« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2016年11月21日 (月)

Depression Rites : normal condition

自分はnormal conditionなのだが、黒鼬神様のチェロはyellow condition…
…いや、実際のトコロ良く分からないと言うコトでiridescent conditionなのかも(;´Д`)

23時半就寝、1時覚醒、3時覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、4時間。

朝。
日中に眠った影響か夜は眠りが浅いまま。
しかし中途覚醒が多かったけれど、水分補給は1回のみでトイレも行かず。
3時頃までは布団に包まっていたんだが、それ以降は蒸して布団を捲っていた状態。
11月後半はこんな感じだっけ? と疑問に思う。

通常起床通常行動。
月曜日から忘れ物無いようにとアレコレ確認していたらあっと言う間に時間が過ぎ、
慌てて着替えてバッグを引っ掴み玄関に向かう次第。
…この時に靴紐が上手く結べなかったようで、
出勤時は右靴のユルさに違和感を感じてドウにも落ち着かない一週間の出だしとなる(w

仕事。
点検物件が入ってこないので、修理物件を集中的に行う。
幸運なことに大きなメンドウごとが無くスルスル作業が進むが、
如何せん数が多いもんで、退勤時間までにコンテナ1つ分を片付けるのがやっと(;´Д`)
まだまだ先は長い(w

帰宅。
帰着。
即、黒鼬神様のチェロを病院へ連れて行く。
フェレットを連れて夜の車移動は久々、チィーナさん以来。
あの時に比べたら切迫感は軽い。
…生死を分ける車移動、と言う緊張感はあの時だけであって欲しいが、
いずれは同じようになコトになるのだろうと覚悟しつつ慎重に車を走らせる。
ちなみにチェロは車中で自由にしていたのに温和しかった。
チェロは見知らぬ場所に対しては怖がりだしなぁ…
そして雨の中、おおはし動物病院到着。

到着直前の待合室は空いていた。
受付後、暫し待って直ぐに診察開始。
先生は背と腹を見て「コレは変だ、超音波やろう」と。
確かに昨日よりもお腹の方は毛が抜けている。 と言うか皮膚のピンク色が目立つ。
そして直ぐにエコー室へ行き、体内を診た。
…しかしながらチェロの副腎様は通常サイズで癌化は見受けずとのコト。
とりあえず手術等の急を要する状態では無いらしい。
そうであってもコレだけ毛が抜けているのは明らかな異常であると判断された。
特に気になっておられたのは、乳首。
オスなのに、少し目立つような腫れと発色。
…副腎から出るホルモンバランスに異常があるのかも、とコト。
相談の後に、まずは発毛させる方向で治療しよう、と今後の方向性を決めた。
よって酢酸ニュープリンの注射と、1日1回の内服薬で様子を見ることなる。

…診察直後はチェロも落ち着かなくてバタバタしていたが、
移動中はキャリーバグで丸くなり温和しくしていた状況。
外部刺激に対する高揚感はあるモノの体力が追いついていない様に見受ける。
…もしかすると随分前から不調だったのかもしれないなぁ…
自分の観察力の悪さに落ち込みつつ、雨の暗がりを帰路につく。
しかし、抜け毛はここ数日であることは確かだし、
お腹の毛は昨日の予防接種の時には全く問題無かったと記憶している。
偶然とは言え、このタイミングだったことは不幸中の幸いなのかもしれない。

2度目の帰宅。
チェロも私も疲労でグッタリ(w
色々思うことあるけれども、今夜は静かに休みたいわ( ´Д`)=3

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/64525236

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »