« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : under normal condition »

2015年4月 5日 (日)

今日までの買い物 コミックと書籍類

…今月のコミック購入予定は15冊程度。 無論衝動買いは増えると思う。
しかしながら人外増えたなぁ~ そろそろ金属皮膚のメカっ娘も増えてきて欲しい(w

Xz1p4051327

コミック。

血界戦線 10巻 (内藤泰弘)
魔界から来たメイドさん 1巻 (さくらえび ちま)
人外な彼女 (高橋葉介)
下水街 新装版 濁淦 (堀骨砕三) 18禁

一言。
「血界戦線」
カバーの折り返しにファーストシーズン終了とある。
一冊丸々レオくんの話になるわけですが、紅潮血涙するほどカッコ良く上手く纏まった。
ソンでもってアニメ化ですが、もしかするとこの話までやりそうだ、と予測。
…いや、まて、コレをホントに映像にするの? 
マジで鳥肌立ってきた! 絶対見たい!
「魔メイド」
身体が壊れても代用品で修復し、元の状態に戻れる悪魔のメイド。
たぶん「悪魔」は所属であってそう言う特殊なメイドととらえるべきか。
世の不思議系ヒロインの例にもれず空から降ってくるわけですが、
ホントに降ってくるだけで、飛べず、浮かず、受け止める人も無く見事に墜落。
頭からイかなかっただけでもまだマシだったかという状態で、左目がボロン(|||゚Д゚)ギャー
そんな凄惨な状況で、いや大丈夫だから、と代わりに小石を眼窩に突っ込み、復活(w
…そんな魔界から来たメイドさんが器用なハズも無く、(訂正:私の認識違い(´・ω・)スマソ)
人間界の常識を試すようなご奉仕で、血生臭い(生食的な)毎日へ変貌する。
…いやまぁ、巻き込まれ型主人公と言えども、
グロを見ても動じない五十嵐くんの鉄の神経のほうがビックリだよ!(w
「人外彼女」
スンゲク久々の高橋葉介。
どんだけ久しぶりかというと「メディウム」以来か(w
…いや買わずともあちこちで漫画を読んでいた記憶があるから、
それほど古い記憶では無いハズだが、
ストーリーも絵柄も完成されて変わらないなぁ、と言う印象がある。
細かいこと言えば、この本だって目や表情など現代風にアレンジがあるのだけれど、
グロテスクな部分と女体の艶めかしさは手塚治虫のそれっぽい感じ。
なんだか読んでいて懐かしさを憶える(w
特に好きな話は「鮫少女はじめました」
初め主人公に食らいつこうとして鮫に変化する表情は至極醜いのだが、
不意にキスされた後、再び寝込みを襲って食らいつこうと変化した鮫の表情が、
殺すことをためらい苦悩する少女の表情であり、まさしく化け鮫なのだが女の顔なのだ。
妖怪と言えばそうなのだが、コレこそ人外だよね、と感動する次第。
…なお、この話は悲劇なので黙して読むように。
「濁淦」
コレまた久々の成人向けコミックだが、堀骨砕三、超絶人外(w
内容は昔に出ていた「下水街」にインタビューと設定資料集、5ページの4コマを追加。
もとの本が2002年とかなので絵柄は古いが、内容は今見てもヤッパリ強烈。
…取り合えず堀骨ファンと、一線越えてみたい願望の人向けと言うべきか(w

Xz1p4051328

図鑑。

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑
色で見わけ五感で楽しむ 野草図鑑

一言。
散歩していると、コレなんだろう? と思うこともあり、
手っ取り早く何かを知りたい時には手元に図鑑があると便利かなぁ、と。
スマホの時代であるが、カバン忍ばせて使いたいのはやっぱりコッチ(w

Xz1p4051329

雑誌。

dancyu 2015.5

 

|

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : under normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/61392719

この記事へのトラックバック一覧です: 今日までの買い物 コミックと書籍類:

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : under normal condition »