコメディになるか?
メインは高校生バイトのお二人、表紙の見た目そのまんま。
むしろそれ以上の説明が必要のないような装丁なので、内容も想像しやすい(w
ショッピングモール内のドラッグストアーでバイトする片野君と宇多川さん。
容姿言動が不良ぽいので片野君は客クレームにより注意されてばかり。
それをウマいこと茶々いれたり誤魔化したりでフォローする宇多川さん。
そこには理由があったのだけれども、それを切っ掛けにしてラブを意識しつつある…
しかしまぁ、まだケラケラ笑っていたい年頃なので、
これをサラッと流してボケツッコミを楽しンでいる未カップルの日常、と言ったトコロか。
ポンコツと言わないが、片野君にも宇田川さんもドコか欠けたところがあり、
その認識差が噛み合わなかったり合ったりを楽しむのもミソ。
餃子の皮を「誰が買うの」と笑う片野君、一家総出で作ると言う宇多川さん。
おでんの出汁を水筒に入れて外で飲む宇多川さん、
密かに購入した揃いのマグカップを思わず取りだしてしまい、
微妙な気分になりながらも本人の前で出汁を飲むハメになる片野君。
…だからと言ってベタ付かず、意識してもサラッと流す軽い関係がすごく(・∀・)イイ!!
ホント、出版するレーベル間違えているだろ! と思ってしまう(w
このコミックは女子だけに読ませるのはスンゲク勿体ないので、
書店で見かけたら是非に男子諸君にも手にとって頂きたいと思い!
もっと広まって欲しいと願わずに居られないホドのお勧め!!

「ホクサイと飯さえあれば」
作家としての道のりはまだまだ長いと言った塩梅だが、
それでもジリジリと進んでるところで、その頑張りを応援したくなる今巻。
このストレスを調理と食事で発散しているのは良いが、まだ大学生だよね? と心配(w
今巻でソノ手の描写が無いから進んでいるトコロと進まないトコロの差が気になる。
作中にもあったが20歳誕生日おめでとう! で食事の幅が広がるんだろうなぁ。
梅酒1杯で引っ繰り返る下戸のようだけれども、今後は小鉢系にも期待したい。
それと体調崩している時の視界描写に、部屋の中を金魚が舞う表現があった。
コレ、解るわー。
没頭していて目が回ってくると、
息苦しさを感じつつ視界の揺れが気持ち良かったりするンだわ。
この時に自分が漂っているような感覚はコレに一番近いと思った。
妙なトコロであるある! を感じてしまったが、この表現は見事(w

「ボッチ怪物と盲目少女」
カバー折り込みにある作者紹介の「人じゃないものと女の子が好きです。」って、
おもわず「お前はオレか!」と声が出た(w
誰もが恐れる怪物が、フトした切っ掛けで出会った少女は盲目だった。
盲目少女は異形の姿が解らないから孤独の怪物にも笑顔を見せる。
…しかし怪物は怪物であるコトを名乗れずに嘘をつく。
嫌われることが怖くて自身を旅人と偽った。
そして見えぬまま、偽ったままの優しくて心苦しい交流が始まる…
と言った感じのファンタジー百合(w
いい、すごくいい…
解ってくれる人は少ないと思うが、
作者巻末コメントにあったような、もっとエグい怪物の方が良かった、と言うのが欲。
…たぶんワニがモデルかと思うけれど、顔に顎っぽさがあって欲しいトコロだったけど、
ソレだと一般人はドン引き、目麗しい百合モノ好きに爬虫類はもっとダメか(苦笑
まぁ内容は葛藤しつつもひたすらラブラブなので、幸せ成分は目一杯補給、摂れる(w
ただ単に容姿だけの問題では無く、怪物ゆえの隔たり、葛藤、罪にも苦悩する姿…
((w´ω`w)) いい、すごくいい。 実に人外!
その隔たりも踏み越える気持ちが愛なのだろうが、少女の好奇心も強いか(w
個人的に好きなのは「幸せそうに笑うところが好き」と盲目少女が語るところ。
幸せは目に見えないけれど、感じ取れる強さこそが真実だと思う。

…以下、個人的な思い。
我が家のフェレットや這いずり物の身体を見たりすると、
子の様な尻尾が太い人外や、爬虫類系の人外については、
背骨の延長線上に尻尾があって、立って行動する人型になったとしても、
頭蓋、脊髄の直線から外れず真っ直ぐ下にあって地面と接触するのでは? と思う。
すなわち、足は下に伸びるのでは無く、前方斜めに配置されるのではと…
人間で言うと背を伸ばしたまま腰を落としたような姿勢に。
膝が中心線よりも前に出るという状態が正しいのでは、と考える。
…では、尻尾は?
となるが、コレは3本目の支柱として発達する、と言うのが個人的考え。
尻尾も用いた3足歩行にナルのでは無かろうか? と。
そうで無ければ猿のような尻尾になると思うんだけれどなぁ…どうでしょ?(w

Xz1p7220121

BD。

小林さんちのメイドラゴン 5巻

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/65570763

この記事へのトラックバック一覧です: 今日までの買い物 コミック、BD:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »