« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2014年8月20日 (水)

Depression Rites : normal condition


…さすがに体温と同じ気温にナルとは思わなかった⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

23時半就寝、2時半覚醒、3時半覚醒、5時起床。
睡眠時間、4時間半。

朝。
眠りが浅いのは何時ものコトだが、昨晩の覚醒は鼬神様方々によるモノか(w
何となく目が覚めると、枕元でフンフン匂いを嗅いでいる鼻息が聞こえる。
頭皮的には髪の毛を引っ張られるような感じもある。
寝惚けたままで、取りあえずエイヤ! で手を伸ばして引きずり込もうとするも、失敗。
何となく指先に柔らかい毛並みの感触があるが、そのまま足音は遠ざかる。
…リズミカルな足音と細やかな毛の感触から黒鼬神様のチェロが遊びに来たか、と判断。
チェロならば賑やかに走り回れど、ケージをよじ登ることは無いので安心して寝した。
…が、
2度目の覚醒の時に枕元に来たのは白鼬神様のベル。
毛皮は少しばかり剛毛で、忍び足にてゆったりと歩く。
伸ばした指先に足の感触があったのだが、捕獲失敗。
そのまま枕元から逃げられた(w
…ベルは好奇心というか執着心が強くて、興味のあるとこを何度でもチャレンジする。
しかも行動範囲が2Dでは無くて3D(;^ω^)
ケージをよじ登りテーブルを散策し、その地続きでキッチンシンクまで侵略する。
…故に捕獲出来なくて失敗だったかなぁ、と。
案の定、聞き耳を立てていたら、ガシャガシャとケージをよじ登る音が聞こえる。
慌てて飛び起きて、テーブルの上を物色していたところを取り押さえた(w
そのまま抱きかかえて布団に戻り、引きずり込み、ワチャワチャとイジリ倒す。
んで、少しは体力減ったかなぁ? と手を放した。
…どちらかと言えば、自分の方が眠くなってきたという状況だが(w
布団から出たベルは足音も立てずにススッと離れていき、
しばらく聞き耳を立ていたらフードを囓るボリボリという音が聞こえてきたので、
食後は満足して寝るだろうし、まぁ大丈夫かと気を抜いた。
…が、ウトウトしていた時に、ガシャーン! と言う音でビビる。
何ぞ? と飛び起きてみれば、ベルがテーブルの上で小物相手にラッセル。
衝撃音の原因であったデオドラントスプレーは床に落とされ転がっていた…
…もしかすると、その匂いは嫌いなんだろうか? と(w

ナンにせよベルはしつこい。
このあとにも再度よじ登られ、
キッチンからプラスチックトトレイを奪い、逃亡に成功した模様(w

出勤。
仕事。
午前、午後ともに慌ただしいが、目の前の事案については順調。
しかし手の届かない範囲においては、どんどんメンドウなコトになりつつある(;´Д`)
…まぁ、喚いても叫んでもドウにもナランので静かに待つしか無いが、
そうだと理解していても悪くなる状況を前にして黙しているのは、ちとイライラする。

帰宅。
終業直後のハンガー建屋内温度計を見たら34℃超(;´Д`)
日中は何処まで気温が上がったんだろう…
帰着後に見たテレビニュースでは愛知県36℃とか。
…工場でもその程度以上にあっただろう、何せコンクリートとアスファルトばかりだし。
体温が低めの自分としては心底カンベンして欲しいと願うばかり。
…とにかく食べて体力付けねば、明日こそヤバいかもシレン。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/60182218

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »