« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2014年9月10日 (水)

Depression Rites : normal condition

ウチの工場は水曜定時で、その後1時間もすればほぼ真っ暗になるのだが、
ウチの職場は繁忙残業で、その後2時間がんばったら周辺が静かすぎて、妙に興奮(w

23時就寝、3時覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間半。

朝。
通常起床通常行動。
疲労が残るかと思っていたが、ウマいこと解消されたみたい。
…たぶん、筋肉痛は2日越しのオッサン肉体ゆえに、鈍くて未だ感じない程度のコトかと。
おそらく11日早朝に「ひぎぃ!」が来るかと思われる(w

仕事。
繁忙。
点検物件をひたすら淡々とスペックインになるように手を動かす。
目標とするところはドレもコレも同じで、
状況に応じた様々な手段を用いて満足する結果を得ようとしている。
…なんだか何かに似ているなぁ、と思っていたが、
一番近い状況がロールプレイングゲームのレベル上げ(w
敵の出現パターンは数種類なのだが若干のランダム要素が有るモンで、
脳味噌の一部を麻痺させつつ若干の状況判断を保ちながら、
半自動の脊髄反射的に延々と雑魚モンスターを狩っていく状況に、アレが似ていた(w
…ただし、仕事の場合は進捗のパラメータが視界に表示されんのよね。
今対峙している点検物件が、
後どれだけ手順を踏まえれば攻略可能かと言うのがサッパリワカラン。
…ホント、雑魚っぽい感じで、実際にかかった作業はボスキャラ並だったとか(;´Д`)
まぁしかし、同じ物を連続で続けていると、
脳内にヤバくて変な汁が分泌してくることを感じるヨ(苦笑

ウチの工場的に水曜定時日なのだが、
切羽詰まっている状況なので、ウチの職場は残業続行。
ハンガー内が時間が経つにつれどんどん照明が落とされていき、
気が付けば周辺全て真っ暗で、余計な音も一切しない。
そんな中、ウチだけが電灯と駆動音と、オレの愚痴まみれな独り言が響く。
…むしろ通りがかる人々が「何でココだけ帰らんの?」と心配して覗き見る状況。
いやぁ(;´Д`) 別にバツ受けて、居残り宿題やっているワケじゃねぇんだから(w
それでも奇異の目で見られるのは仕方なし。

それよりも、無音のハンガーに1人。
ぽつんと残った照明の下に作業をやっている気分は、
なんとなく「死滅した世界に1人生き残った」みたいなテンションでハイ!(苦笑

帰宅。
疲労でメンドウになり、スーパーで総菜を買って夕食にする。
しかし刺身盛り合わせを買い、それを食したのだが、
十数分後に両腕の肘近くに蕁麻疹がボコボコ出る(;´Д`)
…あ、やば! と思ってスグにムヒを塗り、痒み自体は抑えた。
それはそうと、今年に入って食物によるアレルギー反応が出るようになった。
去年は全く無かったのだが、なぜだかここ最近は多くて目立つ。

…色々と身体的な許容が一気に狭まってきたのかも…
そう考えるならば、毒素分解の主軸たる肝臓が弱くなっているのかもシレン…
歳のせいか、それとも酒のせいか…サテハテ(苦笑

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/60295082

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »