« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2016年12月18日 (日)

今日までの買い物 コミック、雑誌

12月3週目はコミック多めな上、その内容も濃くて読書に時間がかかる。
…喜ぶべきトコロなのだろうが、日曜の昼間ズウッと読みふけって、何もしてねぇ(w

Xz1pc181975

コミック。

たくのみ。 3巻 (火野遥人)
小林さんちのメイドラゴン 5巻 (クール教信者)
セントールの悩み 14巻 (村山慶)
魔女のやさしい葬列 2巻 (黒釜ナオ)

一言。
「たくのみ。」
見た目に楽しそうなんだが、
飲み食いに隠れて、残念女子の巣窟って言う気がする。
まぁ飲食もストレス解消の手段ではあるが、
食事が充実していると満足度高くなって、シェアハウス卒業で来やしないかと心配(w
「メイドラゴン」
現代社会の日常で溶け込む様にドラゴンが暮らすと言うより、
異質が浸食しすぎてファンタージの中に現代社会がひっそりと息づいている感じ(w
押しの強いキャラばかり増えているから、仕事とか生活感とか見えてこないんだよね。
…たぶん振り回されているキャラが居ないからかも?
皆が一応に疑問も無く受け入れているところを、むしろ異質に感じる。
ナンかコウ、色々と驚いて慌てているキャラが少しは欲しい! と思うのは贅沢か?(w
「セントールの悩み」
世界規模、さらには宇宙規模で話がややこしくなってきている(;´Д`)
むしろ姫ちゃん達のフワフワした話が少なめで、本当に癒やし的存在に。
…しかしまさか、前巻の宇宙キノコが大きく絡んでくるとは思いもしなかった。
もう少し内容が解りやすい構成ならば読むのも楽なのだが、次巻も楽しみですわ。
「魔女のやさしい葬列」
ホラーですな、マジで。
日本の祓魔的なモノでは無く、血肉を持つ純然とした怪物。
…跳梁跋扈する霧の都ロンドン…ああ、すごくいい(恍惚
それと今巻から出てきた女性だが、バソリー婦人とは恐れ入った。
ガチな人だから、ヤバさが嫌でも滲み出てくるわ…

Xz1pc181976

乙嫁語り 9巻 (森薫)
ふしぎの国のバード 3巻 (佐々大河)
ODETTE 3巻 (日当貼)
サンタクロースの候補生 1巻 (染谷みのる)

一言。
「乙嫁語り」
何と言ってもパリヤさんの百面相。
メチャクチャ悩んでアタフタしているところが可愛げ(w
まさに乙女が嫁になる話だよね。
彼女の場合、悩みながらも前に踏み出していくところに好感が持てる。
是非是非幸せになって欲しい。
「ふしぎの国のバード」
…日本人が知らない日本だよね。
当時の庶民文化や風俗、迷信など高校レベルの教育では無かったし、
新潟が思いの外に栄えていたことも初めて知る状況…
いや自分が知らないだけなのか?(w
…それにしても今巻は食についてのこだわりも凄い。
むしろ新潟だったから食文化も豊かだったのかと思ってしまう。
まぁもっとも料理も一流な鶴吉が多彩すぎるのだろうが。
あと笹団子は私も好き(w
「ODETTE」
彼女さんにしても猫彼氏にしても、こういう人見たことあるわ! と言う安心感(w
そこまで表情出さないにしても楽しそうな男性と、コロコロ笑う女性。
何と言うか老齢のご夫婦に多く見受ける様な気がするが(w
それにしてても彼女も猫彼氏の表情が幸せに溢れていて、見ていて飽きない。
この妙に中毒性のある魅力は何だろう? ふしぎだ。
「サンタクロースの候補生」
これはチョットスゴイわ、感心する。
各地への慰問に訪れるサンタクロースのお話だが、
ファンタジーでは無く、公認サンタクロースのリアリティーのある仕事模様。
サンタだから、サンタという空想の立場だから見える世界があるコトを示してくれた。
こう言う自分が知らない世界を垣間見ると心が豊かになる。
12月だからと言うワケでは無いが、これは多くの人に読んで貰いたい。
個人的に強くオススメ。

Xz1pc181977

現代魔女の就職事情 3巻 (原作:相澤沙呼 漫画:はま)
姉なるもの 1巻 (飯田ポチ。)
のみじょし 3巻 (迂闊)

「現代魔女の就職事情」
魔法が使えるからと言って、何でも出来るわけでは無く、
可能なこと不可能なことを理解して貰う方が難しいのだろうと思うが、
禰子ちゃんについてはポジティブに正直すぎるところがあるからトラブルにもなる(w
だけどドンドンぶつかっていって失敗しても、ちゃんと成長しているところが羨ましい。
魔法に頼ったらいけないこともある…それを今後はどの様に判断していくのか?
…とは言え次の話でいきなり失敗するし(w
終盤はかなりシリアスになるがコチラの困難も無事乗り越えて欲しい。
「姉なるもの」
シュブニグラスのオネショタ。
…元は同人エロだが一般向け商業用にソフトになったモノ(w
個人的に邪神時のデザインが大好き。
内容についてはノーコメント。
だってクトゥルフ神話の結末はバッドエンドであって、ハッピーは邪道だし(w
「のみじょし」
酒に飲まれている漫画は多くあれど、
酒が飲まれるコトを喜んでいる様に見える素敵な漫画(w
ご託も蘊蓄もなくて、シンプルにソノ飲みっぷりで惚れ惚れするし、
キャラごとの個性的な表情も凄く良くて、実に食欲をそそる。
あと今巻もソノさんカッコイイ! 
テキーラの飲み方でみっちゃんとの対比があって、これはホントずるいと思ってしまう(w

Xz1pc180007

雑誌。

BIRDER 01 2017 Vol.31

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/64641194

この記事へのトラックバック一覧です: 今日までの買い物 コミック、雑誌:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »