« 東北大地震 首相会見 速報 | トップページ | 福島第一原発 C-130出発 »

2011年3月12日 (土)

福島第一原発 官房長官会見

各テレビ。
20:??(失念)

15時36分の爆発。

建物の炉心格納容器は無事。
吹き飛んだのは外壁。

爆発理由。
冷却水低下のものによる、
漏れでた水が内部で分解して水素を発生。
それが爆発した。(やや失念)

爆発前より放射のレベルは、爆発後の方が低い。
爆発前の1015シーベルトだった。40分に860、(後失念、18時、75?)

現在の放射能レベルは高くなっていない。

海水により冷却を試みる。
その際にホウ酸を用いる。

手順の着手、20:20.。

避難指示については、対応策としては臨海の可能性のを考慮した、
最悪の場合を考慮したことによる。

質疑。

Q:退避拡大に対する住民の心配を煽るのでは?
A:すでに地震、津波が発生しており、それも含めての万全の処置をとった。
  建屋上部まで海水を満たすと言う前代未聞の方法をとることによる、
  万全の処置のため。

Q:海水によるリスク?
A:専門家の分析により、総理、経済産業大臣、官房長官で熟議した結果、
  最善の方法とした。

…他、失念。

海水を炉に満たすまで5時間+数時間。
(追記)FNN 格納容器を満たすのに10日間。

格納容器を海水で満たす、とのこと。

|

« 東北大地震 首相会見 速報 | トップページ | 福島第一原発 C-130出発 »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51102324

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発 官房長官会見:

« 東北大地震 首相会見 速報 | トップページ | 福島第一原発 C-130出発 »