« 東日本大震災 3日20時20分頃まで | トップページ | 福島第一原発 4日21時頃まで »

2011年4月 3日 (日)

Depression Rites : normal condition

とりあえずは普通の日曜日の様な感じで。
…なにも気にしなければ、甘受できるのだろうけれど。

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

基本的にネタ無し。

気分としては昨日の分を損した感じで、少し頭が混乱気味。
はたして今日は土曜だったか日曜だった、と呑気なモンで…

そうは言っても購入した雑誌を見れば、あれから何日と数えるようになる。

テレビではそれほど多くのことを伝えていないが、
NHK等で報道される、震災関連の特番や、通常ニュースを見れば、
いまだに上水道も復旧できず、手を洗うことが不可能な地域もある。

電気が来たから、良いという訳ではなく、
むしろインフラとしての必須要件は水なのだと感じる。
…通信も情報もなくても、清浄な水があれば生きていけるし、清潔な状態を保てる。

汚れを落とす。
これだけで、全く違った世界ができあがるのだ。
汚れは腐敗し、細菌を繁殖させ、感染する。
…そうして、水の通っていない街は、病魔に襲われ壊滅する。

それに近い状況下にある場所が、まさに存在する。
3日のNHKスペシャルは警告を発していた。

…話が脱線したように思えるが、
その様なことを気付かずに、普通に休日を過ごしていられるならば、
自分の置かれている状況について、考えることもないだろう。

今日は食事や家事、洗濯をして、風呂に入り、当たり前のようにトイレを流す。
ごくごく普通の何の問題も無い、当たり前の生活なのだが、
同じ国の土の上にいるというのに、同じような生活から程遠くなった人達がいると思うと、
何を思うにしても自分の置かれた状況が薄氷の上なのだと、気が付く。

何時起こるやもしれぬ、東海・南海・東南海連動型地震。

何故、こちらの方が起きなかったのかと、思うばかり。

気が付かなければ、
誌面や画面に映る世界は、映画のワンシーンで、
良くできた造形と迫力の演技だと思って、忘れてしまうかもしれない。

水の流れないトイレに、新聞紙などを敷き詰め、
排泄された汚物をその新聞紙にくるみ、汚物入れのバケツに入れる。
無論、水が出ないから手も何も洗うことはできない。

…徹底的なリアリズムだなぁ、と言えばそれまでだが、
ソレをどう思うかは、その人それぞれだろう。
しかし間違いなく言えるのは、それは海を越えた世界ではなく、
つい先月まで飛行機で僅か数時間の距離で、レールも繋がっていた場所で、
道は此の玄関から彼の玄関まで続いている場所なのだ。

…自分だけなのだろうか?
あまりにも被災地の生活と、自分との生活に差が有りすぎて、
距離感が恐ろしく遠くに感じられ、チリのコピアポ鉱山落盤事故を見るのと変わらない。

ただし、自分の場合は、郷里の被災と言うこともあって、
我が身に起きたような錯覚さえ起きるほどに情報を掻き漁っているから、
精神的な経験として、心理的な危機感が被災していない人よりも強く感じるのだと思う。

この心境をどう表したらいいのだろうか?
部屋から出て、ドアを開けた光景が、はたしてどちらが正しいのか、という気分は。

…杞憂、
それだけなのかもしれないが、
少なくとも、津波を想定していない町作りと、断層間際の浜岡原発は、
そんな一言も、いずれ吹き飛ばしてしまうかもしれない。

備えよ、とは言わない。
今は東日本大震災の傷を癒やし、人々が落ち着ける場所に戻ることに傾注すべき。

だから、いずれ自分が被災して誰かに助けてもらうことを思い描きながら、
今、自分ができる支援を行って欲しいと思った。

オチ。
ちなみに、ウチはまだ防災グッズはありません。
…今は買い込むことをするべきではないよなぁ(汗

|

« 東日本大震災 3日20時20分頃まで | トップページ | 福島第一原発 4日21時頃まで »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51295316

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« 東日本大震災 3日20時20分頃まで | トップページ | 福島第一原発 4日21時頃まで »