« 今日の買い物 同人系 | トップページ | 今日のチィーナさん 闘病中 »

2010年9月21日 (火)

Depression Rites : yellow condition

色々ありすぎて、何からまとめ上げればいいのか解らない。
そして精神的な部分で今後どうすればいいか、さてはて。

1時半就寝、6時起床。
睡眠時間、4時間半。

一つハッキリした事があった。
私は、元々必要のないヒトだったらしい。
そう言われてしまったのだから仕方がない。
この純然たる事実の前に、精神的な拠り所はないと告げられた気がした。

取り敢えず、今後の方針と仕事の割り振りだけは決めて頂いた。
もしかしたら自分の首を絞めたのかもしれない、とも思うが大丈夫だろう。
メンヘルでありながら、すこし責任の量が多くなるようにしてしまった。

今更ながらこの大きさに悩んでしまう。
もう決めてしまった事だから後は邁進するしかないのだろうが、
業務的な支援があったとしても、メンタルヘルスに全く理解が無いと言われたら、
果たして自分はメンヘル的な支援をどこに求めればいいのだろう、と悩む。

壁。

仕事の分担や、業務権限の拡大などのやれる事が多くなって、
それらに対する意欲は高まった。

しかし根本的なモノの考え方に、大きな隔たりが有るのも解った。

自分は準備が必要だと思っていた。
しかしながら、そんなモノは無い、というコトらしい。

ここの職場において作業と人の流れは教育で知るものでなく、
何も解らなくとも、システムとしての流れに乗らなければならず、
ゆえに分担も区分もなく、場の流れで事態を把握し、状況に入るべきである。
よって教育や準備でどうするモノではなく、見極めは慣れによって憶えるモノだ。

しかしながら気分障害者である自分が入るという事は、
既にそれなりの体勢がある為に、受け入れる準備が出来ているのだ、と思っていた。
…だが前述の通りにシステムには、その様なコトをする場は作ってなかったのだ。

一工員であった場合は作業根拠となる指示書があり、それによって仕事を流す。
ココではそれはないから、自分が作業根拠であり指示書となれと言う事だ。
自分はただ与えられるであろう仕事に対し只の工員で有れ、とばかり思っていたが、
実質はそんな甘っちょろいモノなど無く、無手から考えるのが、ココのやり方らしい。

ゆえに他の方の考え方は、
メンヘルだろうが、何だろうが、流れを掴めないなら要らない、と言う事だ。

…そうして、何故? 鬱病持ちの人間をそこへ放り込んだのか?
それは双方共に持つ疑問であり、最終的にどうしたいのか解らずじまいである。

だが解らなくても、所属したからには、どうにかしなければならないのも事実で、
結局は自分の気分障害の事など職場では面倒みきれないから、堪えろと言う事だ。

鬱の波で朝が一番辛いのだが、そんなモノは顔に出さずに笑っていろと、言う。

…まぁ、こんなモンだね現実は(´Д⊂ヽ

ゆえに頼るところはないまま、
そのまま仕事量と責任をドン!と増やしてしまった。
仕事に没頭していた方が、無駄な事を考えずに気が楽になりそうだ、と判断したのは、
(もう遅いが)少し甘かったかもしれない。

とにかく、集中力を切らさずに、判断力を研ぎ澄ますしかないだろう。

いずれにしろ、これから多くの事を憶えなければならない。
願わくば、少しでもミス無く、順調に物事が流れていく事を願いたい。

|

« 今日の買い物 同人系 | トップページ | 今日のチィーナさん 闘病中 »

工場」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536470/49522812

この記事へのトラックバック一覧です: Depression Rites : yellow condition:

» 鬱病のブログサイト [鬱病のブログサイト]
鬱病について [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 21時33分

« 今日の買い物 同人系 | トップページ | 今日のチィーナさん 闘病中 »