« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2013年1月29日 (火)

Depression Rites : under normal condition

ようやく復帰、出勤。
主要な仕事は殆ど溜まったままで、数日程度のリカバリーなどでは到底無理。

23時就寝、5時起床。
睡眠時間、6時間。

ネタ無し。
愚痴多めというか、それくらい言わせろ(苦笑

昨晩は早めに諦めて、眠剤を複数投入。
早めに布団に潜り込んでいれば、嫌が応にも眠れるだろうと算段。
おかげで入眠を意識することなく、ガクッと眠る。

朝。
眠剤の効果時間通りに起床できる。
…無論目覚ましアラーム無しでは、起きることナドできなかっただろうが。
ナンにせよ食事後に賦活目的でドリンクやら何やカンやと投入してみる(w

仕事。
ありとあらゆるコトが溜まりに溜まって、もうどうしてイイやらと悩み大。
物品の出し入れなどアルバイトでも出来るが、書類は全く手付かずで、何だかもう…
とにかく物理的な作業が多すぎて、とてもでは無いが大まかな作業予定が見えない。
書類をまとめるどころではなかったので、他へお願いすることとなったが、
一言「これお願いします」だけで、そのまま承諾された。
…いやまて、説明無しのお願いで出来ると言うなら、何故その時にやらなかったのか?
作業手順が解るなら、受けたその時に逐次書類を進めておけばいい物を、
これまで溜めに溜めておいて、今日まで束のままの何もせず。
さらに、作業分担を頼めば、何も聞かずに無説明でも「行える」とは、どうなの?
…ワザと私が復帰するのを見計らって過負荷にするのが魂胆かと疑いたくもなる。
…ナンかもうストレッサーが解ったような気がする。

ハードウェアー的な作業で、いくら時間があっても終わりそうにないから、
ドウしようもなく苦渋の決断として残業をフルで行おうと考えた。
しかしながら上記のヤツは「あ、そうですか」(w
…何が原因で長期に休んだのか分かっているのかね? バカなの? アスペなの?
鬱病に関わる社内教育もあったはずだし、社内広報誌にも記事があるホドだが、
鬱上がりの当日に長時間残業させる上役というのは、コイツこそ異常者としか思えん。

…いずれにしろ、いくら頑張ったとしても仕事量は減ることなく、
昼食に社員食堂でうどんを啜った時以外には、ひたすら立ちっぱなしで仕事継続。
…朝にウチで作ったコーヒーはステンレスマグに入ったままで、一滴も減らなかった。
そんなわけで、激しく体力消耗し、とてもじゃないが残業など無理の無力。
なにせ身体中の筋肉が強張り関節は油切れのようにシンドイしねぇ(;´Д`)
…結局、集中力も体力も限界だったので、定時で上がることにした。
無論、仕事はまだ山のように有るが、
たぶんドウにかナルだろうと、淡い期待で不安を抱く(w

帰宅。帰着。
フェレズのお世話後にようやく座ることが出来て、
そのままソファーで脱力していたら、もう立ち上がる余力がない(;´Д`)

|

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/56654643

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : under normal condition:

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »