« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2017年1月29日 (日)

今日までの買い物 コミック、書籍、同人誌

前回は雑誌のみで買い物記事を休んだが、今回は多くて出費もドン(w
…それとC91系はそろそろ終わりかと。 コッチは少なくなってきたが悪くは無い。

Xz1p1290033

コミック。

春と盆暗 (熊倉献)
不登校の日常 (久遠まこと)
学園塔に魔女はオドる 1巻 (シバユウスケ)
猫とごはんと装丁家 1巻 (私屋カヲル)

一言。
「春と盆暗」
実際こんな人いたらメンドくさそうだなぁ、と思うけれど、
ちょっと付き合ってみたら楽しいかもシレンよ? と言う話、かな?(w
各話共々、中心人物は突拍子の無い会話と行動をしているのだけれども、
私としては意外にソレがピタリと脳にはまっていく感じがする。
説明しにくいが、普通のコトをちょっと変な見え方で想像するのが好き。
感情は素直なんだけれど、考え方がひねているンだと思う(w
そう言うのが当てはまる人には、ピタッと貼り付く感触があると思うワ。
…万人にはお勧め出来ないが、個人的にツボ(w
「不登校の日常」
残念ながら「脱出」というコトでは無いので、読後もフラストレーション溜まる(w
原因とか関係無く、ただただ不登校の時はコウして過ごしていました的なギャグ。
会社に疲れて休んでいます…とは違うので笑う前にモヤッとした感情がクる。
コレを支持する層も不登校経験者なのかなぁ…
ネガティブを前面に出して、ソレを笑え! というのは個人的に合わなかった。
「学園塔に魔女はオドる」
昨年ごろから流行始めた魔女物だが、コレは個人的に面白かった。
ちょうど深夜アニメで「リトルウィッチアカデミア」が放送されているが、
この時間帯にしては子供向けし過ぎやしないか? と思った人ならコッチをオススメ!(w
魔法の源は感情、学園内はポイント使用での行動制限。
ポイントは課題等で得て、ポイント使用で試練受けることができ、
試練をクリアして塔を登り、年次ごとに一定の階層をクリアーしていなければ退学…
明確なルールと目的があって理解しやすい。
そして偶然同じ寮の部屋になった少女4人組が、
知恵と勇気とお笑い、ホンノリ色気も有りで先を目指すといったトコロ。
個性的なキャラの掛け合い漫才もテンポ良くて気持ちの良い笑いが出る。
…そろそろ試練と感動がシンドクなってきた方々にオススメ(w
「猫とごはんと装丁家」
何となく手にしてしまったので、衝動買いしたコミック。
売れっ子のデザイナー、経歴が凄い事務のお姉さん、仕事の出来るチャラい編集。
彼らの人間模様と時々猫、ごはんが人を潤滑に動かしている、と言った感じか。
…と言うかこの1巻に色々詰め込みすぎて人間関係は深いが、キャラが軽い。
何となく気になる事務員のあさこさんについては、その素性がサッパリワカラン。
いや、こういう人はミステリアスな方がイイのか(w
ソレと作者のクセとして、微妙な性の話を絡ませてくるので少し注意。
ネタバレになるから何が? と言うのは読んで確かめてみ?

Xz1p1290034

ふるまぷら 2巻 最終巻 (クール教信者)
ご主人様と獣耳の少女メル 1巻 (伊藤ハチ)
さよなら、またね。 (優)

一言。
「ふるまぷら」
この程度の尺でちょうど良かったかも。
この手の日常系を延々やられると時空が固定される(w
プラカードガールな真と、コミュニケーション過多で突っ込み気質の京。
ソレゾレに問題もあって、この事を克服しようという意思がある。
そう言った成長を見られるのが今巻だが、まぁ友情の先へも行くようになるわなぁ(w
ラストはお約束の展開だが、むしろ王道であって美しく終わったと思う。
「ご主人様と獣耳の少女メル」
獣人がいて、法的に保護され、人間社会で生活を共にする、ちょっと幻想的な世界。
とは言え主人公のメルは施設でも落ちこぼれと呼ばれたドンくさい娘(w
…彼女を引き取った、人嫌いの女主人には誰でも良かったのかもしれないが、
これがまた相性ドンピシャで、甘々な感じに(´∀`*)ウフフ
一応、メルは生活を同じにするという立場で身分的な物は無いのだが、
逆に何も無い自由と言うことに不安を感じ、
使用人のお婆さんと共にメイドをすると言うことに。
確かに鈍くさいが根は働き者、好奇心だってあるが気弱さの方が勝つ。
その愛らしさには堅物であっても目尻が下がるというモノ…いや釣り目ゆえ損してるか(w
女主人の思う気持ちが次第に大きくなっていくのが良く解る。
絵の綺麗さ、仕草の可愛さなどで気持ちが和むこの作品、疲れているアナタにどうぞ!
「さよなら、またね。」
フルカラーの優しい話、短編集。
正直、「コレ卑怯だなぁ、いい話じゃんかー」と感情の揺さぶりに悔しがったり(w
個人的には前髪パッつんの話が好き、と言うか卑怯だ!
こんな可愛い話を見せられたら悶え苦しむだろうがぁー! うわー!(ゴロゴロゴロ...

Xz1p1290035

教えて!ギャル子ちゃん 4巻 (鈴木健也)
森田さんは無口 12巻 (佐野妙)
あっちこっち 7巻 (異識)
しょーがくせいのあたまのなか 1巻 (石見翔子)

一言。
「ギャル子ちゃん」
今巻は映画関係のコトが多め。
影響されると言うよりは、誰かと語りたいというのは良く解る。
でもソレはオタクの第一歩じゃ無かろうかと思うのだが、オタ子的にはドウなんだろう?
…あとなんだか裸描きたいというのが目一杯現れているように感じる。
個人的には脂肪より筋肉の在り方に興味があるのだが、作者の趣味には逆らえない(w
「森田さんは無口」
コレだけ長く続くと内容が安定するのは理解するが、
変化が無いと言うよりは、話が古くさいと感じてしまうのは自分だけか。
1巻の頃から作中年代が変わっていないとなると、10年前が基準となるのかも。
…学生なんて何時の時代も基本的に変わらぬモノ、と考えればソウなのだろうけれど、
さすがに昨今の漫画と見比べているとドウにも気になる。
「あっちこっち」
コッチもアレだ、話の展開に古さを感じる。
それとノベルゲー立ち絵のようなキャラの見せ方も気になる。
…さらに前巻からの2年以上経過しているモンで、
内容とキャラの個性が思い出せないorz
もしかすると2巻以降をシャッフルして読んでも違和感無いのじゃなかろうか…
「しょーがくせいのあたまのなか」
ばか、はらぐろ、のうてんき。
中高生であっても良いんじゃ無いかと思ったが、絶対にコレは小学生だ。
さらに内容的にもヒドいコトがテンコ盛り(w
さすがにシモトークでドン引きさせるようなモノは無いが、
巻末作者がNGがーと言う内容を記していましたから、モトはもっとヒドかったのかと(w
…あと小学生がバルクって筋肥大を喜ぶな! 夢が壊れる!
それと学校でパルクールもヤメレ! ヤリたい気持ち分かるが見てる方が怖い!(w

Xz1p1290037

雑誌。

BIRDER 02 Vol.31

Xz1p1290038

同人誌。

人外春漫 10 (肉ドリル) 18禁
ケモッ娘ラヴァーズ 7 (迷い猫) 18禁

一言。
「人外春漫」
コミケ時期になると楽しみで仕方が無いのが、人外春漫。
今回もラブラブでヨロシイ(w
指先の感じからトカゲ娘と見受けたが舌が青いからアオジタ娘かな?
前よりも背中の表現が好きで、横腹の艶めかしさと足腰尻尾の肉付きがエロい。
やっぱりこの程度位に人から離れている人外デザインは好きだなぁ(w
もそっと離れていてもイイ、顔とか。
でも人の方へ近付くはダメだ。
他作品のようなオプション的耳尻尾でごまかすのはアカンと思う(w

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/64823971

この記事へのトラックバック一覧です: 今日までの買い物 コミック、書籍、同人誌:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »