« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年1月 5日 (水)

Depression Rites : normal condition

仕事始めは概ね順調で、昨年の宿題が少し残った程度か。
ごく普通に普段の態勢に戻った事に安堵するが、多少物足りない感じも(w

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

昨晩はチョット試したいことがあったために眠るのが遅くなる。
小型キャリーゲージにハンモックを設置して、
そちらでチィーナさんに使って貰うようにしたかったのだが、
思いの外ハンモックが大きく取付の仕方で試行錯誤する。

そもそも、設置したところでチィーナさんがもぐってくれなければ意味が無く、
ケージに入ってもらってから、自力でハンモックに入れるか試したかった。

しかしながら、始めに取り付けた一番無難とも思える状態では認識してくれず、
チィーナさんの頭がハンモックの下になり続けて、上を見てくれない。
…そもそもケージ中央に塞がるような形でハンモックを取り付けたので、
下側を覆うようになり、その下のチィーナさんには蓋をされた状態になる。

少しだけ横方向に隙間があるから、ソコから顔を出してくれればと思ったが、
チィーナさん的には頭を押さえつけられた状態は気分が悪いらしくて、
上が塞がった狭さで床に這いつくばるようになるので、ケージを嫌がってしまい、
終始ケージから出たがって四隅の金網をガリガリとを引っ掻くコトに(;´Д`)

…コレでは、ハンモックに入る以前の問題で、
どうにかして潜り込む事が出来るという事を認識できるような取付にするしかない。

トンネル上のハンモックは細長くて真っ直ぐに伸ばすとケージの長さとほぼ同じ。
よって、前後からの潜り込みはほぼ不可能という事になるので、横しかない。

ハンモックの中央には潜り込む為の穴が開けてあるので、
ソコにさえ頭を突っ込めるようになれば何とかなるのだが、
如何せん、チィーナさんの脚力などの関係もあり、よじ登るというのは難しい。

ハンモックを高めに調整すればチィーナさんの目線から外れるので、
ただの障害物と認識されてしまう。
だからと言って低めにし過ぎるとハンモックが床に設置してしまうので、
ケージ内で粗相をする時に邪魔であり、場合によっては身体もハンモックも汚す。

…眠る時に確かめておこうと思った事だったが、
コレが自分1人の判断で決められることではないと気がついた時には、既にもう遅く、
チィーナさんの行動等をしっかり観察して、好き嫌いの感情を読み取らねばならない。
1度設置したらチィーナさんにケージに入ってもらい、どうするか動きを待つ。
時にはハンモックへ誘導してやるのだが、数度では上手くいかずに頭を悩ます。

…結局のトコロ、1時間半掛かりチィーナさんも疲れ果てた為か、
もう面倒だといった風情で、ハンモックへ誘導後、潜り込んで中で寝てしまった。
とりあえずは半分程度ケージを開けるようにハンモックを設置して、
ギリギリ一杯にケージ上端の金網ハンモックの紐を結びつけると言う風にして、
ハンモックトンネルの口が縦長になるようにしつつ、床を擦らない程度に固定した。

…この微妙さ加減が難しく、チィーナさんが乗り降りできる程度の高さで、
床に降りて粗相をした時にはハンモックが邪魔にならない位置を探すまで大変だった。

さすがに、ここまで来て自分も疲れたしチィーナさんも疲れたので、
この程度でカンベンしてくれや、と言った感じで諦めることにした。

が、
チィーナさんは実験の為にキャリーケージから出ることはなく、
いつもとは違った環境にて一晩過ごして貰うことになる。

…ようやく自分は布団に入って眠りにつこうとしたが、
いつもなら足下にいるはずのチィーナさんがいないので布団の中が少々冷たい。
何時もと違う状況で布団の寒さが身に染みて、寂しく思ったのは自分だったとか(w

通常起床する。

とりあえず布団の中にチィーナさんがいないことを今更ながらに確認してから、
昨晩実験の為に組み立てたキャリーケージの中を見る。

1つ。
チィーナさんはハンモックで眠っている。
2つ。
ケージの隅に粗相がある。

よって、実証実験成功!

昨晩寝た状態からチィーナさんは粗相の為にハンモックから降りて排泄した。
その際ハンモックとは逆の隅にしていたので、邪魔にならずに済んだようだ。
そして、その後からチィーナさんは暗闇の中、自分からハンモックに潜り込んで寝た!
以上、小型キャリーゲージでも十分実用に耐えると確信を得ることが出来た。

あとは、もう少し使っていただき、なれて貰うしかない。
…この分で行けば今後の計画が上手くいきそうな気がし始めた。

実のところ、週末に遠出の予定を立ててみた。
キャリーケージはもう一つ大型の物があるのだが、車移動にしか使えない程度であり、
頑張れば電車には乗ることは出来るかもしれないが、大きいので座れない程のモノ。

コレをなんとか上手い方法がないモノかとSBSコーポレーションで物色していたのだが、
おそらくはウサギかモルモット用のキャリーケージだと思う程度のモノを見つけ出し、
ソレがカバーを付けて持ち運べると言うことから、今回ソレを試みることにした。

まぁ、なんでもやってみれば、何とかなるモンだなぁと、一安心。

あとは少し遅れた正月続きの計画を上手く実行できるかどうかにある。
…色々と困難な問題が山積しているのだが、今後の為にも成功させたい。

1つは、自分の行動範囲を拡げるチャンスの為。
もう1つは、チィーナさんにも違う世界を経験して貰いたい為。
…もしかすると“次”が無いかもしれないので、元気なウチに見せてあげたい…

年末年始の冬休みはグダグダだったけど、今週末の連休は気張って頑張りたい。

追記)
使用したのは、
キャリーケージ : ライトキャリー(http://www.sbspet.com/chin/item/carry2.html
ハンモック : ハンギングチューブ(http://www.sbspet.com/ferret/item/day3.html
ケージ長さ472mm、チンチラ用。ハンモック長さ500mm、フェレット用マーシャル製。
…元々無理がある選択だったのだから、
ある意味、奇跡の同時購入だったのかもシレン(;´Д`)

ちなみにこんな状態です。

30simg_1364

ホント、チィーナさんの体格が普通のフェレットよりも小さくて何とかなったワ(´Д⊂ヽ

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

フェレット」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/50503378

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »