« Depression Rites : yellow condition | トップページ | 今日のチィーナさん »

2011年2月15日 (火)

Depression Rites : normal condition

午前中はバタバタと、午後からはジックリと。
…昨日の不調は残らずに、問題無し。

1時就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間。

朝方は多少眠たくてズルズルと起きあがったが、
一足先に起きていたチィーナさんの様子を見て、直ぐに食事を作らねば! と奮起する。
それが切っ掛けとなり朝方の行動に勢いが付いた。
おかげで先週からの失敗の件や、昨日の休んだ分の仕事量など考えずに済む。

…ともかく、会社へ行かねば、と気は満ちていた。

通勤途中の歩道ではタイル表面に薄い氷が張り、踏ん張りがきかずにツルツル滑る。
昨日の雪が中途半端に溶けて凍りついた為であり駅に行くまで数度転びそうになる。
…ここで転んだら今日一日もコケそうな気がしたので、必死で踏みとどまった(;^ω^)

仕事の方は昨日休んだ分もあり、通常午前中の倍以上になる。

コレは午後までズレ込みそうだと覚悟を決めたが、
思いの外に条件の良い物品ばかりが揃っていたので手数は少なくて済み、
半日以上は必要なところを、運良く少ない時間で仕上げる事ができた。

だからとは言え手を抜いたりした訳ではなく、作業の質は落としていないつもりだ。
1つ1つ念入りに点検し、清掃、必要ならば修正も行った。
ソレであってもメインの作業には手間が掛からず、本当に運が良かったのだろう。
…おかげで、昨日分+αの仕事は11時頃までに何とか目処がつく。

それから、先週の問題を起こした物品について腰を入れて取りかかった。

…とは言え保管部品から交換後の作業はマニュアル通りであり、
職場には専用工具も揃っていたので、トントン拍子に作業が進む。

作動部のシリンダーやピストン等を分解したら予想通りにO-リングは劣化していた。
補用品棚の引き出しから該当するOーリングを数点見つけ出し、交換する。

ヘッドを貫通する横穴にシリンダーが入り、更にその中にピストンが入る。
シリンダー自体も浮動するので、ヘッドとシリンダー間にもO-リングは必要だった。

見た目ではソレほど問題ないように見えたので、そのまま再組立を行い、
ヘッド部とボディー部を組み付けて完動状態に戻す。
油圧源により作動するので系統内の空気抜きを行ってから、本来の作動を行わせた。

が、
動き自体は問題なかったのだが、ヘッド前方部分からのオイル漏れがある。
隙間の残留オイルかもと思ったけれど数度動かしてみても止まる事はなかったので、
先のO-リングの見立てでミスしたモノと判断する。
…同じ材質ならば作動時間と共に同様に劣化するのは当然ではある(;^ω^)

再び分解を行い、今度は間違いなく作動部に関わる全てのO-リングを交換した。
…まぁ、二度手間にはなったがコレはコレで経験として忘れる事はないだろう(w

と、
実のところ、この作業は昼食を挟んで行った。
余裕が無くて焦っていた訳ではなく、作業の勢いを昼休みの中断で止めたくなかった。
ゆえに休憩していた方々には悪いとは感じたが、思う存分手を動かす事ができた。
おかげで同型の物品についての作業は自信がついた。

午後始めに午前中に終わらせた物品を依頼元へ流す。

その分、午後からの依頼作業は少なめとなったので、
ある程度作業に目処を付けてから先週に破損したボディーの修復を試みた。

この破損した部品は保管物品となり、一応は使用不能扱いとなるのだが、
何もせずにそのままにしておくのは勿体ないと思い、
破断したボルト穴部品を本体に取り付けられないかモノは試しでやる事にした。
…ダメで元々、成功すればめっけモノ、である(;^ω^)

使ったのは金属用の超強度2液性接着剤。
…名前は…J-Bウェルドのオートウェルドだったハズ。
説明書には300kg/cm2の荷重にも耐えられるとあった。
…ただし完全効果まで24時間を要す。

で、
コレを使って何とかナランかなぁと、チマチマ作業を行っていた。
なにせ硬化時間が長いから綺麗にできあがるか心配だし、硬化後は修正不能だろう。
テキトウに瞬間接着剤で着けるのとは違う難しさがある。

…ちなみに舜着はあくまで舜着であり、接着後は衝撃に弱い。
ひっついったと思っても、ハンマーでこづけばパカリと取れてしまう。
まぁ、無論接着する材質によりけりなのだが、時と場合によりけりである。

…結局は他作業も含めて終業まで行う。
ちなみに終業時間になっても硬化していないのでコレは明日のお楽しみとなった。

ともかくとして、ミスを起こしてしまった事は問題であり、
この件については各方面に出向いて謝罪して回った。

それとともに
何とか今日中に部品変更と修理を行った正常作動品を収める事ができ、少しホッとする。

その上で、壊れたモノまで直せないかと試みた。

問題が発生するのは不本意であり、依頼先に対して失礼とは思うが、
意外と自分としてはトラブルシュートが楽しく思ってしまえた。
特に、壊した後のモノをどうするか悩み、アイディアを出し、対策を取るのも、
「考える」て「手を動かす」という面白さがあると感じる。

今回は自分自身のミスだから深く反省しなければならないのだが、
コレはコレで、良い経験になったと思った。

|

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | 今日のチィーナさん »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/50882269

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : yellow condition | トップページ | 今日のチィーナさん »