« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2016年1月13日 (水)

Depression Rites : normal condition

久々に寒いと感じる刺激が今朝からやって来た!
…それは1時間毎にクる激しい尿意である内な刺激の気温と言うコトで(w

22時半就寝、1時半覚醒、3時覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、6時間。

朝。
昨晩は久々に寝ていて「チト寒い」と目が覚めた状況。
床から寒さが上ってくる感じがあって、部屋の空気にも下側に寒い層が出来ている。
温度計はリビング1m高さの場所にあって16℃を表示していたが、
横たわる限りにおいては「ンなハズが無い!」(w
部屋の空気をかき混ぜればまた違ったコトになったかと思うが、
風呂のお湯も部屋の大気もその性質に大差無いなぁ、とボンヤリ思ったり(苦笑

通常起床通常行動。
それでも屋外に凍結は見つけられず(´・ω・`)ショボーン

仕事。
午前。
月前半の点検物件をようやく仕上げる。
この作業自体には面倒ゴトは無かったのだが、
突発的な修理作業が複数あったりで、コレばかりは仕方が無いと思うに至る。
…いや、やっぱり言い訳かもシレン(;´Д`)
もう少し上手い方法が有ったはずだと悩むばかり。
午後。
昨日の件が出戻りorz
リテーニングリングを取り付ける溝を修正してもドウにもナラン模様。
金属摩耗だけはイカンともし難い(´Д⊂ヽ
それゆえ方向性を変えて、蓋を押さえつける蓋を追加するという改造へ転換する。
…で、
切ったり、削ったり、孔開けたりの作業において自分のスキルは、
コノ手を専門にする人よりもやっぱり劣るなぁ、と実感する次第(;´Д`)
見た目はソレなりに作成することは出来るが、時間が掛かりすぎる。
無垢材にネジ穴2つ作るだけで1時間近く掛かるとは…
ネジ穴をタッピングするさいに必要なドリル径がパッと出てこない…
さらにタップ立ての垂直を出すのに手間が掛かる…
そもそも、その穿孔は垂直だったか?
…修理、組立などの作業は常日頃から行っていたが、
部品製作はと言うのはタマにしか行わないモンで、
作業手順を一つ一つ確認しながらじゃないと次へ手が動かん。
迷いながらやっている状況じゃダメだよなぁ…
コノ手のセンスも磨ければと思うのだが、年に数回程度なれば仕方なし(;´Д`)

帰宅。
帰着。
腰と膝がギューッと痛む。
気候の変化のような気もするが、疲労のせいかもしれない。
いずれにしろ心身共に余裕無いので、このまま早めに休むことにする。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/63062081

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »