« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2011年1月19日 (水)

Depression Rites : normal condition

一ヶ月に一度程度は予定された仕事として忙しい状態が訪れるのだが、
今日は例外的に忙しい時から間を置かずに繁忙期が重なり、チト余裕が無く(;´Д`)

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

今朝方もイマイチ眠気が取れきれず、通勤電車でうたた寝をする。
いつものことながら少しばかり睡眠時間は短い状態なのだが、
ソレとは別の要因があるようで、今週はスッパリと目が覚めなくて困る。

自覚はしていないのだが、
おそらく1日の疲労が一晩の睡眠で取れきっていないのかもしれない。

一定の時刻に起床して普段通りの行動を取っているのだが、
その際には心身から来る疲労感は殆ど感じていない。

…思うに、睡眠前や食事後に飲む向精神薬の効果が朝方にしっかり発揮されて、
気力の落ち込みに起因する疲労感など共に、本来の疲労までにも効いてしまい、
薬効によって半ば強制的に発奮してしまう状態だと思う。

よって自覚症状が無くとも実は疲れが残ったままである為に、
脳内で変なこじれが生じて、薬効の切れ間に眠気がぶり返すのだと想像する。
…朝一番に起きることは出来るが、朝食後に飲んだ薬が効くまでの空白時間が、
ちょうど通勤時間帯に当たるのだろう。

ある程度強制的に身体を動かしていれば何とかなるのだが、
電車待ちや、最寄り駅までの移動時間は立ったままでも寝落ちすることがある。

…まぁ、薬によって気力の底上げを行う、一種の弊害かもしれない。
たぶん脳の一部が誤魔化されて軽い躁状態になるが、睡眠欲求だけが残る、と…

ソレはともかくとして、昨日とは違った状況で仕事が忙しくなった。

これは予定されていたことでもあり、そのための覚悟と準備はしていたのだが、
1つの作業にかかる時間が予想できないだけに、1日分の仕事量を計りきれない。

同じ物品でも、15分で終了する場合もあれば、2時間かかってもダメな時もある。
1つにかかる作業量を物品の外観だけで判断することは不可能であり、
「綺麗なモノは良い」「古い物や使用頻度が高いモノは悪い」などは当てはまらずに、
それこそトライアルアンドエラーなので、行ってみないとその先は分からない。

そしてエラー後の調整方法は多種多様であり、
どれが一番適しているのかも、試してみないことには判別不可能なのだ。

ゆえに「マニュアルに無い、経験」がモノを言う作業となるため、
作業内容の切替をどの時点で変更するかはその人の腕と勘に掛かってくるワケであり…

それで、自分は? と言うと、方法は知っているが、
その方法の切替のタイミングで試行錯誤しているという状態であり、
一定の時間内に作業を収めると言う点が、まだまだヘタッピであったりする(;´Д`)

もっと経験を積んで1日の作業量が一定になるのが理想なのだが、
この辺のバラツキ加減が自分らしいと言うか、何とも面目もない次第であったり(w

とりあえずのトコロ、
その日に依頼された分は、その日のウチに! を目標に行っていた。
とりあえず午前中から午後にかけては上手くコトが流れていたのだけれども、
午後も半ば付近になってから気難しい物品が現れてしまい、調整困難に陥る。

調整作業を始めた頃は試行錯誤に余裕があったのだが、
ただただ時間ばかりが過ぎていく状況に陥ると、気持ち的にも焦りが出始めて、
当初、手の動きが単位時間当たり“3”だったとするならば、
1時間以上も続けていると、終わらない焦りから“1”程度までに急ぐようになり、
暖房以外の熱で汗をかき始めてジャンパーを脱ぎ捨てるようになる。

…始めに持ち込まれた物品の量が多ければ、開始当初から作業分量を考えて、
数日に別けて仕事を行うように決めておき、作業に余裕を持たせようと思うのだが、
今日に限っては上手い具合に、今日中に! を挑戦できる量だったのだ(;^ω^)

だから思い通りにコトが進まなくなると、焦るわ急ぐわで、てんてこ舞い(w

まぁ、それでも終業4分前までには終わらすことが出来たので汗を拭うことが出来た。

が、
それから作業の後始末や工具等の片付け、整理整頓までで手一杯となってしまい、
今日こそナントカしようと思っていた職場の掃除が明日への宿題になるハメに。

…昨日の宿題? 大人だったら察してくれ…orz

この数日の例外的な忙しさがなかったら、
もう少し余裕を持って作業できたはずだと思いたいが、
先にも書いたように、モノを見ないことには作業量も決まらないので、
もしかすると今日中に終わったことだけでも、運が良かったのかもしれない。

いずれにせよ、焦ると良い仕事が出来ないのは当たり前であるので、
例え時間がかかっても、仕事の質を落とすことの無い様に、
明日は今一度気を引き締めて頑張りたいと思う。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/50631930

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

» ハウスクリーニング 埼玉 [ハウスクリーニング 埼玉]
ハウスクリーニング 埼玉 [続きを読む]

受信: 2011年1月19日 (水) 23時11分

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »