« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

2011年6月13日 (月)

今日の買い物 スピーカー

実を言えば、今日は体調不良で臥せってしまい、会社を休んだが、
コレが目的だったのでは無い、と念のために始めに書いておきます。

ここ1~2ヶ月で自作スピーカーを集中的に作っているが、
所詮は素人が行う「下手の横好き」程度で、「作る行為」を楽しんでいる他ならない。

無論、それに音質が着いてくるはずもなく、
職人と自分との違いが分からずに、頭を悩ますばかり一向に上達していない。

…そんなところで、とある新スピーカーの発売開始を知り、
それを買わない理由はない! と連絡をつける。

そして、その根源にあるのは「ファンだから!」の一言。
例え、何故この時期に、と批判を受けても、これだけは譲らない。

F80dscf0559

スピーカー。

寿庵」 背面開放スピーカー 「KODATI」

手前にあるのは和紙による手書きの説明書。

段ボール箱から取り出したら、思わず「コイツは小さい!」と声が漏れた。
しかし、見た目のバランスの良さや肌触り、緻密さ、小突いた時の響きの良さ等、
細部もスピーカーとしての完成度が高くて、さすが「寿庵」製と、唸りながら満足する。

それで、
思わず昨日組み上げた小型スピーカー(TC9FD-18-08使用)を並べてみた。

F80dscf0561

ちゃちぃー、スンゲーちゃちぃー orz
デザインはさておき、重みを感じさせない安っぽさが痛々しい。
やるんじゃなかった(苦笑

F80dscf0567

試聴。

サイズと後面解放型という事で、重厚な低音は出にくいが、
歯切れの良さと、音の輪郭が見えてくるような響きの良さ。これぞ寿庵サウンド。
ボリュームを上げた方が破綻せずにドンドン鳴りっぷりが良くなることで、身を乗り出す。
この時の空間表現力は見事と言うしかない。

まぁ欠点は、元気が良すぎる音質なので、疲れている時に聴くにはシンドイかも(苦笑
管楽器も打楽器もスパーンッ! と鳴るが、雰囲気はヴィンテージの様に感じられ、
JAZZボーカルは絶品の空気感があり、グラス片手に少し暗めの照明で聴きたくなる。

このサイズだからこそ出せる音であり、大型スピーカーに無い小気味良さで、
逆にこれ以上の大きさでは成し得ないと思われる独特の音質には喜びを見いだせる。
…小さくても寿庵サウンド。
低音マニアには合わないだろうが、濁りの無い開放的な音質は玄人好みかもしれない。

比較的、低価格な事も嬉しく、
この際に挑戦してみようと言う人には、是非ともお奨めしたいと思う。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

オーディオ」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51925848

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の買い物 スピーカー:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »