« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年4月21日 (木)

東日本大震災 福島第1原発 21日21時ごろ

NHK、各テレビ。
ネット新聞。
各情報サイトより。
21日21時頃まで。

●福島第1原発

管首相、福島県入り。
原発20km圏内の法的処置により警戒区域に設定切り換え、福島県側への理解を求める。
日時は22日0時より、立入禁止とし、各道路に警官を配置して通行を遮断する。
これに伴い、20キロ圏内への一時帰宅をも検討するが、
3km圏内は一時帰宅さえも禁ずる。
立入禁止地区は、原発3km圏内、放射線量が多い地域、津波の被害が大きい地域とする。

管首相、福島県各地の避難所を訪れるが、避難多数。
「もっと修羅場の時に来て欲しかった」「ご苦労様。頑張ってくださいしか言わない」など。
特に田村市での視察でそそくさと短時間で引き上げる様子を見て、
避難住民夫婦から「もう帰るんですか!」、「無視していくのですか!」との声が上がる。
泣きながらの訴えにもかかわらず「全力を尽くしてやっている」との程度の言葉しか無し。

(私見:もうこのバカ首相、(゚⊿゚)イラネ)

官房長官、福島第2原発について10km圏内だった避難指示区域を、8kmに縮小。
しかしながら依然、電源系統の不安定さは変化無し。

文部科学省は福島県内の150地点で放射線量の計測を先月以降から行っていたが、
21日の今日になってから公表することになった。
この大幅な公表の遅れについての説明で「官邸の指示で出さなかった」とのこと。

(私見:隠蔽だ、政府主導の隠蔽。)

●東日本大震災

自衛隊と在日米陸軍は、
JR仙石線の野蒜駅、陸前小野駅の共同による瓦礫除去作業を開始した。
今後10日間にかけて復旧のメドが立てるまでを目指す。
米軍はこれを「ソウルトレイン」作戦と名付けて、「駅は地元住民の魂だ」と話した。

宮城県石巻市の沿岸部で
(地名は出ていなかったが、門脇町や川口町など北上川河口周辺と見られる)
地盤沈下が78cmにも及び、大潮になると41cmも海水が入り込み、冠水する。
抜本的な対処方法が無く、道路の盛り土や排水で暫定対処はしているが、
満潮になると冠水し孤立地区となるので、
潮が満ちるまでに避難所に待避して欲しいと、市長からの注意喚起あり。

福島県内にある「おおたかどや山標準電波送信所」が、
4月21日午後1時54分標準時刻電波の送信が再開した。

まず、
石巻市、石巻川開きの開催を決定。
7月31日を震災犠牲者の慰霊を目的とする供養祭とし、
本祭の8月1日は復興と希望を込めた、花火大会にする模様。

(私見:行きたいなぁ、きっと、花火見たら号泣するんだろうなぁ…)

次、
仙台七夕祭りを開催を開催へ。

東北地方、各地の夏まつりも、復興を願う祭として一致団結して開催する方向へ。

(私見:祭やるべ! 今は、この様な希望の目標が必要な時!
     絶望も悲しみも苦しみも分かるが、今年の夏を見ずに終わる訳には行かない!)

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51453980

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災 福島第1原発 21日21時ごろ:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »