« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2015年10月27日 (火)

Depression Rites : normal condition

今日最大の驚きは漫画家の宮田紘次が34歳で亡くなったという、訃報。
…「犬姫様」「ヨメコレ」を相次いで完結させた後と言うのは、何かの偶然と思うが。

22時就寝、0時半覚醒、2時覚醒、5時起床。
睡眠時間、6時間半。

朝。
昨晩は疲労で急激に眠気がきて、早々に布団に潜り込む始末。
数度の覚醒はあったが、2時頃までは布団に沈殿していた(w
しかし2時以降は眠りが浅くなり、グダグダで4時過ぎには寝疲れしていた次第。
とりあえず5時起床、低血圧で暫く動けず(;´Д`)
…今朝は面倒ゴト少なくてドウにか慌てずにスンだ。
月曜日だったらシンドかったかも。

出勤。
ウチを出て駅に向かった5分程度で、消防と救急のサイレン。
私が交差点を渡り終えた後に緊急車両が通り抜け、目の前の角を曲がっていった。
Σ( ̄□ ̄;)何事?
と思えば、向こうの駐車場近くのT字路付近で手を振っている人あり。
おおよそ車の事故で閉じ込めでもあったか、と予想する。
しかしながら通勤路とは離れており、野次馬せずに真っ直ぐ駅へ向かう。
周囲の人達も同様に目的地へ向かっているのだが、コレが100%事態…
…無関心であるべきなのか、駆けつけるべきだったのか?
野次馬では無く、純粋に人助けの為に走るとは為らなかったから、チト悩むトコロ。
…その昔、
仙台駅で通勤時間帯に階段からコケて転んだ女性が階段下でうずくまり、
その脇を全ての人が通り抜けていったが、
混雑集団最終列にいた自分がようやく助け起こして駅舎へ連れて行った経験がある。
…あの時の集団心理としての無関心、誰か助けるからオレは関係無い、
と言う気持ちが通勤者に100%だった事へ恐怖した憶えがある。
人は大義名分があれば優しさを殺す。 …そう思った浪人時代の人間不信。
…それで、
今朝方の救急サイレンを聞いた時に何が正しいのか解らなくなった。
救急が駆けつけたなら、素人は必要ない。
…しかしもしかする、手助けする余地は有ったのかもしれない。
無視するよりは、野次馬の方が人間性としては正しいのだろうか? と。

……結局、その答えを得ぬまま、電車に揺られる。

仕事。
今日も変則的スケジュールで仕事が進む。
…コレがドウにも余裕が無く、
常にバタバタしていつから1つの事に集中できずメンドイ。
修理物件のトラブルシュート中に長い時間離席するハメとなると、
思考がブツ切りにナルモンで作業の質が落ちてホントにメンドイ(;´Д`)
とりあえず明日までと言うコトなので辛抱するところなのだが、
もう少し良い方法は無い物かと憤るが、σ(゚∀゚ )オレ1人だけなのでドウにもナランorz

帰宅。
訃報を知り、愕然。
宮田紘次は「ききみみ図鑑」を読むべし、そして今こそ慟哭せよ。
私は氏への哀悼を表し、今夜は灯りを消す。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/62561133

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »