« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2013年10月23日 (水)

Depression Rites : normal condition

日中は22℃までしか上がらなかったようだが、朝から汗かきっぱなしでなんだか暑い。
…たぶん湿度のせいかと思うが、体調不良で体温調整がダメだったのカモ…

23時就寝、2時半覚醒、4時覚醒、5時起床。
睡眠時間、5時間。

起床時には復調した、と言いたいが昨日の鬱っぽさは残る。
メンタル低調なれど、ドウにか勢いで出勤する。
…この時せめて風邪薬でも飲んでれば良かったのだが、と後に後悔。

仕事。
と言うか、出勤直後から頭痛再発。
頭が膨らむような感じでミリミリと痛い。
今更、頭痛薬もなし、あとは我慢するしかない。
ウチを出る前に予防程度で風邪薬でも飲んでおけば良かった、と失敗を嘆く。
…ああ、ロキソニンが恋しい(w
午前、午後共に繁忙。
休んだ分もあれば、依頼作業分が更に増えている状態。
月曜日の大物2件については作業優先順位が低いので後回しにして、
期日が定まっている物や、重要度が高い物を優先する。
…結果、修業時間間際までギチギチ(;´Д`)
温度低くとも汗だくになり疲労感もソレなりだが、とりあえずメドは付いたので満足する。

帰宅。
頭痛は治まったが、関節が痛い。
いやはや(;´Д`)

「のんのんびより」3話視聴。
ああ、なんだか1話から比べても失速した感じに(w
原作まんま繋ぎ合わせが目立つ。
オリジナル要素を差し込みつつカメラワークなども考えれば良かったはず、と田植え編。
逆に小鞠が夏海の布団に逃げ込んでくるシーンでは、
「虫の鳴き声が五月蝿いから」で、SEで虫の音無しだったのは大失敗だと感じる。
原作では虫の音の擬音だけのコマを用意して、コミカルな間を演出していたが、
アニメでは単なる小鞠と夏海の会話に終わってしまい、スンゲクガッカリ。
…謎、田植えシーズンに虫の鳴き声ってなんだ? それで無音なのか?
…謎、でも2人とも虫の鳴き声を肯定しているから、五月蝿いはず。
…アニメ、ストーリー上の矛盾? カエルの声ならばまだマシだったが…
…布団シーンの前に草むらと虫の鳴き声があったが、出てきたのはショウリョウバッタ。
  wikiではショウリョウバッタは梅雨明けからとなっているので、コレも矛盾か。
…季節感についても辻褄合わせて欲しい(;´Д`)
…謎、原作でも1巻5話と早い頃に掲載されているが、
  この時の虫の音の擬音に「ウィーッチョッ」が有り、たぶんウマオイの模様。 夏の虫。
  原作ではこの話だけ夏の季節と言うコトで時系列前後するのかもシレン。
…この5話のあとが田植えの6話となるので、アニメ制作側は騙されたとか(w

…そもそも今回の話は原作3話分をアニメ1話分にまとめているのだが
ドウにも詰め込みすぎて演出に余裕が無いように感じた。
とりあえず今後に期待(w

|

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/58441684

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »