« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2015年3月 4日 (水)

Depression Rites : normal condition

…昨晩0時頃に地震があったらしい。 地元は震度3とか。
揺れで覚醒したが音も無く目眩している程度で、ウチのところの地盤は強いのか? と。

22時半就寝、0時頃覚醒、2時覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間程度。

朝。
…深夜0時頃の地震があったらしい。
震源地は岐阜県美濃地方で、ウチからかなり近いはず。
それでも我が家は目眩程度の揺れだった感じがする。
…もしかしてピークが過ぎてから目がされたのかもシレン。
何にせよ落下した物が無くて被害が無かったことに胸をなで下ろす。
しかしながら、鼬神様方々が遊び回った状況だけは目を覆うばかりだが…
…誰だ、眼鏡を机から落としたあげくに、鼻汁いっぱい付けたヤツは! (w

仕事。
幾つか予定が変更になったので、
初めから最後まで修理物件を攻めてみた。
…が、
結果として不具合事象は難しくないが、作業自体がメンドウな物ばかりで時間がかかり、
想定していた量よりも1つだけ手つかずのまま終業を迎える。
全体的な量としては普段の2倍は頑張ったのだけれども、
目標には届かなかった状況に疲労感倍増しの2乗3乗(;´Д`)
…修理って、蓋を開けてみるまで幾つダメなのか判別つかないところが怖いorz
金属は劣化しにくいが、ゴム系の経年劣化はイカンともし難く…

帰宅。
昼間は暖かかったが、夕方になってから急に風が強くなり、至極寒い。
最寄り駅に降りたって、ウチに向かう途中に大きなマンションがある。
その天辺にカラスが集まっていた。
高いところほど風が強くて屋上に留まるのは至難の業かも知れないが、
そのカラスの集団は強風に煽られたあと、同じ場所へ戻るようなゲームをしていた。
特に避雷針先端への攻防は面白い。
1羽のカラスが頑張ってキープしていたところ、
突風により煽られ、そのカラスが風下へ浮き上がり流される。
カラスは一生懸命にバランスをとり羽ばたきはするモノの、
風の方が強いから結局は避雷針先端から下流へ離れるしか他に無い。
…それを見ていた他のカラスが我先に! 俺が次! と避雷針先端に止まろうとする。
強風に煽られながらフワフワと椅子取りゲームのように先端天辺を奪い合うが、
飛ぶ力の強い1羽が頂上を奪取し、残りは風に煽られて残念無念に流される(w
…そして、
頂上のカラスが次の突風でその位置を明け渡すまで、
マンション屋上縁の下でカラスたちが次のポジション争いをしている…

……交差点の信号待ちで何となくボンヤリ見上げた曇り空だったが、
カラスの集団行動における遊びというのを驚きながら感心しつつ眺めていた。
むしろ正直、面白い(・∀・)イイ!!
まぁ、信号待ちだから1、2分の出来事なのだけれども、
心底カラスとお友達になりたいと思った次第(w
個人的にはイルカなんぞより、カラスの方が可愛いと思っているσ(゚∀゚ )オレ変人か?

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/61230175

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »