« Depression Rites : yellow condition | トップページ | スピーカー製作記 vifa TYPHANY TC9FD-18-08 桧集成材使用 その2 »

2011年7月 4日 (月)

Depression Rites : yellow condition

気力充分だったが、思わぬ痛みで午前休となる。
…なんにせよ情け無いかな、2週連続の午前休だ(;´Д`)

1時半就寝、5時覚醒、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

昨晩は何事もなく眠るつもりだったが、眠気がサッパリで1時半まで起きる。
その間に色々と考え事をしていたけれども、結論が出ぬままに終了した。

布団に入っても素直には寝付けずに、やや苦しむ。

いつもの時間に起床するが、腰に違和感有り。
右側の筋肉が背中にかけて引っ張られるように痛い。

初めのウチは我慢しつつチィーナさんのお世話などを行ったのだが、
自分の朝食後には痛みでどうにもならず、立っているのがシンドかった。
腰の痛みは他に波及し、膝等まで痛む始末で、歩くのも辛い。

とりあえずソファーまでは移動できたが、そこから立ち上がるのも不可能だった。

ただただ、身動き取れず腰の痛みで悶絶する。

これはイカン、と思い、痛みをこらえながら痛み止めの薬と湿布を他の部屋から持ち出し、
ロキソニンを飲み、湿布を貼って、ふたたびソファーに伸びてしまう。

気がつけば出勤する時刻だったので、「アカン、もうダメだぁ~」と諦め、
早々に会社へメールにて午前休の連絡を入れた。

…何をするにも腰に振動が響いてキュウキュウ痛い。
日曜日に何をやったのかと思い出すが、原因が思い付かずどうにも不可解に。

思い出すのは土曜日買い出しの時、重量物を持ち上げた事ぐらいしか思い付かず、
まさかその事が1日置いてから痛み出したのかと頭を傾げるばかり。

なんにせよ、痛いもの痛いので、午前中は動けずに終わった。

昼前になんとか復帰する。
腰にはやや違和感があるが動き回るには問題なし。

早めに昼食を摂ってから午後へ間に合うように出勤する。

チィーナさんは魔窟に放牧したままだったが、まぁイイか、とそのままでウチを出た。

午後からの仕事は溜まり気味。
午前中に出したかった物品も午後となってしまい、ホトホト情け無い。

とりあえず大事の依頼物件は無かった分比較的マシだったが、
修理作業等がありそれなりに忙しく、来場者等も多かった。

そのうちに湿布を貼った右とは逆に、左側の背筋から腰にかけて痛みだし、
作業は出来るものの、引っ張られるような違和感で多少調子が良くない。

仕事自体には差し障りがないのだが、喉につっかえた魚の骨如く、気になる。
まぁ、負担をかけぬように注意しながら午後の作業をこなしていった。

終業後、帰宅。
最寄りの駅には路線内で人身事故による遅延有りと張り出しがしてある。
一応は自分が乗った電車では多少の影響があった程度で済んだ。
なんにせよ大きな事故でなかった事を祈りたい。

ウチに到着するまでには雨は降っていなかったが、
しばらくしてから夕立となり、風雨強くてかなりの量が降る。

運良く時間帯がずれて帰ってこれたなぁ、と暫し玄関の外を見ていた。
幸いに雷は鳴らずに停電等の心配はなかったが、
まるで嵐のような夕立に、この先も同様な降り方をするのだろうかと心配する。

強い降り方は短時間で収まったが、雨は止まない。
まだまだ梅雨は続くのだろうなぁ、と何と無しに思った。

先週に引き続き、月曜日の午前休。
情け無くも腰痛で、と言う有様で穴があったら入りたい気分だ。

ただしメンタルでは強い落ち込みなどは無かったので、不幸中の幸いかもしれない。

とりあえず今考えられるのは土曜日の無理な姿勢だったかと思う他無いが、
いずれにしろ自分自身の不注意から起きた事であり、今一度反省したい。

チトおかしな今週の出だしになったが、コレを挽回できるよう努力したい。

|

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | スピーカー製作記 vifa TYPHANY TC9FD-18-08 桧集成材使用 その2 »

健康」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/52121662

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | スピーカー製作記 vifa TYPHANY TC9FD-18-08 桧集成材使用 その2 »