« スピーカー製作記 vifa TYPHANY TC9FD-18-08 桧集成材使用 その2 | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年7月 5日 (火)

Depression Rites : normal condition

昨日の腰痛は治まり、通常状態に。
午後から多少忙しくはあったが、持ち込まれた物品の数が多くて…

1時半就寝、6時覚醒、6時起床。
睡眠時間、4時間半弱。

今朝方は通常どおりに起床し、昨日のような腰痛もなく通常に戻る。

とりあえずは左足太股が筋肉痛になったが、腰痛をかばったコトによるものであり、
特に問題になるような事でもなく、朝方はいつも通りに行動した。

昨晩はかなり雨が降ったようだが起床時にはもう上がっており、
日差しも出ていて、次第に気温も上がっていたようだ。

おかげで出勤時には蒸し暑い思いで道を歩くハメにななる(w

会社にて、午前中はそれほど忙しくもなくトロトロとマイペースで進む。
ただし、急激に暑くなる事により身体がついて行けずに、大分だるい感じで作業を行った。

午後になると急激に修理依頼による仕事量が増えて、一気に週単位の仕事量となる。
無論それだけを行う事も出来ないので、バランスを取りながら仕事を決めるしかない。

それに、同じ物品が幾つもあると、それに対する補材の量は限られているので、
修理を完成させる数も限られてくる。

必要な部品は他から入手せねばならないが、その為の時間も必要なので、
全ての作業が終わるまでに一体どれほどかかるか分からない。

特に初見の物品があり、職場で取説や図面がないかもしれない状態であり、
今後どの様に作業を進めるか考える必要がある。

…なんにせよ、午後は大変濃い内容の作業となった。

終業。
とりあえず終わらせたのは2つだけだった。

途中分解まで行ったが、
破損部品の交換不可能なものがあり、作業停止した物もでてきた。
…いずれにしろ、前途多難な感じになる。

しかしながらソレで終わらせたくないという気持ちが強く、
明日からの作業を考えながらの帰宅となった。

忙しくなる分には何ら問題はないと思うのだが、
部品未入手で破損部品の交換が出来ないという場合が、一番頭が痛い。

この時にも幾つか対応があるのだが、いずれにせよ時間がかかるのは必須だ。

性格上どうにかしてやりたいという思いは強いので、修理不能とするのは辛い。
なんとか方法を模索しながら工夫する他無いだろうが、無理の時は覚悟するべきだろう。

出来る限りの努力をして、依頼物品がいち早く復帰する事を願って止まない。

|

« スピーカー製作記 vifa TYPHANY TC9FD-18-08 桧集成材使用 その2 | トップページ | Depression Rites : normal condition »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/52130071

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« スピーカー製作記 vifa TYPHANY TC9FD-18-08 桧集成材使用 その2 | トップページ | Depression Rites : normal condition »