« 今日の買い物 スピーカー | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年6月13日 (月)

Depression Rites : yellow condition

十分に眠ったつもりだったが、全く回復できなかった。
月曜日だというのに体力不足の体調不良とは、何たるざまか…

11時半寝落ち、1時半覚醒、2時就寝、6時起床。
睡眠時間、6時間。

昨日の状態から早めに休息を取るつもりで、11時までには明日の準備を済ます。
月曜日はヤル事が有る、と頑張らなければならないが、
ともかくチィーナさんの食事投薬は必要なので0時までは起きていたい。

…そう思いながらリビングでローズウッドのスピーカーで音楽を聴いていた。

しかし、気が緩んだせいか、気を失う。
寝落ちした、と言い表すべきだろうが、
前触れ無く、意識が落ちた事は、たぶん気絶だったのだろう…

気がついたのは1時半頃。

真っ暗闇からもがくように抜け出して、ハッと目が覚めたら、2時間も経っていた。

前回の記憶は「魔窟にいるチィーナさんの食事時間」で途切れている。

時間を見れば1時半とか。

恐ろしくも、1時間半も食事投薬から遅れてしまった!
インスリノーマによる発作が起きてもおかしくないほどに!

やばい、一大事だ!
とばかり飛び起きて、頭がガンガンと痛むのもかまわず、食事の用意を始めた。

結果的にはセーフだった。
チィーナさんは夜は運動量が少なかった為か、
症状の進行は見られずグッスリと熟睡しているようだった。
…しかし、粗相の回数等からギリギリだったかもしれないと判断する。

とにかく無事に食事と投薬を終えたチィーナさんを魔窟からリビングへ移動し、
ソファー横の休憩場所に移ってもらって、そこで眠るように促した。
チィーナさんは嫌がることなくモソモソと毛布に潜り込み、そのまま眠ったようだった。

自分もこれを見てホッと安心し、薬を飲んでから布団に潜った。

6時、通常起床。
しかし、視界が収縮し、焦点が定まらない。

意識が途切れて眠る一歩手前の状態で、意識を留まらせている。

ともかくチィーナさんの食事と、自分の食事、薬を優先的に摂る。

だが、それ以後の行動が取れずにソファーに崩れ落ちた。
チィーナさんのお世話でペットシーツなどの粗相を片づけなければならぬのだが、
何もできずに、意識を手放した。

目が覚める。
失った時間は30分ほどか。

筋肉の強張りと、頭痛が酷く、寝不足状態は昨晩と変わりない。
やたらに見ている物の焦点が合わなくなり、寝落ちしそうになるが、次の手を打たねば!
…と言ったところで、ブラックアウトして崩れ落ちる。

今度は床だった。

気がつき、時間を見て、全てが後の祭りだと知る。
情け無くも始業時間を超し、グチャグチャな意識のまま携帯電話から連絡を取った。
…できる限りは、午後からにも出勤して、仕事をしなければ! との思いだけは伝える。

後は、為すがまま、ソファーに没する。

昼前、11時半。
携帯電話のアラームがけたたましいのだけれど聞いてるだけで、触る事もせず。
そのまま起きあがるも視界不良で世界が揺れており、頭痛が惨い。

ロキソニンを飲み、他の薬も飲み、コーヒーをガブ飲みする。

しかし状況は覆らず、眼鏡を探す事さえままならない。

出勤時間のギリギリまで頑張ったのだが、電車の時間を逃したところで、意識が潰えた。

午後の始業時間頃に気がつき、泣きそうな思いで、電話する。

その後、一気に鬱に入り、視界共々真っ暗に落ちる。

16時前に復帰。
ようやく視界不良から逃れる事が出来た。
とりあえず瞳孔の動きは正常に戻り、頭痛は薬が効いて治まった。
ただし、内臓の方は不快な状態で、朝から何も食べていないが、食欲もない。

汗だけはかいているので喉が渇き、麦茶を飲むも、えづくハメになる。

自己嫌悪に陥って消え入りたい気分になるが、
何故だかリビングルームを見渡した時に、木工のアイディアが湧いてしまい、
簡単な図面を書き、そのまま作業部屋に籠もる。

内臓の調子が悪いが手作業は何とか進み、簡単な物置台を1つ作って終了する。

夕方に大きな荷物が届く。
段ボール箱は大きいが、内容物はソレほど大きくもなくて、
相手先がどれほど配送や梱包に気配りしているか、人の気持ちを知る事になる。

何時注文した物かは記さないが、待望の荷物でありもしたが、
到着日時は完全に忘れていたので、嬉しい届け物となった(;^ω^)

…ソレから、幾つかの作業と片付けを行い、体調が回復する。

夜になるが、一向に食欲は湧かない。
内臓の不調なのか、精神的影響なのか分からないが、食べる気にならないので、
そのままお茶などを飲んで状況を誤魔化した。

…そして、夜半の今に至る。

金曜日の帰り近くで、「日曜日は休息したい」とお喋りした憶えがあるが、
ものの見事に逆となり、月曜日の予定も吹き飛んだ。

少しは頑張れるとは思っていたのだが、ソレは殆どまやかしだったようだ。
自分が思っているほど体力気力に余裕はないのだろう(;´Д`)

まるで土日にフル回転で月曜日にガス欠な感じとは、言いようだ。
…全く自己管理が出来ていないと、何度目の言葉になるか、恥ずかしい限りだ。

反省はしているのだが、状況が変化すると無茶苦茶になる。
これも気分障害の内にはいるのか解らないが、少なくとも正常な判断とは言い難い。

もう少し、一歩下がったものの見方をして、
余裕のある判断が出来るように、今後は努力したいと、深く反省する。

|

« 今日の買い物 スピーカー | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51936994

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« 今日の買い物 スピーカー | トップページ | Depression Rites : normal condition »