« 東北大地震 矢本大曲 | トップページ | 東北大地震 いわき市岩間町 »

2011年3月13日 (日)

原子力保安院、会見

各テレビ。
17:21.

福島第一原発3号機、圧力開放、真水冷却、それから海水へ変更。
その後で、不安定となり、水位低下、心棒露出、その後、作業にて水位上昇する。
その間、冷却できなかったので、心棒から水素発生。

水素は配管隙間などから、建屋に上部に溜まる。

女川原発。

一時、1時間あたり5.7マイクロシーベルト測定。
原因は福島第一原発、1号機の爆発の影響による。
5.7マイクロシーベルトに比べて、レントゲン撮影は50マイクロシーベルトである。

質疑。

Q:放射能物質拡散に対して
A:女川原発では変動が無い、減少している。

|

« 東北大地震 矢本大曲 | トップページ | 東北大地震 いわき市岩間町 »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51109488

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力保安院、会見:

« 東北大地震 矢本大曲 | トップページ | 東北大地震 いわき市岩間町 »