« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2012年4月 8日 (日)

今日までの買い物

今日までの買い物。先週届いた物等々。
…まぁ、散財の関連、生活に関わるモノはパスとする(w

F80dscf0855

コミック。

好き もよい (双見酔)
さすらいエマノン (原作:梶尾真治)
イモリ201 2巻 (今井ユウ)

F80dscf0856

小説、講談社BOX。

そよかぜキャットナップ (靖子靖文)
黄昏百鬼異聞録 (蒼月海晴)

F80dscf0858

同人グッズ。

咲夜キャンバストートバッグ (antiqua closet)
弱音ハクトートバッグ (tun-zuk)

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

同人グッズ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

どうも、お久しぶりです
だんだん日に日に気のせいかひろひらさんの買い物が少なくなっているような・・・w
そういえば、前回アンプについて相談しましたが、実はあの時点でHP-A3かA7にしようと思っていたのですが勧められたTEACのアンプをみて形を気に入ってしまい・・・購入してしまいましたw
ドライバーの問題等ありますがとてもいい音で例のスピーカーに繋げながら音楽を楽しんでおります!
それで質問なのですが、あのタイムドメインのようなエクリプスのスピーカーはひろひらさん的にはどうなのでしょうか?(買うつもりはまだ無いですがw)
あっあと関係無いですが最近、友達によつばと!を勧められて日めくりカレンダー買ったのですが、これがまた和むのでオススメですよ!!w


投稿: じろー | 2012年4月11日 (水) 22時32分

コメントいただき有り難うございます。
じろーさんお久しぶりっす。

まぁ、オタ系の買い物はここ最近では少なくなっていますネ(苦笑
見聞きしたい商業系が少なくなったのと、
同人関連では特に東方アレンジ系CDのショップ通販が少なくなったせいでしょうか。

個人的な感想を言えば、
中高生向けの分かりやすいHなラブコメが多くなった気がして、
小難しい言い回しや難解なストーリ展開というのが流行らなくなった気がします。
私としてはソチラの方が好みなのですが、
停滞気味の実社会に対して簡単に笑えるモノが好まれているのかもしれません。

それとショップ通販では東方アレンジ系CDが下火になってきたような気がします。
イベントそのモノが減った事が原因なのでしょうが、
ホントのトコロはショップ側が売れるCD以外を取り扱わなくなった気もします。
同人大手や商業作家などばかりが目立つようになり、
新規サークルの登場が少なくなったと感じますね。

…だからと言って散財していないワケではないんですよ(;^ω^)
生活関連や飾り物など記事にしない部分でチマチマと経済貢献しています。
まぁただ、それでもオーディオ関連が少なくなったのは仕方ないかなぁ、と。
欲しいヘッドフォンは有るのですが、なかなか踏ん切りつかなくて…

>TEACのアンプをみて形を気に入ってしまい・・・購入してしまいましたw

アンプ購入、おめでとうございます!
と言うかアドバイスした私としては恐縮するばかり。
それでも「いい音」との感想を見ましてホッとしました。
TEACは個人的には贔屓にしてるモンで、嬉しいですね。

タイムドメインのようなスピーカーは、ユニットが音作りの命であって、
エンクロージャーを「響かせる」考えはないと思っています。
ゆえに定位感とか横の音源空間配置などは正確におもえますが、
ライブ感や奥行きの空間表現は些か劣ると思います。
ヘッドフォン的な鳴り方と言うのが近いでしょうか。
それと筐体に音響を依存していないので、
インシュレーターなどによる足回りによる音響変化も少ないと思います。
アクセサリーマニアには面白みがないかもしれません(w

タイムドメイン系のスピーカーは適度な音量で、
繊細に音楽を聴く人に向いてるのではと思います。
重い低音やスモーキーな雰囲気、大編成のオケだと、空気感の再現が弱いかも。
ボリュームを上げ気味でウイスキー片手に聴きたい人には、物足りないかもしれません。

逆にボーカル物やPOPS、バンド物なら正確な音が聞けるでしょうから、
ワイン片手に歌詞の感情表現で泣けるかもしれませんね(w

>によつばと!を勧められて日めくりカレンダー買ったのですが

よつばと! はホントに作者の成長を視覚で感じられる作品です。
前作の「あずまんが大王」までは線画や書き込み量、デッサンなどは、
その他のマンガに比べても普通でした。
しかしながら、よつばと! になり表現力が段違いになり、
画力は言うまでもなく、観察力まで凄い進化だと思っています。

…ただ、ストーリ的に言えば葛藤や恋愛も無く、
ユルユルと優しい日常が進んでいく展開は、最近の流行の
「優しい」マンガなのかもしれません。
個人的には、その点だけが不満でもあります(苦笑
カレンダーの1コマ漫画的な柔らかさは嫌いじゃないですが(w

ただ、この作品も闇がありましてね、
コミック1巻でチラッと出てくるけれども、
よつばは外国で拾われた身寄りのない子という表現があり、
その後にページに出てくる、雨の中でよつばが喜ぶシーンで、
それを見たとうちゃんが言う
「あいつは何でも楽しめるからな」「よつばは無敵だ」
と玄関先で見ているシーンまでの3コマから、
ある種の狂気を感じるのは、私だけだろうかと?
…いや、たぶん私だけかも(w
その後の巻ではソノ手の表現が無くなるので、
作者的な意図が果たしてどうだったのかと邪推するばかりです。

…なんだか、
変な話にオチてしまい、申し訳ない気がしますョ(;^ω^)

投稿: ひろひら | 2012年4月12日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/54422589

この記事へのトラックバック一覧です: 今日までの買い物:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »