« 福島第一原発 C-130出発 | トップページ | 東北大地震 南三陸町との連絡できなくなる »

2011年3月12日 (土)

東北大地震 名取市

FNN。中継。
21:12.

名取市、防災本部。
衛星電話設置、誰でも、無料で、使える!

名取市市役所。

益田体育館で、身元確認。

|

« 福島第一原発 C-130出発 | トップページ | 東北大地震 南三陸町との連絡できなくなる »

震災」カテゴリの記事

コメント

よろしければ、以下、ご意見をお願いします。

[1]今回の震災で、周りの方で、パソコンが壊れたことを
耳にされましたか?

[2]余震が続く中、パソコンを使われることは、
少し心配でしょうか?
もし、余震の場合は、計画停電外の地域であっても
電気が一時的にSTOPされるのでしょうか?

[3]
避難所数:4県1222ヶ所と膨大で、各避難所へ実際に足を
運ばれて、掲示板を見られている光景を、ニュースで目にします。
過去の震災において, 避難所への下記の旨の調査結果を
別のHPで見つけました。

ttp://www.soc.toyo.ac.jp/~mikami/saigai/internet.html
> 阪神
> 「役に立った情報の入手先」として、「パソコン通信」を
> あげた人はわずか0.4%
> 当初はボランティアの活動にしてもパソコン通信や
> インターネットの活用どころではなかった

http://www.bousai.go.jp/vol/tsudoi/giji02a.html
> 中越地震及び新潟豪雨のボランティア活動
> パソコンとかインターネットとか、そういったもので
> 情報発信することが当たり前になっている、あるいは
> それをやっていないとボランティアも来ない、物も
> 来ない、お金も集まらないという状況になっています。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C
%8C%E4%B8%AD%E8%B6%8A%E5%9C%B0%E9%9C%87
> ネット上に開設されたボランティア有志による情報交換
> サイトや掲示板に、活動支援やリンク申し込みを装って
> ウイルスへのリンクURLを貼る悪質行為が多発。
> 掲示板利用者だけでなくサイト管理者までがこれに騙され
> パソコンがウイルス感染、更にパソコンが使えなくなった
> ボランティアの活動が一時できなくなるという事態まで相次いだ。

今回の震災での避難者の方々を、各自治体やGoogle社などの
ホームページで検索できる様になっています。
私は少しパソコンが分かるので、私なら、実際に足を運ぶ前に
出来たら、この種のホームページで探したいと思います。

もちろん、現在、避難者の方々への最優先物資は、食料や
医薬品などであることは承知しております。
また、津波の被害にあった自治体や会社, 他団体などで、
パソコンが使われる様になるのは、家屋などの復旧後で
あることも承知しております。

避難所数へは別にしても、もし、今後のボランティアの人が
参照するために、安価にパソコンが利用できる様になる
ことは、必要とお考えになられますか?
それとも、不要とお考えになられますか?


(ご参考)
[1]もし、パソコンが壊れた, OSが起動しなくなったなら、
下記のPuppy Linuxがあります。最近、少し調べました。

ttp://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/
> 小さく(バージョン4.3で約105MB)、軽いながらたくさんの
> アプリケーションを持ったLinuxです。
>
> リナックス初心者にも、とてもやさしい事。
> 日常必要なすべてのアプリケーションを持っている事。
> 安定している事。簡単である事。
> 古いパソコンに新しい命を吹き込む事。
>
> 動作条件
> CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上
> メモリーは128MBでも動きますが、できれば256MB以上
> あれば快適に使えます。

WindowsやMacをお使いであれば、少しLinuxを使いにくい
方もいらっしゃるかもしれませんが、下記の様な自治体も
あるので、それほどLinuxを使われることも慣れられると
思います。

ttp://www.atmarkit.co.jp/news/200901/27/aizu.html
> 4台に1台はOpenOffice.org――会津若松市が最新の導入状況を公開

ttp://blog.kurata.tv/article/32934638.html
> Linuxで大量の中古PCを再利用にトライ!

ttp://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/ja/shisei/
torikumi/ooo/files/haifu/ooo_ni_shimasenka.pdf
> 会津若松市が保有している840 台のパソ
> コンでは、現在、オープンオフィスを使用して
> 日々の業務を行っています。

[2]私なら、余震や瞬停がある状態で、HPを見るだけなら、
CD起動のOSを使いたいと考えます。Puppy Linuxは、Ubuntu
(会津若松市で使用)やKNOPPIXより, さらに軽く、CD起動も
可能です。CD起動であれば、ウィルスに犯されても、突然の
電源断でも、被害はごく僅かです。Linuxであれば、Windows系の
ウィルスに対しても、効果がある場合が考えられます。

[3]ハードとしてパソコンを用意する必要がありますが、
日本には中古PCやリサイクルされるパソコンが多いと
思います。

ttp://www.atmarkit.co.jp/news/200706/06/matsudo.html
> 文部科学省によれば、現在全国の小中学校高校で
> 約40万台のPCがサポート切れのOSで稼働している

ttp://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070606/273889/?ST=oss
> 約1000台の中古パソコンはかつて松戸市の小中学校が
> 使用していたが,搭載していたWindows 98のサポートが切れ
> ,セキュリティ・ホールの修正パッチが提供されなく
> なったため松戸市教育委員会の保有となっていた。

もちろん、松戸市の事例(RAM 32MB)では、Puppy Linuxは
CD起動で利用不可です。

下記の様に、シンクライアントとしてPXEブートが可能な様
ですが、Puppy Linuxでは未確認です。

ttp://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?t=648
> PXE経由でのPUPPY起動について

投稿: パソコンに少し詳しい者 | 2011年3月17日 (木) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51102507

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大地震 名取市:

« 福島第一原発 C-130出発 | トップページ | 東北大地震 南三陸町との連絡できなくなる »