« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

2010年11月14日 (日)

Depression Rites : normal condition

昨晩は勢いに任せてPCオーディオ環境を再構築!…と言っても大したこと無いが(w
ソレに伴いメインもサブもDACアンプに切り替えたら、MIDI音源が繋げないことに…

徹夜。
睡眠時間、0時間。

昨晩は何だかんだと言いつつも、環境設定で気になったため眠気が訪れず、
そのままの不眠の勢いに乗ってPCオーディオ環境を変更することになる。

まずは機器を取り外すも、そのままにしておけないので片づけることになるが、
変なところで頭のスイッチが入ってしまい、倉庫部屋の最適化まで行う。
…つまりは大きな箱に小さな箱を詰めて、空間容積を増やすのだ。

コレがまた、ただ単に空箱に小さな箱を入れればいいという単純ではなく、
確実に今後長期間は箱を使わないという確実性のあるモノを選び出し、
大きな箱は実際に開けてみて、緩衝材、発砲スチロールや備品の有無を見たり、
さらには、既に先客で埋まっていたりするモノもあるので、簡単には見つからない。

小さな箱には、内容物を詰めるかどうするかで少し悩み、
不要と思ったモノは売却等を考えて綺麗に包み直した。

ソレで、ようやくマッチする箱を見付けて、入れ籠にしてから再び元位置に戻し、
その状態から更にテトリスの様な隙間埋めを行って倉庫部屋の空間を確保した。

…何も魔窟のPCオーディオセッティングでココまでやる必要はないのだが、
なにせ、深夜に変なテンションになり、勢いだけの手作業となってしまった。
おかげで時間もタップリ使うし、体力も使うので、脳味噌はクラクラになる(w

そんな状態で、ようやく本命のDACアンプやスピーカのケーブル繋ぎを始めた。

これまたやっていることは単純なのだが、
狭い空間に手を入れてケーブルの先をアッチコッチと引き回すので、結構メンドイ。
それでいてPCもDACアンプも電子機器なモンで、接触不良やショートがこわいので、
どうしたって慎重に作業を行わざるを得ない。
…その他、棚のフィギュアとか落ちてこないかと、焦ったりもした。

で、
どうにか後片付けも含めて、数時間かけて設置を終了する。

30simg_1138

見たくもいないだろうが、オタクのディスクトップサイドと言うことで(;´Д`)
木枠の中がメインPCで、フロントベゼルはとっ外したまま。

メインのWinXP機にRAD-520とLinfof工房製Alpair7ブラックウォールナットスピーカーを接続。
サブPCのWin7機ではWadia151に現行のQ Acoustics 2010を繋いだ。

その他にもスピーカーについては色々と案があったのだが(4312Mとか自作2wayとか)
とりあえず幾つか試したけれども、結果的にはコレに落ち着いた。
Qアコの2010がそのままなのは、大きさと音質を考えて上での安定感でそのままとなる、
…とは言えども、RAD-520からWadia151に替えたら低音の量感がグッと増した感じに。
エージングが進んだ結果なのかもしれないが、リビングよりキャラが変わったかな?
単に試聴環境の悪化によるものかもしれないが(;´Д`) 高音がチット伸びんし…

まぁ、ソレはともかくとして一応の満足感を得て設置は終了したのだが、
ここに来て最大の難点に気が付くことになった。

…MIDI音源のCS-8820からの音をどうやって再生させようか??
RAD-520もWadia151も入力はデジタルオンリーなので、アナログ音源が再生できないorz

別にWin内臓のソフトウェアMIDI音源でもMIDI音楽ファイルを鳴らすことはできるが、
音質やセットされている音の数では格段にソフトウェアでは、その劣化が激しい。

まぁ、今時mp3などのPCM音源が十分普及している時に、
今更時代錯誤な音源に齧り付いてるとは、全く言動行動と逆行してるではないか!
と、言われる方も多々あろうかと思う。
音屋サンみたいにプロフェッショナルな機器を使っている訳でもないので、
ただただ行っていることは音楽聞きの趣味の範疇程度でしかないのだが…

が、しかし、フリーのADVなどではファイルサイズが小さくて済むと言うことで、
oggやmp3を使わずにmidiによってゲームのBGMを鳴らしているモノもある。
これはゲームの雰囲気を盛り上げる為にも必要なことだし、
その音が綺麗で聴きやすいモノならば、なおさらゲームを楽しめるというモノだ。
無論ソフト音源を馬鹿にしている訳ではないが、その差は歴然としているので、
機器を持っているならばソレを用いて音楽を再生させようと思うものである。

ゆえに、ADV、ノベルゲーム好きの自分にとっては重大問題なのだ。

とは言え、無理なものは無理なので、ケーブルがどうしたと言う程度は打つ手がない。

ソレでココは諦め、
次の機会までにSC-8820を鳴らす方法を考えるとして(AMP、SP接続かな)、
とりあえずはWinのMIDI音源、Microsoft GS Wavetable SW Synth以外に、
もっと高音質のソフトMIDI音源は無いかと探し始めることになった。

で、
ネットを彷徨うこと1時間近く、ようやく見つけ出したのが、
「TiMidity++」と言われるMIDI音源、プレイヤーだったりする。

ソレでどうにか配布サイト「TiMidity++」(http://timidity.sourceforge.net/index.html.ja
まで辿り着き、早速導入する運びとなった。

が、
ソレが泥沼の始まりだった(;´Д`)

使用方法紹介サイトやインストールサイトの大半はリング切れだったり、
ググッたり、バイドゥッたり(新語?)してみても、
究極的どうすればいいのか分からず、MIDI音源としてデバイス登録までできない。
それどころか音色ファイルが必要、cfgファイル設定がどうだ、
更にはデバイス登録にはまだ他のソフトが必要だとか出てきて、半狂乱の極み(w

どれもコレも試してみたものの、設定やファイル管理でグチャグチャとなり、
デバイス登録まではできたところで、音の方はサッパリ出ずで、疲労だけが溜まる。

で、
ハッと気が付いたら、朝の7時だったりするから、もうバカかとアホかとorz

急ぎ、チィーナさんの世話をして、自分のコトもどうにかしつつ、
PCの方はガッカリ感過多で、諦めて全部アンインストールするコトになった。

実のところ、日曜日の今日は「美容院Zeal」へ9時の予約を入れていた。
時間が差し迫ってきていて、ガタガタと慌てふためくが、何ともならず。

特に昨日の一騒動があってからズーッと作業しっぱなしだった為に、
徹夜明けの上にシャワーの1つも浴びる時間もなく、
おかげで時間いっぱいまで頑張っても、小汚いおっさん出来上がるハメにil||li_| ̄|○ il||li

ええ、
恥とは思いつつ、そのままの状態でいきましたよ。
うん。
店員さん、理容師さんには悪いことをしたなぁ(m´・ω・`)m ゴメン…

で、
綺麗サッパリして帰宅してから、再度挑戦することになるのだが、
この時点でTiMidity++のことは諦めて、オーソドックスにXG音源を入れることにした。
S-YGX50」、マイクロソフトのWinアップデートファイルの模様だが、NT系はインストでき、
コンパネの「ハードウェアの追加」でinfファイルを指定するとデバイス登録できる。

それで、ようやくYAMAHA XG WDM SoftSynthesizerが登録されて、
Win備え付けのMIDI音源よりも高音質のソフトウェア音源にありつけることができた。

まぁ、音質もソレなりに満足して、終了する。



が、
ソレでも、高音質をフリーで! とあると気になってしょうがない。

昨晩は寝不足もあり、情報を精査しなかった自分が悪いと思い、
再度TiMidity++にチャレンジしたのだったー

ソレが、ものの十数分で一番楽な方法を見付けてしまう。
TiMidity++ ~~~~~twsynth プロジェクトより愛をこめて~~~~~
↑で、一発だった。

何だったんだ、あの徹夜騒ぎはorz
どうしようもなく焦っていたんだろうな、とつくづく思う。

今度は落ち着いて、導入しようと試みた。

結論。
今、自分ができる設定では「YAMAHA XG WDM SoftSynthesize」の勝ち。

…ホンネを言うとね、
「S-YGX50」のことは「TiMidity++」よりも先に知っていたのさ。
それでいて、もっと上はないかと期待感膨らまして、「TiMidity++」を見付けたのよ。

ゆえにね、
この勝敗が分かった時に、今までの苦労は何だったのかー、とガックリ来て。
il||li_| ̄|○ il||li
まさにPCを前にして「失意体前屈」(;´Д`)

とりあえず、何かしなければならなかった日曜日だったのだが、
結局は何も得ることなく終わった日曜日で、ただただ不覚としか言いようがない。

言葉、「逃した魚は大きい」
「鰯で精進落ち」ともいえるかな。
「捕らぬ狸の皮算用」で、「画餅に帰す」だわ(w

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »

オーディオ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/50031118

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : yellow condition »