« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

2011年3月 3日 (木)

Depression Rites : normal condition

基本的に、今日1日は結構寒かったと言う程度のネタ無しかな(;´Д`)
まぁいつもの事だが、自分の手に負えないコトは、分かっていてもチト悔しいので。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

今日のトコロもネタになるような事も発生せず、
相変わらず忙しいのか余裕があるのか分からない状態で、平々凡々。

午前中は寝不足の影響で若干眠気があったが、仕事に余裕があったので助かった。
しかし午後からは依頼作業等で忙しくなり、修理等で終業間際まで作業が掛かる。

修理と言うよりは、破損状況の確認と、その対処法を考えた程度にとどまった。
該当箇所の分解を行ったのだが、主要部品が破損しており、ウチにも在庫がない。
よって修理したくても「無い袖は振れぬ」で修理不能と判断した。

とは言え、破損部品は分かっているので、これを取り寄せれば修理交換が可能なので、
それらの部品入手の手続きについては依頼先で行ってもらうようにする。

基本的にウチでは修理の為の部品購入は消耗品などに限られて、
ソレも修理で使えば、そのつど依頼先に部品代を請求する事になる。

つまりはウチの部署には自費がほとんど無い。

修理用として幾つかの消耗品などは事前にウチの職場に購入保管してあるが、
厳密には見た場合は、ソレも前借りのような要素で成り立っている。
部品使ったら、依頼先へ請求、と言う大前提は変わらない。

で、
今回はそれ以上に主要となる部品の破損状態であった。
ウチで保存している廃棄直前の部品取り物品には、探しても当該部品は無かったので、
破損箇所についての指摘と必要部品につて報告を上げるまでとなった。

これは意外と悔しい気分になる(;^ω^)
もう後は部品さえあれば! と交換寸前まで状態を持ってきても、無い物は、無い(w
さぁ、修理して完成させよう! との意気込みが、途中でポッキリ折れる事になるので、
現状維持のままで依頼先に物品を引き渡さなければならないのは、残念でならない。

とりあえずは今日のトコロはその作業までとなり、今一つ気分がスッキリしない。

脳味噌では「仕方がない事もある」と理解しつつも、
不完全燃焼で終わった事は、多少なりと気持ちの切替を鈍らせるモノになる。

どうにかならなかったか、と百回問うても百回とも「無理」の答えが出るのだから、
ソレだけ自問自答するほどに未練がましくてイケナイ(;´∀`)

どんな事でアレ、
力及ばずと言うのは、いつまでも記憶に残りそうな気がする。

…兎も角、コレはコレで仕方がないと諦め、次へのバネに出来ればと思った。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51023861

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »