« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2012年9月 5日 (水)

Depression Rites : yellow condition

昨日の夕方は暑かったんですよ。 更に夜が更けると涼しかったんです。
しかしながら、朝起きた時には、寒くてガクブルする自分が布団に横たわるワケで(;´Д`)

1時就寝、4時半覚醒、5時半起床。
睡眠時間、4時間強。

先に毒吐き(w
ニュースサイトで出てるように「陸自ヘリ談合疑惑で、川重を家宅捜索」とのコトだが、
まぁ、ハッキリ言ってウチの営業が何やっているかナンゾ、末端はシラン(;´Д`)
とは言え、おおっぴらに宣伝や広報を行っていない分だけ、不透明で濁り度も強い。
一応は官製談合の疑いというわけだから、主な疑惑はあちら側の様に感じるけど、
おそらくはウチの会社による下地作りもソレなりだったのでは邪推する。
…無論、憶測と想像と、我が社が真っ白なわけがない! と言う期待だけの文章だが(w

昨晩は、なんだかサッパリとした暑さだったので、
思わず部屋の風通しを良くして、グビグビと呑んでいた。
良い感じに汗かいていたので、チト飲む量も増えていた次第。

良い気分で夜風にうたれながら、
今年の秋も良い感じだなぁ、と虫の音を聞きつつ眠りについた。
…ああ、この時は本当に涼しくて、気持ちが良かったんだ………

で、
早朝に目が覚める。
もう身体丸めて、ガタガタと震えが止まらず、寒くて目が覚めた。
時刻は4時半過ぎで、まだ暗いまま。
慌てて蹴飛ばしていたタオルケットを被りなおしたが、もうこの時点で手遅れだった。

5時半。
色々と不調(w
内臓冷えて、お腹痛くてグルグル。
頭の方も熱っぽくて、フラフラ。
…何より、精神的な絶望感が強くて、起きあがるだけの力が出ない。
それで二度寝が出来ないほど体調不調だったので、
早めに起きて、薬等を飲み込み、ソファーで毛布を被って悶絶し、ダウンする。
…時々跳ね起きては、トイレに駆け込む始末だから、手に負えないorz

いつもの起床時間な6時には、既に休暇を取ることを決意する。

朝方、会社に連絡し、休暇申請。
「冷やしたのか?」という問いに、とりあえず笑って誤魔化した(苦笑

そのまま臥せり、午前中は終了する。

午後。
14時頃に復調。
なんだかイマイチ調子が出ていないので、ボンヤリしながらネット徘徊。
ふと見れば陸自ヘリの官製談合第一報。 この時点では製造業者は出ていなかった。
…が、タイミング的にウチのコトだろうと推測できる。
果たしてどうなるコトやら。 既に始まっているプロジェクトは、コレで終わりになるのか?
そもそも選別に不正があったならば、このまま続けても傷物ヘリになるだろうし…
コトが沈静化し、「シロ」と判別するまでプロジェクトは停止することは筋だろうなぁ…
…それとも、
一度受注したら、受け取ったお金は全部使ってしまえ! と言うのが企業倫理か?
まぁ、いったいドウすんだろうね…

夕方近くなり、チィーナさんを動物病院へ連れて行く。
偶然とはいえ、自分が休んだおかげで早い時間に診察することが出来た。
先生にはこの2週間は問題なく、発作もなかったと報告。
ついでに身体の汚れについて質問し、
皮脂やフケ程度でシャンプーするのはダメとのアドバイスを受ける。
洗うことがストレスとなり、低血糖の発作を促すから行うべきでは無い、とのコト。
…この認識は自分とも間違っていなかったので、胸をなで下ろす。
…いやいや、ウンチで汚れたお尻ぐらい洗って良いよね?(;^ω^)

帰宅。
と言うよりも往来だが、暑くてフェレット的に大変そう(´;ω;`)
車のエアコンを最大限掛けるのだが、所詮は送風最大程度なのだ…
冷房強さのコントロールレベルは、送風のレベルであり、冷却の強さではない。
すなわち機器の熱変換は何時でも同じなので、出てくる空気の冷たさは同じというコト。

ならば、自分よりチィーナさんを優先にというコトで床送風優先で車を運転する。
…おかげで胸より上が冷えなくて、スンゲク暑い(w
扇風機でも団扇でも顔を中心に風を当てると、冷却感は凄く強い。
直接肌から熱を奪っていくのが感じられて満足感が強くなる。

しかしながら靴履いてズボンで肌を覆った状態に、幾ら冷たい風を当てようとも、
直接冷風が肌に当たらず汗が乾かない状態では、全くもって身体は冷えない。
…たぶん、サンダル草履の短パンでスネ毛まる出しなら、違ったかもしれない…

いや、それでも、
全身毛皮で発汗もなく、体温を冷やす術がないフェレットにとっては、
冷気以外に体温を適正に保つことも出来ないから、
この床に向けている冷風を、自分如きに振り分けるなんて、可哀想すぎる!

…そう思ったモンで、ウチに帰着した時には、エアコン全開でも汗だくでした(w

夜。
昼間との気温差が大きくて、日が沈んでから涼しくなる。
…これが朝方になると身震いすることになるのだから、と油断せぬコトを肝に銘ずるワ。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/55588395

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »