« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2010年12月15日 (水)

Depression Rites : normal condition

12月半ば、残すところ今年もあと半月。
ようやく寒くなりつつ、色々と次に向けて変化しつつある…

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

朝方は多少曇っていたせいもあり、かなり肌寒かった。
天気予報では東海地方の最高気温が1桁になると報じている。
月曜日とはうって変わり、急激に気候が変化したような感じだった。

とりあえず出勤時には厚着をするようにして、、
今冬初めてのマフラーを巻き、いつもの時刻にウチを出た。

とは言え、コチラの平野部では氷が張るような事もなく、
寒いと言っても着込めば大して苦にもならない。

ただ、昨日今日との気温差が大きいので体感的には大分冷える。
…昨日の服装で出かけられた方は、かなり寒い思いをしたに違いない。

仕事中は工場の暖房設定値よりも気温が低かったので、
ようやくではあるが、本格的に温水暖房が入った。
…いわゆる、昔からあるボイラーで熱湯をパイプで送り、
各場所に設置してある放熱器(オイルヒーターみたいなヤツ)で周囲を暖める。
場所によってはファンで放射された熱を温風として吹き出すのだが、
自職場にあるモノは放熱器が設置しているだけの古いタイプのモノ。

熱は空気により上方へ向けて循環されるので、
横にいても近寄らないと直接的な熱は伝わらない。
…ゆえに天井の低い部屋などでは暖まりやすいのだが、
天井が高くて広い場所ではその恩恵にあやかりにくい。

まぁ、ウチのトコロは暖かかったとだけ言っておこうか(;^ω^)

それらの寒さと関係なく、
新年を前にして状況が緩やかに変わっていく事もあった。

基本的にネタとするような事でもないのだが、
それでも自分を含めた周囲への影響は大きい事は確かだ。
とは言え「いつか来る事」でもあったのだから、
必要以上に騒ぎ立てる事でもないだろうと判断して、詳細は省く。

ただ、例えるならば、
収穫期を過ぎた木の枝に、まだ1つだけ青い実が付いていると言うところか。
果たしてこれがどうなるのかは誰にも分からない。
農夫は、あとはなるがままに任せようと、手を引いた。
実は急いで熟さねばならないが、果たしてこのまま冬となり腐るのか、
木から与えられる栄養分が1個だけに集中して紅くなるのか、
あとは神のみぞ知ると言うトコロだろう。

…いずれにしろ状況は変わるのだ。

残すところあと半月あまり。
年末年始に向けて忙しさは増していくところだと思う。

終わる為の精算と始まる為の準備。

万事が万事、滞りなく変化していき、
それが無事に進歩となる事を願わずにはいられない。

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/50310799

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »