« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年6月 2日 (木)

Depression Rites : normal condition

雨降りつつも、調子は悪くない。
1つ難を言えば、昨晩の失敗さえなければ、完璧だったのだが(;^ω^)

2時半就寝、6時起床。
睡眠時間、3時間半。

昨晩はウッドローズ製エンクロージャーの作業を進めていたが、
途中でトリマーによる失敗があり、その修正作業に追われる。

1時過ぎを目標に1本だけスピーカーユニット用の孔を開けたのだったが、
円周をカットしている時に不注意で刃部が跳ねてしまい、縁に切り欠きを作ってしまう。
しまった! と、思った時には既に遅く、
ユニット取付で隠れて見えない程度と言えども、ネジ穴に近い位置をえぐってしまう。

ともかく、トリマーによる作業は孔が貫通するまで行ってから、
タイボンドと切り屑を細かく砕いた木粉を練り合わせたローズウッドのパテを作り、
円周部に切り欠いた傷部をパテで埋める修正作業を行った。

その後、スピーカーユニットが開口部に嵌め合う事を確認しようと取り付けるが、
これまた上手くいかずにユニット側端子が縁と干渉して正しく取り付かない事が判明。

この時に2時過ぎていたが、悔しかったのでヤスリがけによる切り欠き追加を行い、
2時半までに一応、スピーカーユニット取り付け孔を完成させた。

次の作業もやりたかったが、時間的に無理であるのは明白だったので、
掃除、片付けもそこそこにして、直ぐさま寝室に向かい、薬を飲んで寝た。

それでも起床は時計のアラームより先に目が覚めて、眠気も無し。
やや身体に怠さを感じるが、心身共に問題ない状況なので、即、起床。

チィーナさんの食事投薬準備をしつつ、朝の行動を始めた。

昨日からの雨は出勤時も降り続いており、多少肌寒い。
会社的には衣替えなのだが、半袖になるには気温が低く感じた。
今週は長袖のままとして、半袖の作業着を着るのは来週からと決める。

せめて帰宅時には雨上がらないかと思いながら、出勤した。

今日のトコロは大きな問題無く、手持ちの作業を進める事で、やや忙しめに。
ときおり飛び込みの依頼が有ったりするので、何時もと変わらずかもしれない。

以前より修復を試みてきた物品だが、一応は終了させる事にした。
最終的に接着はオートウェルドを用いたのだが、ギブスで補強されているので、
前回よりはマシになったのではと思う。
しかし、ギブスの厚みだけ外装を押し上げてしまうので、やや不格好になってしまう。
…この辺は修正不可能なので、申し訳ないが、我慢してもらえるだろうかと心配になる。
機能的には問題ないはずなので、このまま長く使用されて欲しいと願う。

その他に修理依頼が1件、自発修理、点検確認を5~6件等、各種作業を行う。
自発修理は元々廃棄物品を頂いてきたモノなので、期待はせずに分解修復を開始。
しかしながら今日の作業ではどれもが復活したので大いに成功した感じになり、
あわよくば部品取り程度、と思っていただけに嬉しい誤算で、財産が増える。

出来れば更にもう1件、と思ったが、時計を見たら無理な時間帯だったので、
職場の整理整頓を優先して、終業時間を迎えた。
雨音のおかげか、思いの外に集中して作業が出来たと満足して終わる。

帰宅時には雨粒が小さくなり、霧雨程度の降雨で大分落ち着いた感じに。
しかし湿度が高めなので、朝方に濡れたズボンは湿ったままであった(;´Д`)
湿り気で重いワ冷たいワ、で、チト不快(w

帰宅して、直ぐに着替えてからチィーナさんの世話と、優先順位を変えた。

はたしてこのズボン、明日の朝まで自然乾燥するだろうかと、疑問に思うが、
それ以上の措置をとるつもりになれず、温風による乾燥を行う気になれなかった。
…無論、エアコンも使わないので、、なるようになれと、自暴自棄気味に(w

その事を苦笑しつつ愉快に思えたので、
日中は雨で天候が悪かった言えども、今日は機嫌は良かった感じだった。

天気予報では明日は晴れるとの事で気温も高めらしい。
週末金曜日は晴れたら、何かイイコトがないかと期待してしまう。

土日は各地でお祭りがあり、犬山でも踊芸祭などのイベントがある。

まぁ、自分は予定無しのつもり。
…たぶん、スピーカー作製で籠もる可能性が大だが、
いずれにしろ梅雨の晴れ間を楽しめる事が出来ればと、期待したい。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

オーディオ」カテゴリの記事

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

自作スピーカー完成おめでとうございます!
思っていたより威厳溢れる姿に吃驚しました(笑
別のエンクロージャーにも取りかかっておられるのですね…。急かすつもりなど全くないのですが、完成した姿を楽しみにさせていただいております。

自分も何かつくってやろうと思い、自作スピーカーのサイトを転々としていると「FDBR」という方式のスピーカーを見かけ、興味をひかれました。…なにせ全くの素人なので、吸音材を自分の耳で確かめながら量を調節するなど困難の極みだと思うのです。この手の方式は吸音材がいらないので、楽に作れるのではないかなぁ、と。

とは言えこちらも貧乏学生ですので、ユニットを購入する資金さえ惜しい。ということで我が家の中で全く出番のない山水S-X950をバラしてウーハーユニットをフルレンジとして流用することを考えたのですが、どうもユニット自体の音が良くない気がします(滝汗
ろくな箱でもないのにユニットとフロントバッフルの間の制震が充分ではないのか箱鳴りし、高音域は籠もっている割にカンカンと耳につきます(エコー気味でもあります)。

やはりフルレンジユニットをきちんと買ったほうが良いのでしょうか。…それとも箱を有る程度きちんとしてやるとまともになるのでしょうか。…一度やってみればよいのでしょうが…悩みはつきません。


余談ですが、自宅近くのハードオフでSHENZHEN LIHAO AUDIOというラベルだけで型番の無いスピーカーを見かけたんですが、これってあのデジアンのLIHAOなんでしょうか…?ちょっと気になっています。

投稿: もんちゅー | 2011年6月 3日 (金) 22時25分

もんちゅー様、コメント頂きありがとうございます。
それに対して、返事が遅れてしまいまして、申し訳ありません。

2wayなり3wayのスピーカーはユニット自体の受け持ちがありますし、
それぞれ再生可能な周波数帯が違います。

着想は悪くないと思いますが、
ウーハーユニットは中高音域から再生していますので、
箱側の低域増強装置(バスレフポートなど)を
しっかりと設計していないと、逆に低域を打ち消す場合もあります。

この様な場合は箱自体の設計などを見直す必要があり、
ユニットが悪いとは言い切れない場合がほとんどです。

…元に戻して、各部の補強や劣化した部品を交換の方が手堅いでしょうか。
ネットワークや配線を見直すと良くなる場合もあります。
またスピーカーコーンのエッジ補修などもありますから、
色々と試される余地はあるかと思いますね( ^ω^ )ニコニコ

とりあえず安くても、
音域レンジの広めなフルレンジを1ペア持っていても損は無いと思います。
ペーパーコーンだとキンキンと高域が刺激的なモノがあったりしますから、
この辺の選び方は好みの問題だと思いますね。

>自宅近くのハードオフでSHENZHEN LIHAO AUDIOというラベルだけで型番の無いスピーカーを見かけたんですが、

おそらく当たりですね。
こちらの箱には「深圳利好音響」「SHENZEN LIHAO AUDIO」と有ります。
どなたか分かりませんが、面白いモノを持ち込むオーディオファンもいるのですね(笑

投稿: ひろひら | 2011年6月 5日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51837563

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »