« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : under normal condition »

2012年3月12日 (月)

Depression Rites : yellow condition

メンタルはマシだが、体調がガタガタ、たぶん風邪。
日曜日だけでは治らなんだ(;´Д`)

21時布団へ、23時起床、0時半就寝、寝付けず、4時覚醒、6時起床。
睡眠時間、2時間+3時間程度。

昨晩は夜にダウン。
頭痛と熱で、グッタリしたので、色々クスリを放り込み床に付く。

風呂とチィーナさんのお世話で23時に起きあがり、色々と動く。
この時点で頭痛は治まったが、熱の方は下がらなかったのでチトしんどかった。
…いずれにせよチィーナさんにうつすと大事になるので、細心の注意を払う。

0時半頃、片付けが出来ぬまま力尽きる。
なんとか布団には潜ったが、眠りたくとも眠れずでグダグダ(;´Д`)
室温が下がってきている影響か、鼻が乾いてしまい、喉奥が痛くなる。

気が付いたら4時過ぎ。
猛烈に喉が渇き、水分補給。
ホッと一息ついたら、そのまま意識が切れた。

6時起床。
熱、頭痛ともに認識できるような不快さはなく、どうにか峠は越えたような感じ。
それでも用心に越した事はないので、しっかりと薬を飲み、ドリンク剤投入。
今のところ、チィーナさんに問題はないので胸をなで下ろす。
出勤。
雪降って寒いかと思ったが、体感的にはどうってコトなし。
(…もしかすると、この時点で体温高かったのかもシレン)

仕事。
午前中、点検物品1件でガッチリ2時間かかる。思いの外にロスorz
それ以外にはどうにか余裕があったが、ペース配分的に抑えめにした。
午後。
修理物品があったが、ウチの職場に図面無し。
…それでもどうにかするのが、ココのトコロでありますゆえ、どうにかする(w
まぁ、似たような物ならば、構造的には大なり小なり同じだわなぁ、と。
午後はじめに、防災訓練。
震度6(だったか?)の揺れが発生したとの事で開始。
…と言う事は震度6程度までしか想定していないという事なのかもシレン。
発生後、職場から屋外の集合場所まで歩いていき、そこで点呼。
それから何をやるわけでもなく、各課ごとに独自判断で解散。
工員の実質的な訓練時間、10分。
その上に、救命救助の措置訓練も倒壊物からの救出訓練も無し。
ただただ、グダグダと歩いて、ダラダラと集まり、
コソコソと散っていったと言う、不真面目極まりなし。
それよか、同時刻に発令されたエマーコールの方が緊迫していた。
…たぶん責任の所在と、お金の問題で大きな差が出るのだろうと邪推。
いや、広報的なモノであり、やった事実が必要で、内容は何でも良かったのか。

どうでもいいが熱が午後からぶり返す。
目のまわりが熱もち、やや視界が狭い。
それでも終業までは問題なく持ち越す。

帰宅。
晴れていたが、風が冷たく、未だに冬かと思うが、
単に自分の体温の関係だったのかもシレンと強く思う(w
帰着。
スグにチィーナさんのお世話、それから自分の食事と投薬。
少し休んでからPCに向かうも、体の節々が痛くて鼻水ダラダラなので、早めに終了。
体温計ったら、熱上がってきいた(;´Д`)

何とか明日までに体調が回復して欲しい。

|

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : under normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/54206354

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | Depression Rites : under normal condition »