« 今日の買い物 商業ゲーム | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年5月12日 (木)

福島第一原発 1号機炉心融解

既に報じられている通りで、まとめる必要もないだろうが、
とりあえず自分のために。

福島第一原発1号機建屋で放射線量低下作業後に、
炉心、格納容器の水位計についての修復等を行ったが、
この計測結果で炉心はこの間までに核燃料棒が完全に露出していた可能性を示し、
現状では核燃料の全てが融解により落下し、炉心が溶けて格納容器へ溜まり、
更にはこの影響により格納容器自体も損傷している可能性があると見られる。

現在の水位は炉心において核燃料棒があるはずだった数位の5m以下にある模様。

東電では核燃料が格納容器外に出ている可能性を否定できないとしている。

ただし水温は圧力容器内で100~120℃と安定していると報告され、
現状でも冷却は行われているとの見方を示してる。

今後の水棺など冠水処置について見直しを計っている。

(私見:当初からウチの記事中では「漏れている」と言ってきたが、
     今更ながら「やっぱり」という感じもあり、「非常に大変なことに!」とも恐れている。
     冷却できてると言えども、核燃料が冷却水と共に建屋外へ流れ出た可能性もあり、
     この辺について当局側からの流出否定の断言が出ていないのが、深刻さを増す。
     核燃料は一体どこにあるのか? これが今一番の重要確認事項だと思う。
     チェルノブイリでは核燃料や放射性物質が飛散したが、
     福島では、それらが地下水から海洋への汚染になる可能性も否定できない。
     おそらく今後の計測次第ではレベル7からの引き上げもあり得るだろう)

|

« 今日の買い物 商業ゲーム | トップページ | Depression Rites : normal condition »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51652957

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発 1号機炉心融解:

« 今日の買い物 商業ゲーム | トップページ | Depression Rites : normal condition »