« Depression Rites : normal condition | トップページ | 東日本大震災 10日20時半頃まで »

2011年4月10日 (日)

福島第一原発 10日20時頃まで

NHK、各テレビ。
ネット新聞。
各情報サイトより。
10日20時頃まで。

政府。
福島第一原発の20km圏内避難指示区域について、警戒区域と一時帰宅について検討。
警戒区域となると法に基づいて退去命令や立入禁止を設定でき、違反者には罰則がある。
これまで20km圏内への避難指示を無視して立ち入る人があったことの対応。
また30km圏内についても、見直しを含めた検討をしている。

(私見:「やるかもしれない」と言う感じであり、期日については明言せず。
    相変わらず何も決められずに、後追い対処の様相になってきた。
    責任者不在の政府になっていると見るべきだろう)

9日、海江田経済産業相、蓮舫節電啓発担当相、鹿野農林水産相が福島県視察をしたが、
いずれも滞在時間は数十分と短く、物見遊山の大名視察だと批判の声多数。
実質的な視察の効果は薄く、ただのパフォーマンスだと地元県民から怒りの声。

原発敷地の瓦礫撤去作業のため、無人操縦が可能な重機を使用すると東電発表。
通常のパワーショベル等の重機を無線で遠隔コントロールできるように改造し、
遮蔽物などで電波が届かない場所でも、鉛で保護された移動可能な操縦室を使用する。
これにより水素爆発で吹き飛んだ高レベル汚染の瓦礫に撤去へ。

(私見:ニュースでは400mシーベルトを計測する場所もあるとか言っていたような。
    国外では燃料棒が敷地内に落ちている、とか煽っていたりするから…何とも)

2号機、復水器へのホース敷設作業をしていた作業員が体調不調で病院に搬送される。
放射線被曝量も計画内であり、意識もあり自力歩行も可能とのこと。

(私見:きっと疲労によるものだと思いたい)

茨城県で暫定基準値を超した源乳だが、今日の18時に出荷規制を解除。
23日に出荷制限を受けたが、1週間おき、3回の検査で基準値を下回ったことによる。

(私見:…つまり、出荷制限解除まで3週間もかかると言うことか…遅すぎる)

2号機、復水器が空になり、タービン建屋地下やトレンチの高濃度汚染水移送のため、
最終的な復水器点検に入り、正常が確認され次第、汚染水をポンプで移送するとのこと。
トレンチの水位は午前7時の時点で地表から92cmほどになり、昨日より2cm上昇。

また集中廃棄物処理施設の低濃度汚染水の放出は10日午後も続いている模様。

(私見:まだ終わらんかったのか…)

福島県は20km圏内を除いた県内全域で放射線量計測を行うと発表。
各拠点ごとだったのを、各地から寄せられる不安の声を反映し、より細かく計測する。

時事ドットコムより。

世界最大級のポンプ車空輸=アーム約70メートル、福島原発冷却

(私見:ロシアとアメリカの協力は、素直に凄いと思う。
    しかしながら裏を返せば、まだ上方からの冷却水投入しか打つ手無しと言える。
    使用済み燃料貯蔵プールの状況を、ここ数日報道がなかったことが心配)

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | 東日本大震災 10日20時半頃まで »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51353642

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発 10日20時頃まで:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | 東日本大震災 10日20時半頃まで »