« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

2010年9月 1日 (水)

Depression Rites : normal condition

9月になっても暑いままで、何も変わらないような気がするが、
自分の周辺環境では幾つかの変化があった。しかし、まだその変化を実感できない。

2時就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間。

今日から9月となり、少しは秋らしくなって欲しいと思いつつも、
日中の気温は相変わらず暑くて、吹く風も熱風のままだ。

夕方近くなると幾分気温の変化があるようで、肌で感じずとも、
帰り際に発生する入道雲を見ると、そこで寒暖の急激な変化があるのだと分かる。

8月中は、どちらかというと夜になっても気温はあまり下がらず、
夕方でも暑いままだったので、夕立のような局所的低気圧は発生しにくかった。

これが、次第に秋が近づき朝夕に寒暖の変化が出始める頃になると、
こうして目に見えるカタチとなって大気の変化が分かるようになる。

ゆえに、夏の夕立よりも、
晩夏の夕立と言った方がコチラの地方ではシックリ来る。
これらの時期が過ぎ去り、台風までもが通り過ぎていってからが、
ようやく秋の気配を視覚や気温で実感するコトができるのだ。

…とは言え、今年の場合は暑すぎて、まだまだソレは先のようだ。
ニュースでも「異常気象だったと言える」等の発言を聞いた。
ここ一週間はまだ真夏とも言えるのかもしれない。

それはさておき、身近な部分ではいくつか変化があった。
基本的な状況は何も変わりはしないのだが、ソレでも自分の担当範囲が広くなった。
これを素直に喜んで良いのか、負荷の増大に緊張すべきなのか、まだ分からない。

とりあえずは仮の状態として様子を見ることになるのだろうが、
今までとは違う試みを行うことで、何かしらの問題が出てくると思う。
…むしろソレは早いうちに現れてくれれば、早めの対処が出来るのだが、
後になってシステムが確立されてから問題が出ると、変更の余地も少なくなるので、
出来るコトならば、早いうちに問題の芽を見付けて対処したいと考えている。

とは言え、昨日の今日で、8月から9月に変わった程度の変化でしかなく、
どこにどれだけの負荷と問題点が出るのか、まだ見当が付かない。

先にも書いたが基本的なことは変わっていないはずなので、
それ程に大きな負荷が起こるとまでは考えていないが、
いまだ不慣れで突発的なコトには弱いため、初日に出た弱点はその程度だった。

まだ8月期のような感覚が残っている為に、今一つ積極性に欠けるが、
自分でフォローすべき範囲は増えたので全体的には忙しくなっていたはずだ。

とりあえず今日のところは大過なく終日まで作業をこなすことが出来た。
…まぁ、大きなトラブル自体が無かった為、何時もと差違をあまり感じてはおらず、
いざとなった場合は、どこまで対処できるかが不安の種として残る。

7~8月は少しノラリクラリとしてきたせいもあり、少し緊張感に欠いたか(汗
何か飛び込みであった時に慌てるようなコトがないように対処せねばならない。
そうでなくとも交渉術では後れをとるので、これも今後の問題の1つになるだろう。

…ソレ以外にも問題点が幾つも有ると思うのだが、今日のところは何もせずにすんだ。
いずれにしろ早めに現体制を上手く軌道に乗せるしかあるまい。

朝夕の気温はだいぶ涼しくなった。
日中を考えると天と地との開きがある。
これが次第に秋めいてゆくにしたがって、空気も涼しくなるのだろう。

出来ることならば、自分自身の状況や、
職場の体勢も、問題なく変わっていくことを望みたい。

…どちらが先に安定した状態になるのか、
今日のような状況ではまだ分かることは出来ないけれどもネ(;^ω^)

|

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/49317792

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : normal condition:

« Depression Rites : normal condition | トップページ | Depression Rites : normal condition »