« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2014年10月 9日 (木)

Depression Rites : normal condition

修理のトラブルシュートで原因が分からず、げっちゃ悔しくて残業になる。
…結論、ベアリングとグリースは要注意。特にグリースを慎重に使わんとドツボに填まる。

23時就寝、3時覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間。

朝。
目は覚めるが、起きられん(;´Д`)
疲労感から四肢が弛緩したままで、身体動かすのがスンゲクしんどい。
メンタルまでも「休みたい休みたい」と囁くのだが、現実問題、無理なモノは無理。
ソファーで30分のアイドリングを経てから朝の行動を開始した。

仕事。
午前、点検物件の仕上げを半分費やし、残りで至急の修理部件をドウにかスル。
修理物件は以前にも同じ不具合で作業したコトがあるのだけれども、
「時々止まる」と言った、再現がスンゲクメンドウなトラブルで、マジ困る(w
ソレでも可能性のある箇所を点検し、2度ほど不具合を再現させた。
…それ故、今回こそドウにかなったと思うが、使用環境によるモノも有るかもしれない。
日々の潤滑、とても大事。
午後。
昨日の続きな修理物件をようやく始めた。
…しかしながら原因究明が超絶困難で、1つの部品が悪い! と言えない状況。
とにかく虱潰しに「疑わしきは、交換!」とやっていったら、
元の部品が無くなった次第(w
一体何が悪かったのかサッパリ分からず、
再び悪い状態に戻して、更にトラブルを精査していくような胃の縮む作業へ(;´Д`)
おかげで、正常な物品まで分解し始め、
その正常、異常を2つ並べて何がドウ違うのか見比べ始める事態にまでなる。
…大まかにベアリングとグリースが原因。
グリスは基本的に混合して使わない、組み合わせによっては焼き付く。
開放型のベアリングは外からの異物が入りやすいので、新品でも油断ならない。
…たぶんこのヘンを注意すべきだったのだろうなぁ…
無論、金属部品の摩耗によるガタ付きも不具合原因の一つであっただろうが、
とにかくドウにかナルまで頑張った。

帰宅。
余裕無し、色々とシンドイ。
疲れているはずなのだが、
脳味噌の火が燻ったままでサッパリ眠気が訪れやしない。
…何と言うか、達成感とか満足感が無いことが原因なんだろうなぁ。
帰宅してからも、あの可能性、この可能性、と脳裏に浮かんでしまう。
…自分の中に納得のできる答えが見つからなくて、
この程度で妥協しよう、と諦めで区切りを付けたから、モヤモヤが残るのだろう。
早く忘れてサッサと寝てしまいたいが、サテハテ(苦笑

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/60451271

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »