« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年11月18日 (金)

Depression Rites : normal condition

動物病院の帰りに、事故渋滞に巻き込まれる。
これが病院へ行く時だったらと、ゾッとする。

1時就寝、4時前覚醒、5時覚醒、6時起床。
睡眠時間、4時間程度。

おそらく4時前だと思うが早朝覚醒する。
はたして目が覚めてから揺れたのか定かではないが、暗闇のなか地震を感じた。
はたして何が出来たかと思うが、ただ身動きとれず脳の覚醒も出来ず寝たままだった。
現在、布団の両隣はスピーカーラックなので、朝方に思い起こして恐い気がした。
とりあえずコチラでは震度1だったようで、ニュースを見てから安堵する。

5時頃に目が覚めて、そのまま布団でグダグダしてて6時に起床する。
とりあえず通常起床で通常行動、大過無し。

出勤。
仕事。
午前中は定期検査物品の取り纏めで忙しく、ワタワタしていた。
その変わりに午後の作業量が減り、かなり楽させてもらう。
とある物品について依頼を受けたが捜索してもウチには該当物無し。
そう言えば古巣にあったなぁ、と思いだし、とりあえず現物確認だけでも、と紹介する。
…まぁ、何とかなったみたいで胸をなで下ろす。

帰宅。
帰着。
直ぐさま準備を整えて、チィーナさんをおおはし動物病院へ。
行きの途中で少し渋滞に巻き込まれたが、少しの遅れで済む。
しかしながら病院へ着いた時にはチィーナさんはバテ美味で低血糖初期状態。
診察を受けて直ぐにブドウ糖の点滴を処置して頂いた。
それと、右前足に出来ていた腫瘍らしき物が大きくなってしまったので、
それを除去すべくクリップにて血流を止めて頂き、壊死させることにした。
数日後に処置してもらう予定。

病院からの帰宅中で、田んぼの一本道にて事故渋滞に巻き込まれる。
しかも起こったばかっりだった模様で、救急車もパトカーも来ていない。
田んぼの中だから逃げ道もなく、交通整理もないのでそのままストップし渋滞になる。
チィーナさんは車の中でモゾモゾ動き回っていたようで元気だったけれど、
これが病院帰りだったから問題なかっただけで、行きだったらと思うと背筋が寒くなる。
行く時のチィーナさんは低血糖状態であり時間が経つにつれ悪化する。
そんな時に事故渋滞で二進も三進もいかなくなったら、そのまま死に繋がってしまう。
…本当にタイミングって恐ろしいモノだな、と考え込んでしまった。
これからはルートについても考えるべきだろうか…

自作ノベルゲー制作記。

スランプ。一行も書き足していない(;´Д`)
3人で下校シーンなのだが会話の内容が思い浮かばない。
…条件は揃っているのだが、「下校しました、終わり」の数行になりそうな感じで、
どうやって話しに幅を持たせるか悩み中。

そもそも、登校、日中も書き出していないorz 終わらない3日目。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/53275707

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »