« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年11月 8日 (火)

Depression Rites : normal condition


……

23時寝落ち、1時就寝、眠れず、3時寝付く、5時覚醒、6時起床。
就寝時間、…たぶん3時間程度かもシレンと。

短。

昨晩は23時頃に寝落ちしたと記憶しているが、0時半頃に目が覚めて激しく慌てる。
チィーナさんの方には問題なく、食事投薬を無事に済ませて、
残っていた作業を終わらせた後で、改めて布団に入った。

が、サッパリ寝付けずに悶絶。
2時半頃まではバッチリ記憶があるので、3時頃に眠った模様。
ソレでも5時過ぎには目が覚めてしまい、半覚醒状態で朝を迎えた。
まぁ、言わずもがな、朝方は色々と不調でシンドかったと(w

仕事。
珍しく依頼関連は全く無し。コレはコレでこまったモンだ(;´Д`)
午前午後とも昨日からの続きで錆落としの防錆作業に勤しむ。
ブラシと防錆油でひたすら磨きまくりで、腕と指が筋肉痛。
そういや、ウチに「ピカール」が有るから、持っていこうかと画策。
まぁ、磨くことは楽しいが、意外と力仕事になるので疲れるかも(w
磨くための機材がないから全部手作業だし。

帰宅。鬱っぽい。
通勤電車からボンヤリと暮れゆく空を見ながら、気分が萎む。
犬山城がライトアップされているが、背景は僅かな暗い紫と中間のindigo、他は全て闇色。
駅を出た帰り道は夜側へ歩み進めることで、よりいっそう黒が増す。
忘れていたように立っている街灯の下にはいると一時的に明るさが増すが、
そこに照らし出すほどの今日があったのかと思うと、心に射す影には絶望の色が濃い。
多分明日も無い。次もない。消え去る時まで変わらない。早く楽になりたいと思う。
だが、変えるだけの力がないから、ただすり減り続けるしかないかと。
ふと見上げた街灯に、11月の蛾がいる。
もう逝無くなるのだろうと思うが、それが酷く羨ましく思えた。
…とりあえず、寒いから、帰ることにする。

自作ノベルゲー制作記。

グダグダと悩んで考えていたが、ありきたりでいいや、と開き直り。
アイディア不足と言えばそれまでだが、突飛すぎても変だろう、と自己弁護。
金持ちと権力者を登場させれば大抵の困難は丸く収まるが、チト強引な手段だと思う。
…ようは使い方次第なのだろうが…ううむ。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/53196620

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »