« 福島第一原発 トレンチより高レベル放射能 | トップページ | 東日本大震災 4/1、21時45分頃まで »

2011年4月 1日 (金)

福島第一原発 4/1、21時15分頃まで

NHK、各テレビ。
ネット新聞。
各情報サイトより。
4/1、21時15分頃まで。

福島第一原発、1~3号機建物周囲の地下水から微量の放射性物質を検出と発表。
雨により降下した放射性物質が土壌に染みこんだ事によると東電では推定。
(訂正、等22:50:時事ドットコムでは「微量の」との言葉があるのだが、
          他のネット新聞記事では「基準の1万倍」の高濃度と。
          穏やかな表現の方を取ったが、状況は真逆か…)

汚染水監視のため無人カメラを設置。
1~3号機のトレンチと、2号機タービン建屋地下に設置し、
作業員の放射線被曝軽減を目的とする。

昨晩深夜に東電が発表した汚染水放射線物質の検出値に「誤りの可能性」を指摘。
その後、東電ではヨウ素131以外の放射性物質分析に誤りがあると認める。

上記の件もあり、東電は他の電力会社と専門組織等に、
計測分析についての支援を要請。

(私見:…たぶん、第一原発敷地内で検出と分析を行っているのだろうけれど、
    もう人間的な疲労が限界での誤りなのかもしれないと感じる。
    それを上から文句言うようならば、安保院が自分達でやれって!
    あの緊張感の無い西山英彦大臣官房審議官のツラの方が、不愉快で遺憾だ。
    まるで自分に責任無いように、厚顔無恥で喋るのを見るだけでも腹が立つ)
(訂正22:55:東電の誤検出値は計算プログラムのミスとのこと。
        震災よりも以前から使っていたプログラムだと思うが、
        今回に限りミスとは有り得るのか? 国が認可したプログラムだと思うが。
        …本当だろうか?)

東芝は放射線量計45台を福島第一原発に向けて提供。
また東電自体も厳重注意を受け420台を確保。

米軍から提供受けた真水を積んだ艀が15:30頃、原発専用岸壁に接岸。
約1300tの真水をポンプで濾過水タンクに送水へ。

各原子炉建屋等の汚染水排出のための玉突き排水は、
1号機、2号機は復水タンクからサージタンクへ移送し、
3号機では復水タンクは空になったが、作業を中断し手順短縮を検討。

4号機周辺で放射性物資の拡散を防ぐための合成樹脂を試験的散布。
使用するのは栗田工業の「クリコート」とのこと。

排水作業中の汚染水だが、敷地内タンク以外に排水する案でメガフロート使用へ。
最大18000tを貯水できると見ており、東京電力へ静岡市が提供する模様。

福島第一原発、20~30km圏内の空気中放射線レベルの高かった地域で、
土壌の分析を行った結果、プルトニウムは検出されなかったと文部科学省が発表。

福島県各地の放射線レベル計測でが31日夕方までに、
最も高かった時期の10分の1まで下がった値になっていると県がまとめた。

|

« 福島第一原発 トレンチより高レベル放射能 | トップページ | 東日本大震災 4/1、21時45分頃まで »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51273899

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発 4/1、21時15分頃まで:

« 福島第一原発 トレンチより高レベル放射能 | トップページ | 東日本大震災 4/1、21時45分頃まで »