« 東日本大震災 29日21時半頃まで | トップページ | 福島第一原発 30日20時半頃まで »

2011年3月29日 (火)

Depression Rites : yellow condition

……今日も休む。
頭の中がグチャグチャで、現実感が無く、涙しか出ない。

2時就寝、眠れず、6時起床。
睡眠時間、1時間弱。

…こうしてブログ記事を書いている時は、対外的な明るめの人格が出て、
他人と話すような気持であり、空元気のような表面を取り繕っている状態だ。

しかし、我に返った時、1人で画面を覗いている時などは本心が出て、
陰鬱で何を見ても悲しく、感情を上手く制御できなくなる。

悲しんだり、怒ったり、苦しんだり、気持に歯止めが利かない。

そして、それが途切れると気持が失せる。
何も考えたくないし、動く気力もない。

…昨日から続く精神状態は、昨晩も変わらず、
いつまでたっても睡眠欲求が無くて、寒いから布団に潜り込むにとどまる。
無論、薬は飲みはしたが、全く効果無い。

眠ったのか、眠らなかったのか記憶こそ無いが、
頭に思い浮かぶ情景が悲しく辛いものに感じて、涙が流れる。

…思うに、被災していない自分が、まるで被災者のような気分になっている。
それほどに望郷の念が強いのか、それとも力ないことが悔しいのか、分からない。
ただ、誰かの痛みが、自分の痛みのように思えてならない。

起床した。
全く眠った気はしないが、やることはあるので起きる。
今日こそ会社に行かねば、仕事が溜まる。

…しかし、それ以上に鬱っぽさが勝り、何も手に付かない。
チィーナさんのお世話だけはすれども、そこから先に進めない。

心は凪ぎ、思考は止まる。

気が付いて音のする方向を見れば、テレビではニュースが流れている。
…それを見て無力感と共に、知らずに涙が出る。

呆然と突っ立ったまま、悲しみに支配される。

テレビ画面は移り変わる。

ようやく指が動き、テレビを消した。

行えたのはそれだけ、ただそれだけ。

寒くて蹲るまで、無感情に涙が流れる。

会社には2回連絡した。
朝方と昼前に、休むことを報告したことを。

その度に、己の不甲斐なさで死にたくなるが、
その程度で腐る自分が情け無く、更に自己嫌悪で鬱する。

夕方にチィーナさんのお世話をする。
それが切っ掛けで、少しは気持に余裕ができた。
…今日始めて口にしたお茶を啜りながら、
チィーナさんがいなければ餓死してるなぁ、と自虐的な笑みが出る。

とは言え、昨晩から食欲はなく、食べる気力もない。

体調は悪いままで思考も鈍いが、情報収集を始めるため、魔窟に籠もった。

今でも頭の中はグチャグチャでメンタルが正常とは言えない。

それでも自分には何も悪いことは起きていないのだから、落ち着かなければと思う。

昨日今日と休んでしまったことは不覚としか言いようが無く、
もっと強い気持でなければならなかったハズだ。

明日はきっと良い日になる。

鬱っぽさは相変わらずだが、空元気も元気のうちとも言うし。
どうにか気持を切り換えて心身共に平常に戻りたい。

…精神的な「谷」が終わり、あとは登りへ。

|

« 東日本大震災 29日21時半頃まで | トップページ | 福島第一原発 30日20時半頃まで »

日常」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/51250434

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« 東日本大震災 29日21時半頃まで | トップページ | 福島第一原発 30日20時半頃まで »