« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年1月26日 (水)

Depression Rites : normal condition

そろそろ仕事に余裕が欲しいなぁ、と思っていたところだが、
舞い込んでくる依頼はそれを許してくれずに今日のトコロも忙しくて充実していた。

1時就寝、6時起床。
睡眠時間、5時間。

昨日の状況から、今日はどの程度の作業量があるか把握していたのだが、
実際に受けた依頼内容はその程度では無いゾ、と予想を超えた事態に陥る。

書類的には通常よりもやや多めの量であったので、大して気構えていなかったが、
そのウチの1枚に書かれていた内容がとんでもなかった。

必要数、500、500、500、
有るだけ、有るだけ、有るだけ、有るだけーっ!
と、きたモンだ(;´Д`)

依頼されてきた物品は数種類があるが、
その1つ1つは指ほどか、もしくはそれ以上のサイズのでしかない。
そうであっても鉄もしくは鋼鉄製であり、大きさに比例してそれなりに重い。

一応、それらは数多く保管してあり、
その数も種類によって様々で、数百から数千を超える物まで有る。

実のところ、昨日には依頼先が職場を訪れて、
必要になる物を捜し出し、どの種類がどれ程あるか調べていった。
…ゆえに、自分はどの程度数量を出せばいいのか一応の予測をしていたのだ。

しかし今日になっての依頼では、自分の予想を遥かに超えた数が列んでおり、
特に「有るだけ」と言うのにはチト驚いてしまった。
…ちなみに「有るだけ」と書かれた物品は、せいぜい350程度ではあったのだ。

それらが千を越す量だったら、全てが500の数値で埋まっていただろう。

で、
何が困るのかというと、事前にそれら各種類についての総量は調べてあり、
実際にコンテナで保管している数は幾つ、と表示はしてあったのだ。

トコロが可能性として数え間違いとか増減の書き忘れなどで、
そこに表示された数値と、コンテナに入っている実際の数量が本当に同じで確かなのか、
実のところを言えば少々疑わしかったのだ。

…ちなみに、それを前回数えたのは、私σ(゚∀゚ )
ゆえに、だからこそ、本当に大丈夫だったのだろうかと、不安に思うハメになる(w

ここで「いや間違いない! 管理は行き届き、この目でしっかり確認した!」
と言えるならば、そのコンテナの中身を、エイヤ! で袋詰めして、
「内容物数量:368EA」と、コンテナ表示のまま書類に書き込めたのだ。

しかし、私である。
この私の行ったコトである。
…そう「もしかしたら…?」が有り得るかもしれない(w

そして、そう言った一抹の不安がある限り、
表示通りに右から左へ、とはいかない性分なのだ(;´Д`)

…と言った訳で、
コンテナにギッシリ入った物品と、用意した袋を前にして、暫し悩み、
結局は確実性を上げる為に、1つ1つ数える事になった(w

全体的に見れば二度手間で有るのだが、
「不確か」という言葉が存在する以上は行わなければならないだろう。

で、
頑張った。
「有るだけ」要求されていた物は小型で比較的軽かったおかげで、
数えるコト自体はそれほど苦にはならなかった。

しかしながら、僅かに「1」程度の差違があったりするワケで、
表示は完璧では無かった事を証明する事になる。

…大目に見れば、その程度の差違は誤差範囲として許容できるかもしれないが、
どうしても書面に残る数値には正確性を求めたいと思った。

ただ、ここにも一抹の不安があり、
本当の本当に、その時の数え方に問題が絶対に無かった! と言えないワケで、
数が数だけに人間の疲労等も考えれば疑心暗鬼に陥ってしまうのであり…(;´Д`)
…そうなると機械でも使わない限りは、堂々巡りになるのだが…
まぁ、とりあえずは、最新の情報を「真」として扱う事にした(w

で、
ここまで、数えた数は1500前後。

次からは、500ずつの3連チャンとなり、
コチラ物品の方が大きくて重い。
…ゆえに、数えるのが更にシンドクなるコトに(大汗

そうして数えて、各種類毎にまとめ上げて、
段ボール箱に袋詰めしたまま梱包した。

全部で3000オーバー。
私1人手作業でチマチマ行った結果、いつ終わったのか?

…午前中、12時までにコンプリート!
始めたのが9時半過ぎだったから、2時間半でやり遂げた!
頑張ったよオレ! 自画自賛しちゃうね!

でも、
午後からそれらを動かそうとしたら、重くて、
500入った段ボール箱を膝下まで持ち上げるのが精一杯だったワケでして…
…つまりは、輸送という事を考えずに、箱詰めしちゃった、と…orz

幸い、手押し車があったので何とか事なきを得たのでありましたが、
ホント、数えるコトだけに集中しまくって、後のコトなど考えてなかった、と(笑

とりあえず運搬には充分気を付けたつもりなので、
腰への負担はそれほど大きくはなかった、と思っておきたい(w

何にせよ、目の前の事だけを必死になりすぎて、
計画性がおざなりになってしまったのは、反省すべき点だと実感した。

原因の1つに「午前中に終わらす!」と言うギリギリな目標を立てた事で、
全体的には幾ばくかの余裕を持たせた仕事方法を用いるべきだったのだ。

コレは何であれ言える事で「2つの歯車にはガタが無いと回らない」のである。
隙間無く埋めたモノには、その前後に余裕無いので、摩擦により滑らない、動けない。
計画にも考える余裕や、突発的な出来事に対する対処余地が無いと、必ず失敗する。

今回は急ぐべきトコロと、そうでないモノを選別し、
焦ることなく作業を進める方法を考えるべきだったと思う。

1月も後数日となった。
終わりよければ全て良し、とは言わないが、
月末に慌てる事がないように気を引き締めて、ホドホドに頑張りたい(w

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/50695586

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »