« Depression Rites : red condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

2011年8月24日 (水)

Depression Rites : yellow condition

引き続き不調のままで力無くグッタリ。
午前中は廃人同様だったが、とりあえず午後は人並み以下まで。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

絶不調3。

いやまぁ、出勤はしたけれども…ねぇ…。

とりあえず昨晩は普通に眠れたような気がした。
「とりあえず」というのも、中途覚醒など寝苦しさがなかっただけで、
朝方の疲労感は拭えぬまま、憂鬱な気分で起床する。

チィーナさんの食事投薬と自分の朝食は摂る事はしたが、
気持ちは沈んだままで、頭の中に濁りが渦巻いてる様な感覚が残る。

…とは言え、体調的には問題なく休む理由も無いので、
気が沈み陰気なまま出勤する。

午前中は力無く、何をやるにも負感情が先に出て溜息ばかりでる。
作業一つ取っても違和感ばかりがつのり、息苦しさばかりしか感じない。
…それでも各種、部品調整など根気のいる作業はこなし、無難に終えた。

午後からは幾分マシになる。
陰気な状況に精神がなれてきたのか、まとわりつく不快感に慣れた感じか…

いずれにせよ午前中よりは人並み程度までに感情は戻り、
作業内容も午前中に頑張ったおかげか比較的余裕が出来て楽になる。
それでも根底にある憂鬱感は拭いきれず、気持ちからくる疲労は強く感じた。

…まぁ、終業時間までは保った、と言う感じになる。

帰宅後、チィーナさんが廊下でのびているのを発見し、慌てる。
おそらく粗相後に寝床に戻ろうとして方向を誤り、魔窟からでてしまった模様で、
廊下の真ん中で力尽きてグッタリとしていた。

マズイか? と思ったが、夕方の食事は自力で食べる事ができ、
意識もハッキリしていたので、まずは安心して胸をなで下ろす。
私がラック下の寝床に誘導してやれば素直に入り込み、休む姿勢になったので、
とりあえず問題ないと判断して、普段通りの夕方となる。

…そうして、自分も遅まきながら気分が平常まで元に戻った。

不調ながらも会社に出たが、どうにも良くない感情ばかり目立った。
この辺をどうにかしてフラットまでに戻せればよいと思うが、少し難しいかもシレン。

いずれにせよ明日は今日よりもマシになる事を祈りたい。

|

« Depression Rites : red condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

日常」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/52557720

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« Depression Rites : red condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »