« 今日までの買い物 コミックと同人 | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2012年2月26日 (日)

昨日の買い物 アンプケース

昨日、Linfof工房へ行った時の主な用事。

F80dscf0832

花櫚製アンプケース (Linfof工房

某stereo誌の付録アンプ、LXA-OT1用の銘木アンプケース。
プラスチックやアルミの外箱よりも、一気に高級感アップで自慢も出来る(w

自分はYラグ信者なので、スピーカー端子はYラグを使えるように変更してもらう。

…と言うか、まいったなぁ。
他の中華アンプがチープで霞んでしまい、同じ棚に並べたくないねぇ(;^ω^)

2月末にスピーカー、アンプのプレ企画を考えていたのだが、3月にズレこむ事に。
用意しているスピーカーが1セットなんだよねぇ…中華デジアンいっぱいあるのに(苦笑

|

« 今日までの買い物 コミックと同人 | トップページ | Depression Rites : normal condition »

オーディオ」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。雑誌の付録アンプ、あちこちで話題になっているようですね。中華デジアン系と比較している記事もちらほら見ます。
金属系のケースを作って販売している方のホームページも見かけましたが、やはり木の温もりというのはよいですね。生き物ですし、人間には一番馴染む素材なのかなとも思います。

投稿: もんちゅー | 2012年2月28日 (火) 14時06分

コメントいただき有り難うございます。
レスが大変遅れまして申し訳ございませんでした。

木は均一な製品を作るには量産に向かないと言う欠点があるのですが、
オーディオ的に言えば振動などの点で最良の素材だと思います。
銘木と言われる硬質で重いモノは、音響的にも優れると思いますね。
まぁ、高級な楽器ほど木製である場合が多いわけですし。

金属、プラスチックは大量生産ができるので扱いやすでしょうが、
個人的な意見では木の無垢材が本命だと思っています。

投稿: ひろひら | 2012年3月 4日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/54082597

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の買い物 アンプケース:

« 今日までの買い物 コミックと同人 | トップページ | Depression Rites : normal condition »