« 今日までの買い物 東方アレンジ | トップページ | 東日本大震災 19日21時30分まで »

2011年3月19日 (土)

福島第一原発 19日21時まで

各テレビ。
ネット新聞。
情報サイト等。

福島第一原発への送電敷設、1号機2号機は19日中にも。
3~6号機は20日頃。

5号機、6号機で、緊急用発電設備、一部復旧。

5号機、使用済み核燃料プールの冷却が始まる。

14時頃、3号機へハイパーレスキューの屈折放水塔車による放水開始。
一時的に無人にする事で、連続放水を可能に。
追記:ホースの長さは800mにもなった模様。
    私見:昨晩の場合とは違うのか? それともテレビ報道が間違っていたか。
追記:21:30
    7時間予定の放水を越して、20日午前0時まで延長するとの事。
    政府の「出来る限り長時間を」という要望に基づくもの。
    私見、いや、応援:がんばれー! がんばれー!! がんばれー!!!

防衛省、大臣会見で1~4号機の表面温度が100℃を下回ると発表。

18日の自衛隊による放水作業のビデオを公開。

東京消防庁、交代要員派遣。
大阪消防、横浜消防も追加派遣へ。

公明党、高さ約60メートルから放水できる生コン用の圧送機の活用を首相官邸に助言。

追加記事:使用されるのはBSS52.15H Putzmeister M52と言う特殊車両。
スポニチより。(http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/17/kiji/K20110317000447040.html

 チェルノブイリ封鎖と同型…三重の会社が放水ポンプ車提供申し出

 東京電力福島第1原発の事故を受け、三重県四日市市の建設会社が17日、所有するコンクリートポンプ車を原発への放水に利用してほしいと国に申し出た。同社によると、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故を封鎖する際に活躍した重機と同型で、国や東電は使用可能か検討している。

 同社によると、ポンプ車はドイツのプツマイスター社製で、全長約15メートルのトレーラー型。車載アームを使い、高さ約50メートルまで放水、機体から約100メートルの距離で遠隔操作できる。生コンクリートの圧送では毎時約150立方メートルを放出できるという。

 国内には、建設会社と同社関連企業が計3台を所有。17日夜に「日本のために協力したい」と申し出た。国の関係者は「放射線の強い建屋から離れて操作でき、高所にも届く」と期待。東電も同社と連絡をとり、現場で使用できるか検討している。
 [ 2011年3月17日 23:21 ]

(追記:ハイパーレスキューが使っている屈折放水塔車もプツマイスター社製とのこと)

自衛隊は20日から4号機へ放水か。

|

« 今日までの買い物 東方アレンジ | トップページ | 東日本大震災 19日21時30分まで »

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51163245

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発 19日21時まで:

« 今日までの買い物 東方アレンジ | トップページ | 東日本大震災 19日21時30分まで »