« 新年あけても、動かない(滝涙 | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年1月 2日 (日)

Depression Rites : yellow condition

………寝正月、二日目………
と、言いますか、昨晩は調子にのりすぎて、夜半から二日酔いで七転八倒(;´Д`)

0時半就寝、2時半覚醒、眠れず。
睡眠時間、2時間。

昨晩は勢いがあったのか、
正月だからとハメを外してしまったのか、
お酒のリミッターが外れてしまい、ガップガップと呑んでしまう(;´Д`)

とにかくはチィーナさんの投薬の関係で0時半までは起きていたが、
そのまま力尽きてしまい、いつもより早い就寝となった。

が、
深夜2時半過ぎに猛烈な頭痛で飛び起きる。

ソレでもって一気に嘔吐感が増し、なりふり構わず暗闇の中をトイレへダッシュ!

そのまま便器にかぶりつき(-表記不能な状況にて自主規制-)、となった。

先ほどまでの宙を歩むような酔い心地の良さから、
急転直下で地獄で針の山を這い回るような、激痛と嘔吐感でのたうち回る。

精も根もトイレに流した状態で、力尽きながらキッチンへ。

…無駄かと思いつつも、胃腸薬と頭痛薬を口に放り込み、水で流した。

そのまま割れんばかりの痛みを訴える頭を手で抑えながら、布団に潜り込んだ。

痛みで眠れなかったが、30分程度経った時点で少し頭痛が収まってくる。
ああ、コレで何とかなるな、と思いながら安心した途端、嘔吐感で脂汗が出る。

脱兎!
トイレへ!
(-表記不能な状況にて自主規制-)!!

見れば、水と胃液と、薬の残骸が流れていった…

…コレは何を飲んでも胃が受け付けないと言うコトか?
たぶん溶けかかった頭痛薬まで排出したから、
もうこれ以上は頭痛を抑えるコトは不可能か…

再び痛み出した頭を抑えながらキッチンに戻り、
胃の荒れようを確かめるべく牛乳を飲む。
…コレで収まればヨシ、ダメならば、覚悟するしかない。

で、
案の定、15分後にトイレへ駆け込む。
口にした量以上に嘔吐した。

そのまま収まれば良かったが、
嘔吐後に胃が痙攣して、吐く物が無いのに連続でえづく。
…それが苦しくて、涙も鼻水も垂れ流し悶絶する(;´Д`)

で、
懲りずに、今度は水を飲む。
もしかしたら水分補給ぐらいは出来ないか? と思ったのだ。

…無論、これも数十分後に全部吐き出した。
中には胃腸薬の残骸がまだ残っており、そのクレオソート臭でさらに気分が悪くなる。

今度は、もどうする事もしまいと思い、キッチンを素通りして布団へ潜り込んだ。

しかしながら頭痛が治まる気配は全くなく、さらに悶え苦しむばかり。
眠る事はおろか、寝返り打つことさえままならずに、我慢しながら朝を待った。

6時半に布団から這い出る。
チィーナさんに食事と薬を与えねばならず、
二日酔いと言えどもコレだけは行わなくてはならない。

キッチンに入り、冷蔵庫からダックスープを冷凍したキューブを取り出し、
それを餌皿に入れて電子レンジで解凍を行う。
それに合わせて、通常のフード(とは言えどコレも病気用)をフードミルで粉末にする。

その1つ1つの作業が、直接頭痛源となり、それが追い打ちをかけて嘔吐感も増す。

解凍したダックスープに粉末状のフードを入れて、水を少しつぎ足す。
それを良くかき混ぜて、粉末が溶けて程良いスープ状になったら出来上がりとなる。

この間10分弱なのだが、ひたすらに苦しくてへたり込みそうになった。
レンジの作動音、電子音、ミルによる粉砕の音、振動。
…それらが突き刺すように頭と胃に響いて、我慢するだけで必死だった。

…ともかく、早くチィーナさんに食べて貰って、自分はソファーに寝転がりたい。
朝を迎えたのだから、再び布団にはいるような事はしたくない…

そう思いつつ、布団の端で寝ていたチィーナさんを起こして抱き上げ、
今できあがったスープが入った餌皿の前に降ろしてやった。

このヘンはいつもの行動なので、チィーナさんも分かっており、
スープの匂いを嗅いだら躊躇せずに舐め始めてくれた。
…当たり前の事が出来ているコトに、なんだか感動する。

昨晩の失敗で、ウンウン苦しんでいる自分とは別に、
いつものように、いつもの如く、それが当たり前であるかのようなチィーナさん。
…食事をしてくれる事も喜びだが、普通の日常を見せてくれる事が嬉しかった。

…正月だからと浮かれていた自分がとても恥ずかしく思える。
ハレであれケであれ、生活基盤は何も変わる事がないはずだ。

毎日3食、食事を摂り、夜は眠る。
それが出来ていないとは、自分はなんと愚かなのだろうと恥じ入る。

で、
結局のトコロ、昼まで何もできなかった。
頭の痛みで眠る事は出来ず、時々空腹に堪えきれずに水を飲むが、
数分後には全部吐き戻すという状態を幾度か続けた。

それでも、何とか昼食までには復帰する。
12時を過ぎる頃には頭痛も治まり、嘔吐する事もなくなった。

軽めの食事をしたら、残ったのは強い睡魔。
今まで眠れなかった分と、胃に物が入った影響か、目蓋だ重くて仕方がない。

…と言う事で、午後もソファーに埋没すると言う状況からは抜け出す事が出来ず、
結果、日中はまたも「寝正月」となってしまう。

少しも遊んでいないのが、物凄く勿体ないのだが、自業自得だ(;´Д`)

ハメを外すのは悪いとは言わない。
ただ、節度ある生活が出る程度に抑えておくべきだった。

昨晩は色んなコトで大歓喜だったのだが、ソコで気を引き締めなかったのが悪かった。

正月も2日目で、寝正月。
…しかも、自己管理の失敗で寝込む、と言う馬鹿な状態に(w

…イカンなぁ(;´Д`)
今年の出だしは、いきなり躓いて大コケした感じだ。

冬休みはあと2日、何とか「当たり前の日常」を取り戻したいと、思う。
…ただただ反省する事ばかりで、ダウナーdown

|

« 新年あけても、動かない(滝涙 | トップページ | Depression Rites : normal condition »

日常」カテゴリの記事

コメント

私も食べるのを押さえていたのに
好物ばかりだったので食べすぎと飲みすぎでやばいところでした。
でも毎朝7時半にはランニングと腕立て伏せと腹筋とバットの素振りをちょびっとずつやってますよ(たくさんやれない) 少しでも運動しましょう、日光をあびるのも身体に良いらしいです。

投稿: すえ | 2011年1月 2日 (日) 23時50分

あけましておめでとうございます。
コメントいただきありがとうございます。

>少しでも運動しましょう、

全く持って同感です。
身体を動かす事を習慣づけて、毎日身体の隅々でエネルギーを消費させれば、
常に身体の中は新鮮な栄養素が程良く流れる事になり、健康を保つと思います。

また日光は直接的な働きは少ないのですが、
脳内のリズムをリセット、リフレッシュさせる働きがあり、
神経分泌物質を適切な量に保たせる働きがあるそうです。
…季節性鬱で冬場に気が沈みがちになる人は、
日光の量が少なくなる為だとか言われています。

で、
今日の自分はどうだったかと言いますと、
モノの見事に「寝正月3日目」でした(;´Д`)

反省したばかりで、いやはや情け無い限りなのですが、
どうにも休日という事で気が抜けてしまった感じです。
…まさに炭酸抜きコーラの様なダダ甘状態で…orz

やはり、何かしらの身体を動かす習慣と、
連休前に十分な予定を立てる事が大切だと痛感しているところです。

明日は冬休み最終なのですが、何とか出歩くくらいにはしたいです。

投稿: ひろひら | 2011年1月 3日 (月) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/50474193

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

« 新年あけても、動かない(滝涙 | トップページ | Depression Rites : normal condition »